カレー用スパイスの種類まとめ!おすすめの使い方・効能・辛み・香りなど!

カレー用スパイスの種類まとめ!おすすめの使い方・効能・辛み・香りなど!

美味しいカレーを作る為のスパイスには、さまざまな種類があります。今回はカレー用スパイスの種類をご紹介します。カレーにおすすめの香りや辛みを楽しめる人気の香辛料、カレーに欠かせないおすすめスパイスの効能をチェックしましょう。

記事の目次

  1. 1.4~6種類のスパイスでオリジナルカレーが作れる
  2. 2.カレー用スパイスの種類と特徴・効能【香りづけに人気】
  3. 3.カレー用スパイスの種類と特徴・効能【辛みづけに人気】
  4. 4.カレー用スパイスの種類と特徴・効能【色付けに人気】
  5. 5.カレー用スパイスを使うコツ
  6. 6.スパイスから作るおすすめカレーレシピ
  7. 7.スパイス・香辛料から作るカレーはオリジナリティ満載で美味しい

4~6種類のスパイスでオリジナルカレーが作れる

Photo by やましこ

自宅で簡単に作ることが出来るカレーは、子供から大人まで大人気の料理です。カレーといえば、市販のカレールゥを使用して簡単に短時間で作ることが出来ますが、今人気なのが本格的なさまざまなスパイスの種類を使用して作るスパイスカレーです。

さまざまなスパイスの種類を使用して作る美味しいスパイスカレーは、美味しいだけでなく体にも良いのが嬉しいポイントです。

辛みや香りを楽しむ事が出来る人気のスパイスは、4から6種類ほどあれば美味しいスパイスカレーを作ることが出来ます。気になるスパイスの効能も含めて、カレーにおすすめのスパイスの種類を紹介します。

カレー粉との違い

Photo byAlice_Alphabet

スパイスとは辛みや香りをつけるのに効果がある香辛料のことをいいます。スパイスを使用してカレーを作る場合は、いろいろな効能のスパイスを組み合わせてカレーを作ります。スパイスとは異なり、カレー粉とはあらかじめさまざまな種類のスパイスを組み合わせたものになります。

数種類のスパイスがブレンドされているので、自分でスパイスをブレンドせずにあっという間に美味しいカレーを作ることが出来ます。カレー粉は商品にもよりますが、少なくても6種類ほど多いもので30種類ほどのスパイスを使用しています。

カレーにかかせない香りづけ、辛みづけ、色づけのスパイスが使われています。スパイスをブレンドする手間を省きたいなら、カレー粉の使用がおすすめです。

ガラムマサラとの違い

Photo by kimishowota

ガラムマサラはインドで1番使用されている人気の香辛料です。ガラムマサラは1種類の香辛料というイメージが強いですが、実はガラムマサラもカレー粉と同じように数種類のスパイスをブレンドしたスパイスの一種になります。

数種類のスパイスをブレンドしたミックススパイスであるガラムマサラは、ひとふりするだけでスパイシーな辛みをプラスしてくれる便利なスパイスです。

ガラムマサラとカレー粉の違いは、ガラムマサラには色付けのターメリック、辛みづけのレッドチリを加えていないことになります。カレーに辛さを加えるというよりは、香りをプラスする為の香辛料になっています。

ガラムマサラは加熱することによって香りがとびやすいので、カレーを作る際は最後にプラスするのがおすすめです。

カレー用スパイスの種類と特徴・効能【香りづけに人気】

Photo bymonicore

カレーにかかすことが出来ないのが、カレーならではの良い香りです。カレーの香りは食欲をそそる香りで、遠くからでもカレーの香りが分かるほどです。そんなカレーにかかすことが出来ない香りづけには、人気のスパイスの種類を使用します。

カレーにかかせない香りづけのスパイスの種類と効能をご紹介します。食欲を刺激する香りのスパイスには、ガーリック、クミン、シナモンなどいろいろな種類があります。それぞれ香りや効能が違うので、いろいろな香りのスパイスを組み合わせて使用するのもおすすめです。

ガーリック

Photo by2204574

カレーの香りづけにかかせない「ガーリック」は、生のにんにくを使用するのもおすすめですが、スパイスのガーリックパウダーを使用するのもおすすめです。

ガーリックパウダーには種類があり、細かなパウダータイプのものと、粗くきざんだ食感を楽しめるものがあります。また、ガーリックパウダーにはガーリックのみを使用したシンプルなタイプと複数のスパイスや調味料をブレンドしたミックスタイプがあります。

また最近ではオーガニックや無農薬にんにくを使用したガーリックパウダーが女性に人気があります。ガーリックには、香りづけだけでなく疲労回復や滋養強壮といった嬉しい効能もたくさんあります。

クミン

Photo byAjale

カレーの良い香りの中心になっている香辛料が「クミン」です。カレーの香りに1番重要と言われている香辛料のクミンは、古い歴史があるスパイスになります。カレーはもちろん、インド、メキシコ、アフリカなどのエスニック料理にかかせません。

クミンには、血中のコレステロールを改善してくれる効能や抗酸化の効能などがあり、ダイエットにも効果があるとされています。使用する前に炒めることで、よりクミンの強い香りを楽しむことが出来るのでおすすめです。

シナモン

Photo byweinstock

シナモンはほのかな甘い香りを楽しむことが出来る、独特な香りがする香辛料です。カレーの香辛料としてだけなく、シナモンはスイーツなどたくさんの料理に使用することが出来ます。

シナモンと砂糖を混ぜたシナモンパウダーは、紅茶などに使用させることも多いです。カレーに使用する時は、香りを引き立てる程度に使用するのがおすすめです。

シナモンには、血液循環を改善してくれる効能があります。全身に酵素や栄養を届けてくれる効能があるので、健康維持にもつながります。

カルダモン

Photo byPDPics

カルダモンは清涼感のある香りが特徴のスパイスで、カレーにピリッとした辛みとほろ苦さをプラスしてくれます。少量でも強い香りが出るスパイスなので、カルダモンは少量のみ使用するのがおすすめです。

サフランやバニラといった香辛料に次いで、高級なスパイスになります。カレー以外にも、ひき肉料理などに使用すると美味しいです。

カルダモンは消化を助ける効能があるスパイスで、日本でも生薬として認められています。また、口臭を予防してくれる効能もあるので口の臭いが気になる方にもおすすめです。

オールスパイス

Photo bystevepb

オールスパイスは、ナツメグ、シナモン、クローブの香りをもつことから名前が付けられたスパイスです。複数の香辛料をブレンドしたスパイスと間違えられがちですが、一種類の香辛料になります。

カレー以外にも、シチュー、スープ、マリネ、ピクルスなどに使用するのがおすすめで、肉料理にも甘い料理にも相性が良いスパイスになります。

オールスパイスは、消化を促進してくれる効能があると言われています。また、カリウム、カルシウム、ビタミンB2といった多くの栄養も含まれています。

クローブ

Photo byCouleur

「クローブ」は、バニラに似た甘さがありながらも刺激的な香りが特徴のスパイスになります。クローブは、肉の臭みをおさえてくれるという効果もあります。香りが強いスパイスなので、使い過ぎには注意が必要です。

カレーやポトフには3本ほどのクローブを使用するのがおすすめです。クローブは、体の冷えを改善してくれる効能があるので冷え性の方におすすめです。冷えによる腹痛、消化不良などに対する漢方としても使用されています。

次へ

関連するまとめ

人気の記事