出産祝いの金額の相場はいくら?友人・親戚・職場・家族など関係別にチェック!

出産祝いの金額の相場はいくら?友人・親戚・職場・家族など関係別にチェック!

初めて出産祝いを贈る人は、どれくらいの金額が相場かご存じでしょうか?友人や家族といった関係によって、金額が変わってくるので、しっかりと把握しておくことをおすすめします。そこでこの記事では、出産祝いの金額の相場を友人や親戚、職場、家族などの関係別にご紹介します。

記事の目次

  1. 1.出産祝いの金額の相場って知ってる?
  2. 2.出産祝いの金額相場【家族・親族】
  3. 3.出産祝いの金額相場【職場】
  4. 4.出産祝いの金額相場【友人・知人】
  5. 5.年代別(贈る側)の出産祝いの金額相場
  6. 6.出産祝いを贈る際のマナー
  7. 7.金額相場を参考にして出産祝いを贈ろう!

出産祝いの金額の相場って知ってる?

Photo byPublicDomainPictures

日本には、何かめでたいことがあるとお祝い金やプレゼントを贈る習慣がありますが、出産祝いの金額の相場をご存じでしょうか?ひとえに出産祝いの金額の相場と言っても、友人や親戚、職場、家族などの関係別によって、金額が変わってくるのです。

そこでこの記事では、出産祝いの金額の相場を友人や親戚、職場、家族などの関係別にご紹介します。知り合いの方に、出産祝いを贈ろうと考えているのであれば、しっかりと関係性を鑑みて出産祝いを贈りましょう。

出産祝いの金額相場【家族・親族】

Photo byQuinceCreative

この項目からは、出産祝いの金額の相場の中でも、関係性の深い家族や親族の出産祝いの金額をご紹介します。こういった相場を知っておくことによって、相手の好みをきちんと知らなくても、主産祝いにふさわしいプレゼントを贈ることができます。

もちろん家庭のルールや、実家と婚家、同居によって、少しずつ変わってくるものの、おおよその相場は決まっていると言ってもいいかもしれません。家族や親族の出産祝いの金額の相場が気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

家族の場合

Photo bysathyatripodi

息子や娘といった家族に子供が生まれた場合は、おおよそ30000円から10000円といった、出産祝いの金額が相場となっています。もちろん家庭の関係性や、ルールなどにもよるのですが、50000円を贈る人が多いかもしれません。

こういった出産祝いは、オーソドックスなお祝い金だけでなく、ベビーカーやベビーベッド、チャイルドシートといったアイテムを贈る人が多いのです。大切な家族のためにも、しっかりとした出産祝いを贈りましょう。

兄弟の場合

Photo byVictoria_Borodinova

一般的に兄弟に子供が生まれた時に贈るような出産祝いの金額の相場は、10000円から50000円程度となっています。シンプルに兄弟と考えるだけでなく、しっかりと自分の立場や年代ごとによって、細かい出産祝いの相場は変わってくるのです。

学生の方で、年上の兄や姉に子供が生まれた場合は、おおよそ5000円から10000円が相場と言えるかもしれません。お金に余裕の出てくる社会人の場合は、しっかりと気持ちを込めて、上記の相場を参考にしてみてください。

甥・姪の場合

Photo bysathyatripodi

次に取り上げていきたい甥や姪の場合は、5000円から10000円程度といった出産祝いが一般的な相場です。こういったいとこや甥、姪など親戚に出産祝いを贈るときは、年代や立場に関係なく、こういった金額の出産祝いを贈る必要があります。

基本的にお祝いとしての意味合いの出産祝いですが、親よりも金額が多くなることや、自分だけ贈るようなことにならないようにしましょう。出産祝いの金額の相場だけでなく、しっかりとマナーを考えることをおすすめします。

親戚の場合

Photo by Ikusuki

親戚とひとえに言っても、いとこや甥、姪に分かれているものの、5000円から10000円程度が相場となっています。ここまで紹介してきた出産祝いの相場は、年代や立場に左右されることが多いのですが、親戚に関しては、そこまで気にする必要はありません。

もちろん上記でも軽く触れましたが、親戚などに出産祝いを贈るときは、しっかりと家族間で相談しましょう。こういったお祝い事は、何かとトラブルが起こってしまうので、事前の相談が大切なのです。

いとこの場合

Photo bycherylholt

親戚の中でも、いとこのに贈る出産祝いの金額の相場は、5000円から10000円ほどとなっています。ほとんど付き合いのないいとこの場合は、そこまでお祝い金を贈らないかもしれませんが、贈るとしたら最低でも3000円程度の物を贈るといいかもしれません。

親戚だとしても、いとこと仲いい場合は、出産祝いに加えてプチギフトを贈ってみて下さい。ここまで家族や親族の場合の、出産祝いの金額の相場を取り上げてきましたが、しっかりと立場や年代を気にすることをおすすめします。

出産祝いの金額相場【職場】

Photo byQuinceCreative

ここまで家族や親族に贈るような出産祝いの金額の相場を取り上げてきましたが、もしかしたら職場の方に贈りたい人もいるかもしれません。仲良くしている上司や同僚に贈りたい時も、しっかりと金額の相場が決まっているのです。

簡潔に言えば、上司や先輩の場合や、同僚や部下の場合、連名で渡す場合を取り上げていきます。基本的に職場に関しては、周囲と合わせることが大切なので、しっかりと周りの方と相談しておきましょう。

上司や先輩の場合

フリー写真素材ぱくたそ

職場の中でも、上司や先輩に贈る出産祝いの金額の相場は、5000円から10000円程度となっています。もちろん上司や先輩との関係性や、お世話になった程度によって、出産祝いの金額の相場は変わってくるのです。

出産祝いの関係性によっては、事前に出産しているのかや、健康であるか確認しましょう。やはり自分だけ出産祝いの金額が多すぎたり少なすぎたりすると、違和感が出てしまうので、しっかりと周りの型と相談することをおすすめします。

同僚や部下の場合

フリー写真素材ぱくたそ

同僚や部下の場合は、一個人で贈る場合や、連名で渡す場合に分かれるかもしれません。基本的に自分から同僚や部下に出産祝いを贈るときは、おおよそ3000円から5000円程度を目安としてみてください。

もちろん関係性によって出産祝いの相場は変わってくるのですが、上司から部下に贈るときは、5000円にしておくといいかもしれません。同僚の場合は、程よい3000円にすることによって、相場に乗っ取った出産祝いを贈ることができます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事