「プレゼンス」の意味とは?使い方の例文や類語を知って正しく理解しよう!

「プレゼンス」の意味とは?使い方の例文や類語を知って正しく理解しよう!

「プレゼンス」という言葉をたまに見かけることがあるでしょう。ニュースや新聞などに登場するプレゼンスという言葉について、その意味や使い方、類語や対義語など、例文も踏まえてご紹介します。プレゼンスの意味を正しく理解しておきましょう。

記事の目次

  1. 1.プレゼンスの意味とは?
  2. 2.プレゼンスの対義語・類義語
  3. 3.プレゼンスの使い方・例文
  4. 4.プレゼンスを使う際の注意点
  5. 5.プレゼンスの由来・歴史
  6. 6.プレゼンスの英語表記
  7. 7.プレゼンスの漢字
  8. 8.プレゼンスは存在という意味

プレゼンスの意味とは?

Photo byharaldlepisk

「プレゼンス」という言葉をよく耳にしたことがありませんか?カタカナ言葉として、ニュースや新聞にて登場することがあります。

しかし見聞きするという割には、正しいプレゼンスの意味や使い方を理解している人は少ないようです。明らかに、日常で自主的に使うような言葉ではないようです。

プレゼンスという言葉の意味は、「存在、もしくは存在感」「影響、影響力」です。今回は、正しいプレゼンスの意味と類語、英語表現での使い方についての特集です。この言葉をどのように使えば効果的なのか、その例文なども踏まえてご紹介します。

プレゼンスの対義語・類義語

Photo byjohnhain

存在を意識したり、存在感を高めること、影響力があることを意味するプレゼンスという言葉ですが、この存在感や影響といった言葉の他に、同じ意味を持った類語があるのでしょうか?

またその逆として、対義語はあるのでしょうか?ここでは、プレゼンスという言葉の類語と対義語をご紹介します。

プレゼンスの類語

Photo bytakazart

プレゼンスの意味は「存在すること」「存在感」あるいは「影響」「影響力」ですが、他にも「出席」「参列」「同席」、あるいは軍隊や警察といった公的機関の間では「配備」「駐留」といった言葉が類語として用いられています。

いずれも意味合いが微妙に違いつつ、その場所にいる、留まっているという基本的な部分では同一なことを表現しています。

なにかしらの事象や人物がそこにいたり、徐々に頭角を現そうとするような時、プレゼンスという言葉で表現します。

リーダーシップとプレゼンスの関係性

Photo byAbsolutVision

「リーダーシップ」という言葉があります。これもプレゼンスの類語の一部とも言えるほど、似た意味を持ったカタカナ語です。チームを引率していくそのグループの上長などが該当している場合に用いられます。

チームを引っ張るための技量や人格がある人物は、リーダーシップを持っていて影響力を備えています。言い換えれば、リーダーシップが発揮できるのは、企業や組織といった複数の人員が集まる場所で、プレゼンスがある状態の時に発生することが多いからです。

国の経済力や軍事力、影響力を高めるには、その国の代表者のリーダーシップが高まるような時です。プレゼンスとリーダーシップは、かなり密接な関係を持っていると言えます。

ITでのプレゼンスの意味

Photo byPhotoMIX-Company

IT関連の用語の中で「プレゼンス情報」という言葉が出てきます。これも、その中で存在していることを示唆した意味では類似した言葉です。

プレゼンス情報の意味は、MicrosoftのLync(Skype for Business)というビデオ会議やチャットのツールの中にある機能の一つで、ユーザーの在席情報を知らせるためのものです。

通常はユーザーの顔写真の画像の横に表示されて、ネット上で繋がっている際の、その時のユーザーの在席・不在についてを相手にお知らせします。

IT業界やその関連の書籍や会話の中で、プレゼンスという言葉が頻繁に登場したら、ほとんどは、このプレゼンス情報のほうの意味で用いられているケースが目立ちます。

プレゼンスの対義語

Photo by422737

プレゼンスには、ある事象や人物がその場所に際立っているといった感覚を、周囲に誇張している様子を出す際に使われています。あるいは、今はまだ未確定ですが、影響力が次第に高まっている状態の場合にも用います。

そのため、プレゼンスという言葉にも反対の意味を持った対義語があります。主なプレゼンスの対義語に近い表現としては、「欠席」「不在」「不備」「不要」などがあげられます。

プレゼンスの使い方・例文

Photo bygeralt

プレゼンスという言葉は、新聞やニュース、報道などで耳にしたり見かける機会はありますが、実際に日常生活のどこかで、進んで用いることはあるのでしょうか?

英語を日常的に使う方は別にしても、普段の生活にはさほど浸透はしていない言葉でもあります。では、そんなプレゼンスという言葉について、使い方の実例・例文をご紹介します。

例文①

Photo byskeeze

プレゼンスが高い、あるいは高めるという表現は、主に経済や軍事、政治などの用語としての使い方が目立ちます。とある国にて、何かの存在感が高いこと、配備を高める状態にあるという意味を表す際に登場します。

例文としては、「徐々に日本は、地域の災害レベルに応じたプレゼンスを高めるような政策を打ち出さなくてはならない」「軍事的プレゼンスを高めることによって、人々は緊迫感を知るだろう」といった使い方をします。

例文②

Photo byNikolayFrolochkin

プレゼンスを発揮するという表現も、割と政治的な意味合いが色濃く、ある国にて、国家的な存在感をアピールする意味での使い方をよくされています。

プレゼンスを発揮するという表現が目立つ時、政治及び軍事に関する計画や活動が実践されている場合があります。プレゼンスを発揮することで、国の強大な存在を誇示するといった意味になります。

例文としては、「プレゼンスを発揮すれば、国の強みを高めることができる」「大統領は、政治的プレゼンスを発揮することで、国全体の意識を高めることになるだろうと公言した」といった使い方をします。

例文③

Photo byRi_Ya

プレゼンスを示すという表現は、プレゼンスを発揮するまでの事態にはまだ至っていないにせよ、これから存在を少しずつ高めるような兆候がある場合や、存在感を示唆しているという前段階のニュアンスの際に用いられます。

例文としては、「野党は、自分たちのプレゼンスを示すような言動を次第に始めている」「ファストファッション業界にて、トップレベルなプレゼンスを示すつもりだ」といった使い方をします。

次へ

関連するまとめ

人気の記事