住宅ローンアドバイザーとは?必要な資格や試験・仕事内容まで解説!

住宅ローンアドバイザーとは?必要な資格や試験・仕事内容まで解説!

住宅ローンアドバイザーという比較的新しい職業があります。名称からもわかるように住宅ローンアドバイザーは、住宅ローンの相談に乗る人ですが、この仕事を始めるのに必要な資格や試験があります。それについて解説するとともに、仕事内容にも触れてみます。

記事の目次

  1. 1.住宅ローンアドバイザーとは?
  2. 2.住宅ローンアドバイザーとして活躍するのはどんな人?
  3. 3.住宅ローンアドバイザーの仕事内容
  4. 4.住宅ローンアドバイザーの資格について
  5. 5.住宅ローンアドバイザーの資格取得方法
  6. 6.養成講座と認定試験のどちらがおすすめか?
  7. 7.住宅ローンアドバイザーは住宅ローン商品を熟知している事が大切

住宅ローンアドバイザーとは?

Photo bynattanan23

一口に住宅ローンと言っても、種類はたくさんあり、そのどれを選べばいいのかなかなか判断がつきません。各金融機関の宣伝文句を見ると、どの商品もいいように思えてくるので、迷ってしまいますが、住宅ローンアドバイザーはそのような悩みを持つ人に公正かつ客観的な立場から助言をします。

住宅ローンに特化した専門家

Photo byIsucc

住宅ローンアドバイザーは、住宅ローンに特化した専門家で、住宅ローンの知識や情報なら豊富に持っています。住宅ローンについて聞くなら、住宅ローンアドバイザーに聞くのが最良の道です。わからない点や不明点を丁寧に教えてくれます。したがって、実際に住宅ローンの利用を検討するなら、ぜひ住宅ローンアドバイザーを頼ってください。

住宅ローンアドバイザーの誕生理由

Photo by3271136

なぜ住宅ローンアドバイザーという資格が生まれたのか疑問に思っている人もいるでしょう。その経過をお伝えすると、まず以前は住宅ローンと言えば、主に住宅金融公庫のものでした。しかし、住宅金融公庫の住宅ローンにはそれほど種類がなく、申込者もあれこれ選別する必要もなかったのです。

その後、住宅金融公庫は廃止され、民間の銀行が住宅ローン市場に登場してきました。ところが、この民間の銀行の住宅ローンは種類が多く、選択が難しくなりました。そこで、自分に合った住宅ローンを探すお手伝いをするアドバイザーの必要性が高まったのです。

ファイナンシャルプランナーとの違い

Photo bystevepb

住宅ローンアドバイザーに似た資格にファイナンシャルプランナーがあります。どちらも仕事内容が近いように思えますが、ファイナンシャルプランナーの場合は、住宅ローンだけではなく、お金に関する全般の相談に乗ります。その範囲は、税金・保険・相続・金融・人生全体におけるお金の計画・退職してからの生活などに及びます。

ファイナンシャルプランナーも住宅ローンの相談ができるアドバイザーです。しかし、住宅ローンだけが専門分野ではないので、その説明が一般的なものになりがちです。細かい住宅ローンごとの商品内容の説明となると、得意ではないかもしれません。

一方、住宅ローンアドバイザーなら、住宅ローンの詳細について質問もできるし、アドバイスもしてもらえます。一つの分野だけに絞って情報収集しているので、深い知識を持っているのです。

両方の資格を持っている人もいる

Photo bynastya_gepp

住宅ローンアドバイザーにも頼りたいし、ファイナンシャルプランナーにも相談したいという場合があるかもしれません。そのような場合は、両方の資格を持っている人に相談するという手があります。それぞれ別の資格ですが、優秀な人なら、一生懸命勉強して、両方の資格を取得している場合があるのです。

住宅ローンアドバイザーとして活躍するのはどんな人?

Photo bymohamed_hassan

住宅ローンアドバイザーの資格を取得する人に制限はありません。一般人でも知識の習得は可能で、資格を有することができます。しかし、住宅と関連する仕事に就いている人やお金に関する業務に携わっている人が住宅ローンアドバイザーになるケースが多いです。具体的にどのような人が住宅ローンアドバイザーとして活躍しているのか見てみましょう。

ファイナンシャル・プランナーの資格を持っている人

Photo bymohamed_hassan

住宅ローンアドバイザーとファイナンシャルプランナーの両方の資格を持っている人がいると紹介しましたが、もともとファイナンシャルプランナーは住宅ローンに関する知識を持っています。しかし、よりその知識を深め、商品情報について詳しくなるために住宅ローンアドバイザーの資格も取得するのです。

ハウスメーカーや不動産会社に勤務している人

Photo bygeralt

ハウスメーカーの社員の主な仕事内容に、住宅やマンションの販売があります。その過程において、さまざまなお客様の相談に乗りますが、住宅ローンについて聞かれる場合がよくあります。そのような時に住宅ローンアドバイザーの資格があると、きめ細やかな対応ができるので、この資格を併せ持ったハウスメーカーの社員もいます。

不動産会社に勤めている人で住宅ローンアドバイザーの資格を持っている人もいます。不動産会社は、まさに住宅を売る現場であり、住宅ローンにかかわりがあります。したがって、宅地建物取引士と住宅ローンアドバイザーの資格を持って活躍している人も多いです。

住宅の購入予定がある人

Photo byMerio

次へ

関連するまとめ

人気の記事