肌を綺麗にする方法をチェック!素敵な肌を持つ男性・女子がしているケアは?

肌を綺麗にする方法をチェック!素敵な肌を持つ男性・女子がしているケアは?

肌を綺麗にする方法が注目を集めています。肌荒れやシミ、毛穴トラブルがあると気持ちが落ち込んでしまうものです。反対に美肌だと気持ちも明るくなるといえるでしょう。そこで素敵な肌を持つ男性・女子が実践している肌を綺麗にする方法を紹介します。

記事の目次

  1. 1.肌荒れの原因
  2. 2.男性・女性が肌を綺麗にする方法【毛穴トラブルを解決】
  3. 3.男性・女性が肌を綺麗にする方法【紫外線ケア】
  4. 4.男性・女性が肌を綺麗にする方法【美肌を作る】
  5. 5.男性・女性が肌を綺麗にする方法【美肌を保つ】
  6. 6.男性・女性が肌を綺麗にするためにNGな習慣・手入れ
  7. 7.肌をきれいにする方法は規則正しい生活と正しい洗顔がカギ!

肌荒れの原因

Photo byRobinHiggins

男性・女子とも肌が綺麗だと年齢以上に若く見えますし、清潔感もとてもアップします。反対に肌荒れなどのトラブルがあると、不潔なイメージを与えたり表情も暗く見えがちです。そのため、女子だけでなく男性の間でも肌ケアをしている人も少なくありません。

しかし、間違った肌ケアを続けると返って肌のトラブルを引き起こしてしまうことがあります。とりわけ肌荒れの原因を正しく理解していない人は間違った肌ケアを実践しがちです。つまり、肌を綺麗にする方法を実践する前に肌荒れの原因を理解することが必要不可欠だといえるでしょう。

毛穴トラブル

Photo byUltra_Nancy

肌荒れの原因として、多くの人々が真っ先に思い浮かべるのが毛穴トラブルです。黒ずんだ毛穴は肌全体をくすんで見せますから、不健康なイメージを相手に与えることすらあります。

まさに美肌の大敵ともいえる毛穴トラブルですが、いくつかの種類に分類することができます。また、それぞれに原因が異なることから、間違ったケアをしがちです。毛穴トラブルの解消に向けて、肌を綺麗にする方法を実践するには、その種類と原因を理解することが必須だといえるでしょう。

詰まり毛穴

フリー写真素材ぱくたそ

古い角質と皮脂が混ざり合った角栓が毛穴に詰まった状態を「詰まり毛穴」と呼びます。肌がざらつき毛穴に白いブツブツ状のものが溜まっていれば、詰まり毛穴で間違いありません。そのままにしておくと、角栓が大きくなり毛穴が広がってしまいますから、早めのケアが必要です。

詰まり毛穴の原因は「皮脂の過剰分泌」「メイクや皮脂汚れの洗い残し」「加齢による古い角質の残留」だといえます。一般的には洗顔やクレンジングに問題があるケースが大半です。したがって、正しい洗顔・クレンジング方法で角栓を取り除くことで、比較的簡単にケアできるでしょう。

黒ずみ毛穴

Photo bymakamuki0

黒ずみ毛穴の正体は酸化した角栓です。前項で解説した詰まり毛穴は、角栓が毛穴に溜まった状態ですが、黒ずみ毛穴は角栓が酸化して黒ずんだ状態を指します。なお、角栓が黒ずむ原因は乾燥です。

乾燥によってカサカサとなった角栓に、皮脂汚れが付着して空気に触れると酸化します。酸化した角栓は黒ずみますから、毛穴に溜まると非常に目立ってしまうのです。なお、黒ずみ毛穴の解消方法は、詰まり毛穴の解消方法に乾燥肌対策を加えたものとなります。

開き毛穴

Photo by CanadaPenguin

開き毛穴は、毛穴が皮脂によって大きく押し広げられた状態を指します。つまり開き毛穴の原因は皮脂の過剰分泌です。皮脂の過剰分泌はオイリー肌に限らず、乾燥肌や混合肌、敏感肌など全ての肌質において引き起される可能性があります。

いずれにしても、乾燥が開き毛穴を助長することは間違いありません。とりわけ、Tゾーンは皮脂分泌が過剰となりやすいので、入念なケアが重要であることは言うまでもありません。

たるみ毛穴

Photo bysilviarita

たるみ毛穴には加齢が大きく関係してきます。症状としては、横鼻から頬にかけての毛穴がたるみで楕円形状に広がっていきます。年齢とともに、コラーゲンやエラスチンといった肌にのハリや弾力を与える成分が減少するため、誰もがたるみを経験するといえるでしょう。

さらに紫外線はコラーゲンやエラスチンの生成する線維芽細胞にダメージを加わえますから、たるみ毛穴は加速するといえるでしょう。しかし、表情筋を鍛えるなど肌を綺麗にする方法を正しく実践しれば、たるみ毛穴をケアすることは可能です。

帯状毛穴

Photo byFree-Photos

帯状毛穴とはたるみ毛穴が悪い方向に進化したものだといえます。症状としてはたるんだ毛穴同士がつながり、皺のようになっている状態です。帯状毛穴にまで悪化する原因は、たるみ毛穴をケアせず乾燥させてしまうことです。

乾燥がひどくなると皮膚は縮んでしまいます。つまり帯状毛穴は、開いた毛穴が委縮してつながり皺になった状態だといえるでしょう。ケアすることは容易ではありませんが肌を綺麗にする方法を正しく実践すれば症状を緩和させることは可能です。

紫外線によるダメージがシミになる

Photo bygeralt

紫外線によるダメージはシミの原因になります。紫外線を浴びると皮膚の一番外側になる表皮の深層部でメラニン色素を生成します。メラニン色素自体がシミの原因だと理解している人も少なくありませんが間違いです。

メラニン色素自体は肌を紫外線から守る役目を果たしています。問題は長年にわたって紫外線を浴び続けてきたことで、肌に大きなダメージが残っていることです。

メラニンは一定周期の後に体外に排泄されますが、皮膚細胞の再生機能やメラニンを外に排泄する力が低下することによって、過剰に分泌されたメラニンが肌に残ってしまいます。この過剰なメラニンがシミの原因になっているのです。

ストレス

フリー写真素材ぱくたそ

ストレスも肌荒れの原因の一つです。昔から「ストレスで吹き出物が出てしまった」といった話はよくありますが、まんざら嘘ではありません。ストレスを感じると皮脂分泌量が1.7倍程度に膨れ上がったというデータもあるほどです。

また、ストレスは老化を促す活性酵素を増加させます。活性酵素が増加すればメラニンの過剰生成の原因となり、その結果シミを浮き上がらせることにもなりかねません。いずれにしてもストレスは美肌の阻害要因であるといえるでしょう。

過剰な皮脂が出ている

Photo byKjerstin_Michaela

皮脂は肌の潤いを維持する上で不可欠ですが、過剰分泌になると問題です。分泌された皮脂は数時間後に過酸化脂質に変化します。過酸化脂質に変化しても、少量であれば問題ありません。

ところが皮脂が過剰分泌されれば、過酸化脂質も増えることとなり「くすみ」の原因となるのです。また、くすみを隠すためにメイクを重ねると、皮脂と化粧品が混ざり合いくすみを助長させますから厄介です。

こういった状況を回避するには、紫外線やストレス対策に加え、正しい洗顔方法やクレンジングを手を抜かず地道に続けることが大切だといえるでしょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事