おすすめのノンフライヤー17選!ヘルシーな揚げ物ができる人気商品をご紹介!

おすすめのノンフライヤー17選!ヘルシーな揚げ物ができる人気商品をご紹介!

油を使わないで揚げ物が出来るノンフライヤー。しかし様々なメーカーから販売されていてどう違うのかよくわからないなんて人も。そんな人にノンフライヤーおすすめ17選をご紹介します。ノンフライヤーの機能やおすすめ調理方法、人気メーカーまで。是非参考にして下さい。

記事の目次

  1. 1.口コミ人気が高いおすすめのノンフライヤーを紹介!
  2. 2.ノンフライヤーのおすすめな選び方
  3. 3.おすすめのノンフライヤー【容量が大きい】
  4. 4.おすすめのノンフライヤー【料理の幅が広い】
  5. 5.おすすめのノンフライヤー【手入れのしやすさ】
  6. 6.おすすめのノンフライヤー【コスパ重視】
  7. 7.おすすめのノンフライヤー一覧比較表
  8. 8.ノンフライヤーは機能性で選ぶのがおすすめ

口コミ人気が高いおすすめのノンフライヤーを紹介!

Photo bytakedahrs

とても美味しい揚げ物。揚げ物があると食卓が豪華になり料理のレパートリーも増えます。しかし揚げ物は太るイメージがあり、出来れば避けたいなんて人も。揚げた後の片付けも面倒と感じる人も多いでしょう。

そんな人におすすめなのが、ノンフライヤーです。ノンフライヤーは、油を使わずに揚げ物が出来る超優秀アイテムなのです。ノンフライヤーならカロリーも気にせず、あと片付けもとっても楽になるのです。

しかし、いまやノンフライヤーは様々なメーカーから販売されており、どのメーカーのどの商品を購入すればいいのかわからないなんて人も多いでしょう。そんな人おすすめノンフライヤー17選をご紹介します。ノンフライヤーの購入を考えている人は是非参考にして下さい。

ノンフライヤーのおすすめな選び方

Photo by iyoupapa

唐揚げ、天ぷら、ポテトフライなど揚げ物はとても美味しいものです。そんな揚げ物をよりヘルシーに食べれるなら、そんな嬉しい事はありません。

そんな気持ちに答えてくれるのがノンフライヤーです。しかし、ノンフライヤーといってもメーカーによって機能、容量、作れる料理の幅、手入れの仕方などがまったく違います。

ここではまずは、どのようなノンフライヤーを選べばいいのか、ノンフライヤーのおすすめの選び方をご紹介します。

容量で選ぶ

Photo byTaken

ノンフライヤーは、容量も様々です。一人暮らしなら1L程度の容量で十分でしょう。家族4人なら、3.5Lの大容量がおすすめです。その他、2段式になっているタイプのノンフライヤーもあるので家族が多い家はそのようなタイプのノンフライヤーもおすすめです。

容量が大きくなればもちろん置く場所も取るので、無理に容量の大きいノンフライヤーを購入する必要はありません。

作りたい料理で選ぶ

Photo by nekotank

ノンフライヤーは、油なしで揚げ物が出来る優れものですが、揚げ物しか作れない訳ではありません。ノンフライヤーの種類によっては、ベイク、ロースト、グリルなどの調理も可能です。ノンフライヤー1つあるだけで、料理の幅がかなり広がるので料理が好きな人にとてもおすすめです。

揚げ物以外も作れるものが多い

フリー写真素材ぱくたそ

上記でもご紹介しましたが、ノンフライヤーは揚げ物だけでなく、ベイク、ロースト、グリルなどの調理も可能です。更に、ステーキ、焼き芋、スイーツまでも調理可能なノンフライヤーも販売されています。

調理機能はそのノンフライヤーによって様々なので、揚げ物以外でどのような料理を作りたいかでノンフライヤーを選ぶもの良いでしょう。

温度調節機能を重視する

フリー写真素材ぱくたそ

ノンフライヤーの温度調節機能は、メーカーによって様々です。強や弱といった大まかな温度調整のみのものや、ダイヤル式で細かく温度調節できるものまで。

揚げ物だけでなく、様々な料理をノンフライヤーで楽しみたいのならダイヤル式などの細かく温度調節できるノンフライヤーがおすすめです。

油の手入れのしやすさで選ぶ

Photo bykaboompics

ノンフライヤーは基本的に油を使わずに料理をする事が出来ます。ですので手入れは大変ではありません。しかし使用するノンフライヤーによっては、丸洗いができないものや、洗う時に細かく部品を外さないといけないノンフライヤーもあります。

手入れが大変だと、ノンフライヤーを使用するのが億劫になってしまいます。それではノンフライヤーを購入する意味がなくなってしまいます。できる限り手入れの楽なノンフライヤーを選ぶ事をおすすめします。

コスパで選ぶ

Photo byPublicDomainPictures

ノンフライヤーに限らず、購入するならコスパの良いものを選びたいものです。価格はメーカーによって様々ですが、高機能で人気の高いノンフライヤーは価格も高くなってしまいます。

しかしメーカーによっては、高機能なのに安いノンフライヤーも販売しているので、そのようなノンフライヤーもおすすめです。

好きなメーカーのものを選ぶ

フリー写真素材ぱくたそ

すでに好きなメーカーがあるのなら、そのメーカーで購入するのも良いでしょう。好きなメーカーで購入したアイテムは、大切にするものです。長く愛用したいなら好きなメーカーのノンフライヤーを選ぶものおすすめです。

おすすめのノンフライヤー【容量が大きい】

Photo bywirdefalks

「ノンフライヤーのおすすめな選び方」はいかがでしたでしょうか。どの点を重視して購入するのかは、その人次第です。どの点を重視すれば長く愛用出来るのかしっかり考えてから購入する事をおすすめします。

続いては、大容量のおすすめノンフライヤーをご紹介します。家族が多い家は、大容量のノンフライヤーでないと家族分の料理を作るのが大変です。そんな家族の多い家におすすめなノンフライヤー5選をご紹介します。

次へ

関連するまとめ

人気の記事