ロードバイクのカスタム特集!初心者におすすめの場所や費用の目安など!

ロードバイクのカスタム特集!初心者におすすめの場所や費用の目安など!

シティサイクルとは一線を画し、スタイリッシュでカッコいいロードバイク。そんなロードバイクを購入したら、自分好みにカスタムしてみましょう。今回の記事では、初心者にもおすすめのロードバイクのカスタムの目的・効果から費用の目安まで詳しくご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.初心者必見!ロードバイクのカスタムについて紹介!
  2. 2.ロードバイクとは
  3. 3.ロードバイクのカスタムの目的と効果
  4. 4.ロードバイクのおすすめカスタムと費用目安
  5. 5.初心者がロードバイクをカスタムする際の注意点
  6. 6.ロードバイクのカスタムを楽しもう!

初心者必見!ロードバイクのカスタムについて紹介!

Photo byweareaway

日本では昔から自転車が生活の中に根付いており、多くの人が活用しています。活用度の指標である自転車分担率を見てみても、東京23区で14%・大阪市では25%にも達するなど、日本の主要都市は、自転車先進都市といわれる世界の他の街と比べても、非常に高い部類に入っています。

元々自転車の活用度が高い日本で、最近また自転車ブームと言われている理由は、ロードバイクやクロスバイクを初めとするスポーツバイクの台頭にあります。

Photo by bionicteaching

ロードバイクは環境にも優しく健康的で、都市部では自動車より早く移動することが出来ます。また、見た目もカッコよく、颯爽と街中を駆け抜けていく姿は注目を浴びること間違いなしです。そんなロードバイクをより目立つように、仕上げる効果があるのが「カスタム」です。

カスタムとは、必要に応じて自分で仕様を変更することです。ロードバイクもカスタムすることで、自分好みの、人とは違う個性的な一台となります。

今回の記事では、初心者にもおすすめのロードバイクのカスタムを特集しています。どのような場所をカスタムすれば良いのか、目的と効果、費用の目安などを詳しくご説明していきます。ロードバイクのカスタムに興味のある初心者の方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ロードバイクとは

Photo bywiggijo

ロードバイクとは、舗装された道路を高速走行する為に作られた自転車です。速く走ることに特化したロードバイクは、前傾姿勢を取りやすいドロップハンドルが一番の特徴です。また、摩擦抵抗を減らすためにタイヤは細く、車体重量は極限まで軽くされています。

自転車のハンドルとサドルを繋ぐ部分を、トップチューブ長と呼びます。ロードバイクでは、ハンドルの付け根より前の部分を持つことが多い為、このトップチューブ長が短いという特徴もあります。また、レースの状況変化に対応できるよう、ホイールベースも短くなっています。

クロスバイクとの違い

Photo by torisan3500

自転車レース・長距離をツーリングするロングライド・峠などを駆け上がるヒルクライムなどの用途に使うクロスバイク。それに比べ、クロスバイクは通勤・通学、買い物や街乗りなどを目的とした場合におすすめの自転車です。

見た目の違いとして、まず挙げられるのはハンドルです。ロードバイクがラウンド状のドロップハンドルなのに対し、クロスバイクのハンドルは、一直線のフラットバーハンドルです。クロスバイクでぇあタイヤは街中を走ることも多いため、ロードバイクより太めのタイヤになっています。

Photo by CreditDebitPro

また、トップチューブ長とホイールベースも、クロスバイクの方がロードバイクより長くなります。そして、価格についても大きな違いが見られます。

速く走れることに特化したロードバイクは、性能の良いコンポーネント・フレームを搭載しているので、相場は10万円以上となり高いものは100万円を超えるモデルも珍しくありません。対してクロスバイクは、5~10万円の予算で手に入るモデルが数多く揃っています。

