パンの消費期限切れはいつまで?冷蔵庫や冷凍庫で保存した場合もチェック!

パンの消費期限切れはいつまで?冷蔵庫や冷凍庫で保存した場合もチェック!

みなさん、パンを買う際や食べるとき賞味期限を気にされますか?大きいパンなど購入すると、食べきれず余ってしまうこともあります。パンの期限はどれくらい持つのか又、消費期限切れても食べられるのか?パンの種類によっても消費期限が変わってくるのか?お伝えしていきます。

記事の目次

  1. 1.パンは消費期限切れでも食べられる?
  2. 2.消費期限と賞味期限の違い
  3. 3.パンの消費期限は長い?
  4. 4.パン・保存方法別の食べられる期限とは
  5. 5.食べきれない時はアレンジしよう!
  6. 6.パンの消費期限切れを食べると?
  7. 7.種類別パンの消費期限
  8. 8.パン・ケース別の消費期限
  9. 9.パンの消費期限は長くないので注意が必要

パンは消費期限切れでも食べられる?

Photo by1195798

パンが気づいたら消費期限切れになってしまった場合、原則として食べない方が良いです。パンにはカビが生えやすかったり、傷みやすいです。サンドイッチなどは特に傷みやすいので、消費期限切れになったら極力控えましょう食べるのは控えましょう。食中毒になってしまっては大変です。

消費期限切れは安全保障されない

Photo by1195798

消費期限は安全に食べられる期間を示しています。消費期限切れと言うことはそれだけ、消費期限切れの状態で食べるのが危険だということです。それでも食べたいという方は自己責任になりますので注意してください。安全にパンを美味しく食べたいのであれば、消費期限をしっかり確認して召し上がることをお勧めします。

悪くなったパンの見分け方

Photo by1195798

消費期限を切れてしまっては、食べるのは危険です。ですが、保存状況によっては短くなってしまうこともありますので、どのように見分ければいいのかお伝えします。

表面にポツポツとカビが生えていることや見た目や臭いがかわってしまいカビくさい、水分が抜けてカリカリに硬くなっている。お総菜パンなどの場合には酸っぱい臭いがするなどの状態があれば危険ですので破棄しましょう。

消費期限と賞味期限の違い

Photo byFree-Photos

ざっくり賞味期限や消費期限と言ってもどのような違いがあるのかわかりますか?似ているようでその基準には大きな違いがあるのです。なかなか消費期限や賞味期限を考えたことが無い方も、どんな意味があるのか学んでいただき、気を付けてパンを美味しく食べていきましょう。

①消費期限とは

Photo bynile

消費期限とは、その期限内なら安全に食べることが出来る期間のことです。消費期限切れてしまうと菌の繁殖やカビが生えてしまうこと、さらに著しく品質が低下してしまう可能性があります。消費期限切れたものは安全に保障は出来ませんので気を付けてください。しっかりパンの消費期限を確認しましょう。

ちなみには製造日を含めて概ね5日以内に品質が低下が認められる食品には消費期限期限と記載されますので覚えておきましょう。

②賞味期限とは

Photo byBru-nO

賞味期限とはその期限内に美味しく食べられる期間となります。衛生面での安全性や、味・風味などの機能が維持される期限です。あくまで美味しく食べられるなので、賞味期限が過ぎても食べることができます。ですが味など落ちる可能性があります。パンなどは保存できる期間が短いので消費期限として表示されます。

パンの消費期限は長い?

Photo byTiBine

基本的にパンは日持ちするものではありません。理由としては、生クリームやマヨネーズなど保存がなかなかできないものを使用しているためです。保存料も使われていない店頭で販売されているパンは特に期間も短く注意しなければなりません。又カビや菌が生えてしまうので消費期限切れた際は食中毒の危険性があります。

パンの消費期限は5日前後が多い

Photo byCordMediaStuttgart

パンは一体どれくらい日持ちするのかと言うと、消費期限として5日前後として設定されているのがほとんどです。やはりパンの性質状保存がきかなく、カビも出来やすいので消費期限の内に美味しくに早く食べきってしまいましょう。

保存方法もとても重用で方法によっては1日以上短くなることもありますし、消費期限を伸ばすことも可能です。どんな保存方法があるのか、調べましたのでお伝えしていきます

パン・保存方法別の食べられる期限とは

Photo bycongerdesign

パンを美味しく食べるためには消費期限内に食べることが一番ですが、どうしても食べきれない場合、破棄するか保存するかになります。保存方法にはいくつかりますので、適切な保存方法メリットやデメリットを知ることで、皆さんがパンを美味しく安全に食べれるようにしていきましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事