中華アンプのおすすめ21選!コスパの良い人気モデルやメーカーを厳選!

中華アンプのおすすめ21選!コスパの良い人気モデルやメーカーを厳選!

デジタル方式で増幅する中華アンプは、低コストで高出力が楽しめるという理想のアンプなどと言われています。中華アンプの低ノイズでクリアな音質は、デジタル方式のアンプだからこそ出せる音源と高い評価があります。そんな中華アンプのコスパの良い人気モデル21選紹介します。

記事の目次

  1. 1.口コミ人気が高いおすすめの中華アンプを紹介!
  2. 2.中華アンプの選び方
  3. 3.高性能の中華アンプのおすすめ6選
  4. 4.高性能の中華アンプのおすすめ一覧比較表
  5. 5.小型の中華アンプのおすすめ5選
  6. 6.Bluetooth対応の中華アンプのおすすめ6選
  7. 7.Bluetooth対応の中華アンプのおすすめ一覧比較表
  8. 8.低コストな中華アンプのおすすめ4選
  9. 9.高性能で種類豊富な中華アンプを楽しもう

口コミ人気が高いおすすめの中華アンプを紹介!

Photo byTBIT

安くて品質も良くて上質な音が聴ける。そんな中華アンプのとりこになってしまった。などと言う口コミが多くあります。確かに、デジタル方式の中華アンプの種類・メーカーなどの人気は広まる一方です。

オーディオファンのみならず、初めてアンプを購入しようとしている人でも、中華アンプから出る音質の良さに魅了されます。そこで口コミで人気が高いおすすめの中華アンプを紹介します。

中華アンプの選び方

コスパが良くて、デジタルで上質な音が楽しめると人気の中華アンプです。そもそも中華アンプとは、中国で作られたデジタル方式のアンプのことを言います。そして、その種類・メーカーは多くあります。

本格的にオーディオを楽しみたいという人には、物足りなさを感じる様で敬遠されがちな中華アンプでしたが、中華アンプから出る上質な音源に魅了される様になり、今では多くの人が楽しむようになっています。

そんな中華アンプは、コスパが良くて品質が良くて音が良いという評判が高まり、中華アンプを購入する人が多くなっています。そんなコスパの良い中華アンプの選び方のポイントを紹介します。

ICチップの性能で選ぶ

Photo bySilberfuchs

中華アンプは、デジタル方式を採用したアンプという事は前でも触れましたが、そのデジタルアンプの要ともいうパーツがICチップです。そんなICチップの性能で選ぶ方法があります。

ICチップだけで音を出すと言ものではないのですが、デジタル方式ではICチップで性能が左右されるという事が多くあります。そんな中で、オーディオ用として使われているICチップがあります。

中華アンプの音質が、このICチップの性能で異なることもあります。音の硬軟や広がりなど微妙な音の変化をICチップが支えているという程です。中華アンプは、このICチップの性能で選ぶ方法があります。

サイズ感で選ぶ

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

中華アンプのおすすめの選び方で、サイズ感で選ぶという方法もあります。アンプも時代とともに進化してきています。アナログからデジタル化への発展は、これほどにコンパクトになるのかという驚きの現実があります。

アンプから出てくる重厚なサウンドに酔いしれるというシチュエーションは、部屋中いっぱいのアンプに囲まれている様でした。しかしデジタル化が進み、今ではその何十分の一のスペースで同じ体感ができます。

Photo by GEEK KAZU

中華アンプは、ただ単に中国発のアンプではなく、それは技術革新が進みコンパクトサイズのアンプの出現でした。小さなもので手のひらサイズの中華アンプモデルなどたくさんのメーカーや種類があります。

小さければ小さいなりの音質が楽しめる。そして、その上質な音源は変わらないというのです。手のひらサイズから机におけるコンパクトなサイズになるなど、中華アンプのサイズ感で選ぶ方法もあります。

最大出力で選ぶ

Photo byRedhead_Pueppi

中華アンプのおすすめの選び方に、最大出力で選ぶという方法があります。スピーカーから出させる音の迫力を体感するには、アンプの出力や種類・メーカーが関係します。

アンプの出力が高ければ、スピーカー音に迫力が増すという様に、アンプはスピーカーの音を出すためのパーツとも言えます。そんなこともあり、中華アンプを選ぶ時にはスピーカとの関係性も視野に入れます。

Photo byElionas

大型スピーカーとの関係性を保つには、最大出力100ワットを基準に考えると良いでしょう。又、卓上で聴く小型スピーカーとの関係性を保つには、最大出力50ワットくらいのモデルがおすすめです。

この様に、中華アンプがコンパクトになり扱いやすくなったとしても、その能力を持て余してしまう様では宝の持ち腐れにもなりかねません。中華アンプを選ぶ方法は、最大出力を知ることも大切です。

Bluetooth対応モデルな種類を選ぶ

Photo bykleincrossi

中華アンプのおすすめの選び方にBluetooth対応モデルの種類を選ぶという方法もあります。そもそも、アンプとスピーカの接続は、有線接続が一般的です。これをBluetooth接続で無線化しようとするものです。

Bluetoothとは、デジタル機器用の近距離無線通信規格のひとつで、近い距離にある情報機器間を電波を使って、簡易な情報のやり取りをする時に使う接続方法です。

フリー写真素材ぱくたそ

Bluetoothは、当然にアンプとスピーカーとの接続関係にも、重要な役割を果たします。中華アンプの接続方法もBluetoothを採用した、コスパの良いモデルの種類やメーカーが多くあります。

Bluetoothの様な無線接続は、有線とは異なり設置や移動も簡単にできるという事もあります。室内など近い距離で使う中華アンプの選び方で、Bluetooth対応モデルの種類のアンプを選ぶおすすめの方法があります。

人気メーカーから選ぶ

Photo by t.shigesa

中華アンプのおすすめの選び方で、人気メーカーから選ぶという方法があります。出入りの激しい中華アンプの業界の中でも、安定したアンプの種類と人気メーカーがあります。

中華アンプの主要パーツのICチップにも言えるのですが、性能の不安定な機器も中にはあります。中華アンプには、今では少なくなってきてはいますが、その様な不安要素が見え隠れしてるモデルもあります。

そこで、おすすめなのは中華アンプを人気メーカーモデルから選ぶという方法です。例えば、中華アンプの草分け的メーカーとして人気のLepyとかがあります。この様に人気メーカから選ぶ方法もあります。

コスパの良さで選ぶ

フリー写真素材ぱくたそ

中華アンプのおすすめの選び方で、コスパの良さで選ぶという方法があります。中華アンプの特徴に、値段が安くて高音質が楽しめるという種類やメーカーがあります。

その様に中華アンプは、千円台で購入できるものや高くても1万円前後というのが一般的の様です。専らスマホとの接続や部屋の中で、音源を楽しもうという人にはおすすめのコスパの良いアンプです。

中華アンプの選び方は、普通に使うことを考えれるとコスパの良い機種を選ぶ方法がおすすめです。安かろう悪かろうでは困りますが、中華アンプで普通に音源を楽しむにはコスパの良さで選ぶ方法がおすすめです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事