クロスバイクのおすすめ23選!初心者や通勤で人気のメーカーや選び方を紹介!のイメージ
クロスバイクのおすすめ23選!初心者や通勤で人気のメーカーや選び方を紹介!
クロスバイクは自転車の中でもとても汎用性が高くて人気も非常に高いものです。通勤や通学に最適と言われているおすすめのクロスバイクを正しく選ぶその方法はどのようなものなのでしょうか。おすすめのクロスバイクの正しい選び方や使い方をまとめてご紹介します。

ロードバイクのカスタムの目的と効果

フリー写真素材ぱくたそ

ロードバイクは、自分好みにあらゆるパーツを取り替え、カスタムする事が可能な趣味自転車とも言えます。しかし、ロードバイク初心者の方は、どこをどのようにカスタムしたら良いか分からない場合も多いはず。

また、自転車屋さんを訪れると、ロードバイクのためのアイテムやパーツが驚くほど数多く揃っています。そこで、こちらでは初心者の方でも、失敗しないカスタムについて解説していきます。

ロードバイクは、見た目を自分好みに変えるのも大切ですし、自分に合ったパーツに交換して、最適化していくことも重要なのです。「軽量化とグレードアップ」「個性を演出」「消耗品の交換」に注目して、カスタムの目的と効果を見ていきましょう。

軽量化とグレードアップ

Photo by Elsie esq.

まず、ロードバイクのカスタムの効果としてご説明するのは、軽量化についてです。ロードバイクの軽量化のメリットは、「楽に坂を上がれること」と「漕ぎだしの軽さ」です。また、バランスよく軽量化すれば、コントロール性も増すので、ロングライド中もエネルギーの節約が叶います。

より効率的に走るために、ロードバイクの軽量化を図り、自分の動きや体に合わせたパーツを使い、最大限の性能を発揮させましょう。

そして、ロードバイクのカスタムには、グレードアップも欠かせません。どこから変えて良いのか分からないという初心者の方には、タイヤやホイールなどの足回りのカスタムがおすすめ。少しずつグレードアップを進め、理想のロードバイクへと近づけていきましょう。

他とは違う個性を演出

Photo byGDJ

カスタムの目的・効果としては、他のロードバイクとは違う個性を演出するという事もあげられます。各メーカーが独自技術を投入したパーツは、特徴のある機能美が備わっています。

しかし、その美しさは、どうしても誰かと被る同じデザインとなってしまいます。そこで、デザインも色も違うパーツに変えてみると、他のロードバイクとは異なる個性が出て、より一層おしゃれになること間違いなしです。

安全にも繋がる消耗品の交換

Photo bygeralt

ロードバイクカスタムの目的には、重要なポイントとして消耗品の交換があります。タイヤ・チューブ・チェーン・バーテープなどの消耗品は、状態が悪くなったまま放置すると、走りも悪くなるうえ安全性も損なわれてしまいます。

タイヤはすり減ったと見た目や乗り心地で分かった時、チェーン・ワイヤーは伸びてきたと感じた時を目安に、交換するようにしましょう。

ロードバイクを常にベストコンディションに整えておくためにも、消耗品の定期的なチェックは怠らず、チューニング・交換はカスタムの基本中の基本となります。

ロードバイクのおすすめカスタムと費用目安

Photo by Japanexperterna.se

様々なパーツで構成されているロードバイクは、カスタムにおすすめの場所が数多くあります。しかし、初心者は、どの場所をカスタムしたら良いのか、また、費用の目安はどの位なのか分からない方が多いのではないでしょうか。

そんな時は、自分が「見た目をカッコよくしたいのか」「速く走りたいのか」「乗り心地を良くしたいのか」と、カスタムしたい理由を考えてみると、交換するべきパーツが浮かんでくるはずです。

こちらでは、それぞれのパーツの効果的なカスタムポイントを初心者の方にも分かり易くご説明するとともに、カスタムにかかる費用の目安もお伝えしていきます。

カスタム①タイヤ

次へ

関連するまとめ

人気の記事