blossom(ブロッサム)の意味とは?言葉の語源やフラワーとの違いを解説!

blossom(ブロッサム)の意味とは?言葉の語源やフラワーとの違いを解説!

blossom(ブロッサム)の意味は、「開花・花・花盛り」という意味ですが、「何の花」を指して「開花」という意味になるのでしょうか?このことから、今回はblossom(ブロッサム)の意味や語源・もうひとつの意味であるフラワーとの違いについてまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.blossom(ブロッサム)の意味とは?
  2. 2.blossom(ブロッサム)の語源
  3. 3.blossom(ブロッサム)の特徴
  4. 4.blossom(ブロッサム)の意味
  5. 5.blossom(ブロッサム)の使い方
  6. 6.blossom(ブロッサム)は春の訪れという意味

blossom(ブロッサム)の意味とは?

Photo byshell_ghostcage

blossom(ブロッサム)の意味は、【開花・花盛り・花】という意味です。blossom(ブロッサム)の語源は、英語からなのですが、日本では数多くある、カタカタ語のひとつとして、その使い方は浸透しています。

インターネットの普及により、世界中がつながっている昨今では、その情報通信技術の発達に伴い、世界中から発信される情報は、もはや世界共通となっています。

情報が世界共通となるからには、語源が英語であるのならば翻訳せずに、英語の綴りをそのまま「カタカナ語」として、日本語での会話で使える使い方をするのが常識となっています。それではblossom(ブロッサム)は、どんな意味になっているのでしょうか?

Photo by matsuyuki

その昔、日本では漢字文化を誇っていましたが、時代の流れとともに、言葉も変化していきました。その象徴がblossom(ブロッサム)のようなカタカナ語であれば、blossom(ブロッサム)と同じ意味を持つ、フラワーとの違いは何でしょうか?

blossom(ブロッサム)が花なのか、フラワーが花なのか、表記方法は違っても、その意味は同じなのでしょうか?そのような不思議なことはあるのでしょうか?

このことから、blossom(ブロッサム)の持つ意味や、フラワーとの違いや使い方について、まとめていますので、人と会話するときの為の、参考にして下さい。

blossom(ブロッサム)の語源

Photo by Dave Thanks You For Visting And Any Comments You L

日本でカタカナ語として浸透している、blossom(ブロッサム)の語源はどこから来ているのでしょうか?カタカナ語は経済・金融・医療・介護・IT関連・食品・料理・衣料・スポーツ、そして園芸とその数と意味の膨大さには、今現在とどまる所を知りません。

その現象が、世界で情報を共通しているという証にもなりますので、blossom(ブロッサム)の語源や意味を知ることは、世界を知るという意味にもつながってきます。

義務教育からネイティブスピーカーに教わっている昨今では、語源が英語であるのならば、その意味や使い方について学びましょう。

Photo byCouleur

blossom(ブロッサム)の語源は、英語圏です。そしてblossom(ブロッサム)の意味には、名詞と動詞と二通りの意味があります。それなのに、日本ではカタカナ語として意味なく浸透しているので、英語圏の国に行って、日本でblossom(ブロッサム)をセンテンスの中に使っても、意味が通じません。

blossom(ブロッサム)の語源を理解する為には、英語表現でまずその意味に理解を深めてみましょう。blossom(ブロッサム)の語源である、英語表現について次に後述していますので、blossom(ブロッサム)について、人と話す機会があるときの参考にして下さい。

blossom(ブロッサム)の英語での意味

Photo byAnnaliseArt

blossom(ブロッサム)の意味では、まず名詞としての意味があります。主に桜や林檎など、くだもの・食用果実の花の意味があります。その昔、昭和のアイドル女性歌手が歌ったタイトルと同じになりますが、【桜の花・チェリーブロッサム】を例としてあげます。

