クロスバイク用のカゴ11選!おしゃれで人気の種類などおすすめを厳選!

クロスバイク用のカゴ11選!おしゃれで人気の種類などおすすめを厳選!

普段の街乗りだけではなく通勤や通学にも活用しやすいクロスバイクは、スタイリッシュなデザインが魅力ではありますが、カゴが付属されておらず使いにくく感じたことはありませんか?そんなクロスバイク用のおすすめなカゴをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.おしゃれなクロスバイク用のカゴを紹介!
  2. 2.そもそもクロスバイクとは
  3. 3.クロスバイク用のカゴの種類
  4. 4.クロスバイク用のカゴの選び方
  5. 5.おすすめのクロスバイク用のカゴ6選【フロントキャリアタイプ】
  6. 6.おすすめのクロスバイク用のカゴ5選【アタッチメントタイプ】
  7. 7.クロスバイク用カゴ一覧比較表
  8. 8.おしゃれなクロスバイク用のカゴを使ってみよう!

おしゃれなクロスバイク用のカゴを紹介!

Photo byThomas_Gerlach

クロスバイクとは1つ1つの線が細くスタイリッシュなデザインが魅力的な自転車の1つですが、荷物を持ち歩きたいときなどにはカゴが付属されていないため、不便さを感じたことはありませんか?

そんなクロスバイクには、専用のカゴを自分でカスタマイズすることで、自分好みのクロスバイクにアレンジできるだけではなく、しっかり荷物も収納できるためどんなシーンにも使いやすくなるでしょう。

そこで、今回はクロスバイクに取り付けられるおすすめのカゴの種類を、豊富な種類でご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

そもそもクロスバイクとは

Photo by Dakiny

まずはじめに、ロードバイクの特徴を知ってからキャリアタイプやパニエの使い勝手を考えていきましょう。ロードバイクとは、1つ1つの線は細く見えますが、一般的な自転車よりもタイヤが太いものを使用しているため、でこぼこ道や段差も走ることができます。

またタイヤの太さは足場の不安定性に対応するだけの能力だけではなく、走行性能に優れていますので長時間の運転時にもおすすめとなっています。

クロスバイクは一般的な自転車と比べると高価な商品ですが、ロードバイクよりも低価格で購入できるところも魅力とされており、クロスバイクの相場は5万円から10万円程度となっています。

クロスバイクにもカゴは必要?

クロスバイクを活用していく中で、山道などを走る際にはカゴが付属されていない方が小回りが利くため取り付けなくても良いですが、普段乗りのときに収納スペースがなく不便に感じるようでしたら取り付けてみるのはいかがですか?

クロスバイクにカゴを取り付ける場合には、フロントタイプかリアタイプかに分けることができますので、普段からどんなシーンで乗りこなすかによって決めていくと良いでしょう。

荷物がかさばりやすい買い物やハンドバッグなどを持った外出には、一般的な自転車カゴとして活用できるキャリアタイプのカゴをフロントに取り付けるのがおすすめです。

荷物が多い場合はパニエ

クロスバイクで長距離運転や、通勤や通学にリュックなどを使用している人は、リアに取り付けるタイプのパニエを活用している人が多く、パニエでは荷物が多いシーンでの使い勝手が抜群です。

パニエでは身に付けられるバッグとは別にサブ収納としての活用ができるため、大型の荷物をくくり付けながら走行することや、貴重品以外のものを乗せながらの運転時におすすめです。

パニエは普段の街乗りだけではなく、アウトドアシーンなどの小回り重視の運転時にも、クロスバイクのスタイリッシュさを残しながら荷物が収納できるため、クロスバイクを使ったアグレッシブなイベントにはパニエが良いでしょう。

クロスバイク用のカゴの種類

Photo bydanfador

どんなシーンでクロスバイクを活用していくのかによって、キャリアタイプでカゴを取り付けるか、パニエを活用していくかは変わりますが、キャリアタイプのカゴには2つの種類がありますので、キャリアタイプを活用していきたい人はこちらを参考にしてみてください。

フロントキャリアタイプ

クロスバイクを定番の街乗りの自転車のように活用していくときにおすすめなのは、フロントキャリアタイプのカゴです。こちらのカゴは、フロントキャリアというパーツを自身のクロスバイクに取り付けてからカゴを乗せて使用します。

フロントキャリアとクロスバイクはしっかり固定されますので、後付けのカゴも安定感と耐久性に優れた状態で活用していくことが可能になります。

専用アタッチメントタイプ

アタッチメントタイプのフロントカゴでは、カゴの種類に合わせた専用のアタッチメントをクロスバイクに固定してカゴを取り付けていきますので、フロントキャリアタイプよりも手軽に取り外しができるところが魅力となっています。

アタッチメントタイプではおしゃれなデザインのカゴを取り外して使用することや、リア部分にパニエを取り付けて荷物の量やシーンに合わせたカスタマイズも楽しみやすくなっています。

クロスバイク用のカゴの選び方

Photo by3888952

フロントキャリアタイプやアタッチメントタイプ、またはパニエについてご紹介させていただきましたが、クロスバイク用のカゴを選ぶときにはどのようなところを重視して選べば良いのでしょうか?ここでは参考にしやすい重視ポイントをご紹介していきますのでご覧ください。

カゴの素材・重さで選ぶ

フロント部分にカゴを取り付ける場合には、カゴが重すぎてしまうとクロスバイクのバランスが悪くなってしまうことがあります。そのため、軽く仕上げる素材の物やカゴの重量に注目し選んでいくと良いでしょう。

カゴのサイズで選ぶ

クロスバイクにカゴを取り付けるときには、カゴの大きさも重要となります。普段から荷物が多いからと大きなカゴを選んでしまいますと、ブレーキに触れて危険を伴ってしまうこともあります。

そのため、カゴの大きさはクロスバイクのサイズに合ったものを選ぶことが重要であり、荷物が多い人はパニエなどを活用していくと良いでしょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事