「云々」の意味と読み方は?ビジネスでの使い方や注意点も分かりやすく紹介!

「云々」の意味と読み方は?ビジネスでの使い方や注意点も分かりやすく紹介!

云々はビジネスシーンでよく使われますが、物事を省略する言葉なので意味を正しく理解していないとトラブルや失礼の元になります。云々の多様で意味のない内容の話をしてしまわないように、云々の意味や使い方、注意点について紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.云々の意味とは?
  2. 2.云々の由来
  3. 3.云々の特徴
  4. 4.云々の類義語
  5. 5.云々の使い方
  6. 6.云々の注意点
  7. 7.云々は、重要ではない部分を省略したりぼかしたりするという意味

云々の意味とは?

フリー写真素材ぱくたそ

云々は、ビジネスシーンやプライベートシーンを問わず日常的に使われている用語です。非常に多くの場面で使う事の出来る言葉なので、話の中で一度は耳にしたことがある人も多いでしょう。

しかし、冷静に考えると云々とはどんな意味なのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。使われる頻度が高い言葉だからこそ、正しい意味を理解して相手の意図を間違えないよう注意しなければいけません。

そこで今回は、云々という言葉の意味や注意点、読み方や使い方について解説していきます。普段から使っているが云々についての意味や使い方への理解がいまいち足りない、と思う人は間違った使い方をしないためにもぜひ目を通してください。

云々の由来

フリー写真素材ぱくたそ

云々の云という文字は元々、雲が立ち上る様子をかたどった文字でした。それがのちに、話をする時は雲のようにどんどん言葉がや出来事が立ち上る様子から話をするという意味を含んでいくようになりました。

その結果、物事を議論したり細かいことをたくさん言う場合など言葉や物事がどんどん生まれてくる場面では、云々という言葉を使うようになっていくようになったのです。よって云々には、後に続くであろう多くの言葉や物事を一言でまとめるという意味合いがあります。

云々の特徴

フリー写真素材ぱくたそ

続いて、云々と言う言葉が示す意味や特徴を見ていきましょう。使い勝手がよく多方面で耳にする言葉なので、どんな場面で聞いても相手の話の意図が理解できるようにしっかり覚えておくことが大切です。

因みに云々は正確には云云と書きますが、同じ読み方をする時は々を使うため云々と言う表記になっています。また、読み方もうんうんではなく、同じ単語が続く際には読み方の母音を変化させるという日本語のルールによってうんぬんという読み方をします。

あれこれ議論するという意味

フリー写真素材ぱくたそ

1つ目の云々の意味は、1つの物事に対してあれこれ議論を交わすという意味です。ああでもないこうでもないと色々な議論をしていく過程を端的に伝えるために云々という言葉を用いる事が多いです。

ビジネスシーンにおいて議論は日常茶飯事なため、自然と云々が使われる場面も多くなります。中身のある建設的な議論と言うよりは、どちらかと言うと議論の内容自体を主題にしない場合に使われることが多いです。

具体的な内容を省略するという意味

フリー写真素材ぱくたそ

2つ目の云々の意味として、説明を省略する際にも云々と言う言葉を用います。全て説明すると話が長くなってしまったり、少し話をぼかしたい場合などは、少しだけ具体例を挙げてから語尾に云々を付けることで内容を省略して伝える事ができます。

話の際にはメインとなるテーマ以外を長々説明してしまうと話の方向性が分からなくなってしまったり余計な疑問が生まれたりしてしまいます。これを云々と言う言葉で省略して伝えます。

ビジネスシーンでは大切な説明の際はあまり使われず、主に話のメインではない部分を省略するために使うのが主な使い方となります。メインの話以外を省略することで、話が脱線しずらく要点がまとまった話をすることが可能になります。

云々の類義語

フリー写真素材ぱくたそ

云々の類義語は、具体的なものを省略するという意味や、似たような他の物もある事を伝えるような意味合いを持つ言葉が該当します。全体的に具体性の無い言葉が多いので、中にはビジネスシーンに適さない言葉も多くあります。

例えば省略の意味合いでは、色々やあれこれ、斯く斯くしかじかなどが類義語に当たります。しかしこれらの読み方は云々を差し置いてまでビジネスシーンで利用することはあまりないでしょう。

類似するものがあるという意味合いで使われる類義語には、他多数や等、その他などが該当します。こちらの読み方は場合によってはビジネスシーンで使う事もあるので覚えておきましょう。

かくかくしかじかの意味とは?語源・使い方・類語もまとめて紹介!のイメージ
かくかくしかじかの意味とは?語源・使い方・類語もまとめて紹介!
長い文章を短くまとめる時に使う「かくかくしかじか」という表現。どんな意味や語源があるのか、ご存知ですか?今回は、「かくかくしかじか」とはどのような意味を持ち、どんな使い方をするのかを大調査!意味の語源や漢字表記、そして類語もまとめます。

云々の使い方

フリー写真素材ぱくたそ

続いて、云々の具体的な使い方について解説してきます。元々省略の意味で使われる言葉という事もあり、使い方を間違えると全く意味が通じなくなったりする可能性もあるので十分注意してください。

自分が使った云々が何を省略したりぼかしたりしているのかをはっきりさせておくことが正しい使い方をするコツです。今回紹介する例文を参考にして、使い方を覚えてそれぞれ適切な場面で使えるようになりましょう。

例文1

フリー写真素材ぱくたそ

一つ目の例文は「まだ出ていない結果に対して云々言うつもりはない」です。この場合の云々は、議論や批判するという意味合いで使われています。つまり今回の例文は、結果が出るまでは議論や批判はしないという意味合いになります。

ビジネスシーンでは結果が出る前からあれこれ議論を交わすことも多いですが、結果が出なければ議論が進まない場面も多々あります。そんな時は議論を云々でまとめて話を円滑に進めるのも一つの方法と言えるでしょう。

とはいえ結果が出るまでに必要な議論も勿論あります。なんでも結果が出るまで云々で省略してしまわないよう注意してください。

例文2

フリー写真素材ぱくたそ

二つ目の例文は、「品質云々ではなく、納品が遅いことが問題なのです」です。この時の云々は、必要のない部分を省略したりぼかしたりする用途で使われています。この例文は、納期が問題であって品質は関係ないという意味合いになっています。

例文では、品質ではなく納期が問題だと主張しています。ビジネスシーンで問題点以外の部分を相手が主張してくる際には、このように主題ではない点を云々でまとめると簡潔に話ができます。

例文3

Photo byjmexclusives

次へ

関連するまとめ

人気の記事