他にもアップルブロッサムという、りんごの花を意味するカタカナ語もあります。このアップルブロッサムも、チェリーブロッサムと表記方は違いますが、blossom(ブロッサム)としての意味は共通になります。

blossom(ブロッサム)の上に乗せているのが、チェリーか、アップルになるかの違いですので、ひとつの意味をよく理解すれば、後は応用出来ますので、blossom(ブロッサム)の意味をよく理解しましょう。

blossom(ブロッサム)・「花」としての意味

Photo byOlichel

blossom(ブロッサム)の名詞としての意味は、先にご紹介した通り、【花】の意味があります。ただしその【花】とは、くだもの・食用果実に実る【花】を意味します。

【桜の花・チェリーブロッサム】となります。blossom(ブロッサム)は樹に咲く花ですので、地面に咲く花と分けてその意味を理解しましょう。

この区別について、注意しないと英語圏に行って恥をかきますので、注意しましょう。blossom(ブロッサム)は、地面に咲いた花は指しません。あきらめずに頑張って意味や使い方を覚えましょう。

blossom(ブロッサム)・「花開く」としての意味

Photo byHans

それでは次に、blossom(ブロッサム)の動詞としての意味について解説します。blossom(ブロッサム)の動詞としての意味は、【開花する・満開になる】という意味です。

【桜の花は春に咲く・cherry blossom bloom in spring】となります。この表現と表記方は、くだもの・食用果実の樹に咲く花のことを指しますので、地面に咲いた花とは、意味が違います。このことをよく理解しないと、英語圏に行って恥をかきますので注意しましょう。

blossom(ブロッサム)の特徴

Photo bysuju

それではこの章では、blossoma(ブロッサム)の特徴について解説します。日本で浸透しているカタカナ語の、blossom(ブロッサム)の意味は、【開花・花盛り・花】となっています。

これは、英語を語源とするblossom(ブロッサム)と比べるみると、英語では名詞【果実の樹の花】と動詞【果実の樹の花開く】と2通りの意味があります。

カタカナ語では名詞も動詞も一緒、つまりは、意味がごちゃまぜになっていますが、blossom(ブロッサム)の意味は、【花】と【開花】と、2種類あるのが特徴です。

Photo byAnnaliseArt

英語圏の人間から見て、日本語が難しいと言うつぶやきは、もはや世界の常識となっています。そもそもカタカナ語は、語源が英語であるのに、英語とは異なる意味になってしまっています。

カタカナ語は、日本人にとっては普通に使うことは出来ても、英語圏の人間から見れば、意味を理解出来ずに、ただ首をかしげるだけです。

そこで、カタカナ語であるblossom(ブロッサム)の意味がかわいい感・おしゃれ感が強くなっているその意味をふまえて、blossom(ブロッサム)の特徴を、英語を交え、地面に咲いた花と比べて、次に後述しています。

blossom(ブロッサム)は樹に咲く花

Photo bywebandi

人気TVアニメに登場しているキャラクターの名前にも付けられている、blossom(ブロッサム)は、美容院や、SNS上でのアドレスにも登場し、その幅広い浸透さと意味の煩雑さには、限りがありません。

もはや英語を語源としての意味からは遠ざかり、完全にカタカナ語となっています。しかしながら、そもそもblossom(ブロッサム)とは、樹に咲く花【Blooming flowers】を意味します。

「海をsee」と呼びますが、単体で言うなら「ocean・海洋」と同じように、果実の実る樹の花をblossom(ブロッサム)と、限定してそう呼びます。

flower(フラワー)は地に咲く花

Photo byLoggaWiggler

一方、「フラワー・花」は、花は花でも「草花」を意味します。「草花」とは「樹に咲く花・Blooming flowes」とは違います。

「草花」は、野原や草原・山野に咲く花のことです。つまり地面に根を生って、地面から茎や、葉っぱ、そして花が咲く「フラワー・花」のことを指します。【地に咲く花・Flowe blooming in the ground】のことです。

blossom(ブロッサム)とは、フラワーと同じく、地面に根をはるのは同じですが、茎ではなく、幹が生えます。樹・木になる植物を指します。分かりやすくいうと、【足元の花・Flowers under the feet】をフラワー。【頭の上の花・Flowers on the head】をblossom(ブロッサム)と理解しましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事