「虚心坦懐」ってどういう意味?由来・使い方・例文・類語をまとめて紹介

「虚心坦懐」ってどういう意味?由来・使い方・例文・類語をまとめて紹介

ビジネスシーンなどで使われる言葉に「虚心坦懐」がありますが、どのような意味なのか、由来・例文・類語・英語表現はどうなっているかなどを解説します。また、「虚心坦懐」の意味や由来だけでなく、どう使えばいいのか、実際の使い方も紹介します。

記事の目次

  1. 1.「虚心坦懐」の意味とは?
  2. 2.「虚心坦懐」の対義語・類語
  3. 3.「虚心坦懐」の使い方・例文
  4. 4.「虚心坦懐」の由来・歴史
  5. 5.「虚心坦懐」の英語表現
  6. 6.「虚心坦懐」はわだかまりのない心という意味

「虚心坦懐」の意味とは?

Photo byPDPics

「虚心坦懐」という言葉をビジネスシーンで使ったことがある人もいるでしょうが、改めてどういう意味かと聞かれると、少し難しい言葉です。普段使う機会のない言葉だけに、正確に意味をご存じない人もいるでしょうから、分かりやすく解説しましょう。

意味を理解するために分解する

Photo byMonfocus

まず「虚心坦懐」という四字熟語を分解して、意味を考えてみましょう。「虚心坦懐」を2つに分けると、「虚心」と「坦懐」になります。最初の「虚心」を訓読みすると、「心を虚しくする(むなしくする)」ということで、心が空っぽという意味です。

心が空っぽではよく分からないでしょうが、「心にわだかまりがない」「先入観がない」「私心がない」という意味です。次に「坦懐」の意味ですが、「虚心」と似ていて、「わだかまりがない」「物事にこだわらない」ということです。

分解した意味を合わせるとどうなる?

Photo bytFity

したがって、両方の意味を合わせても、「わだかまりがなく、さっぱりした心」「曇りのない素直な心」という意味になります。かなり心の状態がきれいであることを意味している言葉で、そのような気持ちの時に使います。

悪い意味では使わない

Photo by duvsbefilmoc

「虚心坦懐」の意味を見れば分かるように悪い意味では使わない言葉です。かなり前向きでポジティブな表現であり、そのような場面にふさわしい言葉です。したがって、自分から積極的に使って、雰囲気を良くしてください。

「虚心坦懐」の対義語・類語

Photo bygeralt

「虚心坦懐」という言葉は少し難しいので、対義語や類語を学んで、よりその意味を明確にしてみましょう。難しい言葉は、対義語や類語を並べてみると、意味が分かりやすくなり、イメージがつかみやすくなります。

対義語①疑心暗鬼

フリー写真素材ぱくたそ

「疑心暗鬼」とは、「疑う心を持っていると、なんでもないことまで疑いたくなる」という意味の四字熟語です。「虚心坦懐」が「疑う心を持たず、素直に対する」という意味だと理解すると、ちょうど反対の意味になるので、対義語と言えます。

ビジネスシーンでは、「疑心暗鬼」にはならず、「虚心坦懐」に人や物と対した方がうまく行くケースが多いですから、常にそのような気持ちで臨んでください。

対義語②焦心苦慮

Photo byjsks

「焦心苦慮」とは、「あれこれ思いを巡らして悩む」ということです。かなり苦しい心の状態ですが、「わだかまりのないさっぱりした心」という意味の「虚心坦懐」とは対極に位置する言葉です。したがって、対義語としても問題はないでしょう。

類語①虚心平気

Photo by duvsbefilmoc

「虚心坦懐」という言葉は聞いたことがあるけれど、「虚心平気」は知らないという人が多いでしょう。「虚心」という部分は同じですが、後ろの部分が違います。しかし、これは「虚心坦懐」の類語です。類語というよりも、同じ意味です。

「虚心平気」の「平気」とは、「心が乱されない」「心が平穏である」という意味です。つまり、全体では「さっぱりした心で、落ち着いて物や人にあたる」という意味になりますから、「虚心坦懐」の類語の中の類語というわけです。

類語②明鏡止水

Photo byBraite

「明鏡止水」と書いて、「めいきょうしすい」と読みます。その意味は、「心に邪念がなく、落ち着き払っている」ということです。「明鏡止水」の「明鏡」とは「明るい鏡」、つまり「曇りのない鏡」を意味します。

一方、「止水」は「水が止まっている」という意味ですから、「心の落ち着いた様」を表します。全体の意味を見てみると、完全に「虚心坦懐」と一致するわけではありませんが、「心がさっぱりしている」と「心が澄んでいる」という点が似ているので、類語としました。

類語③あるがまま

Photo byJillWellington

「あるがまま」という言葉は、漢字で「在るが儘」と書く場合もありますが、その意味は「今ある形のまま」「ありのまま」ということです。「ありのままの自分」という使い方が良くされますが、特に気負わずに素直に自分の姿をさらけ出す時に使われる表現です。

この「あるがまま」と「虚心坦懐」には相通じる部分があります。「虚心坦懐」は「わだかまりを持たず、さっぱりした心」という意味ですが、「あるがまま」も「素直で、さっぱりした心で臨む」というニュアンスがあるので、類語にしてもいいでしょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事