前下がりボブで失敗しないためには?イメージが伝わりやすいオーダー方法も解説!

前下がりボブで失敗しないためには?イメージが伝わりやすいオーダー方法も解説!

前下がりボブは可愛いですが失敗した時が怖い髪型です。そんな失敗しがちな前下がりボブのアレンジ方法やうまく美容室でやってもらえるようなコツをいくつか紹介しますので、おしゃれな髪型にしたいと考えている人は参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.前下がりボブで失敗しない方法を教えて!
  2. 2.前下がりボブで失敗する原因は?
  3. 3.前下がりボブで失敗しないためのオーダー方法
  4. 4.前下がりボブの髪の長さ別おすすめヘアスタイル
  5. 5.前下がりボブの顔型別おすすめヘアスタイル
  6. 6.失敗した前下がりボブのおしゃれなアレンジ
  7. 7.失敗しないオーダー方法でなりたい前下がりボブに!

前下がりボブで失敗しない方法を教えて!

Photo bysnicky2290

おしゃれな髪型と聞くとたくさんのおしゃれな髪型が思い浮かびます。そのたくさんのおしゃれな髪型の中で難易度が高いのは、前下がりボブです。

前下がりボブとはバックは短め、サイドは長めの髪型のことで、女性らしい雰囲気を出しながらもボーイッシュな雰囲気にもなれるおしゃれな髪型です。前下がりボブでストレートヘアにするとクールな大人の女性という雰囲気になれます。

シャープに決めたいという人には前下がりボブのストレートがおすすめです。また、前下がりボブでパーマをかけた場合はガーリーでふわふわとした雰囲気を出せます。前下がりボブはおしゃれでアレンジの仕方がたくさんある髪型なのです。

そんなおしゃれな前下がりボブですが、うまくいかないという人が多いです。前下がりボブは定番で、美容院でも頼まれる回数が多いのに何故前下がりボブは失敗が多いのでしょうか。

フリー写真素材ぱくたそ

それは前下がりボブという髪型の性質に関係しているのです。前下がりボブは、その人の顔の形、髪の長さ、前髪があるかないかで仕上がりが変わってしまいます。

おしゃれな前下がりボブにする時にうまくいかないのは、顔の形や髪の長さ、前髪あるなしで変わってくるので、おすすめされた前下がりボブが自分に合わないということもあります。

おしゃれで理想的な前下がりボブになるために、顔の形や髪の長さ、前髪があるかないかによっておすすめのおしゃれな前下がりボブのオーダーの仕方、前下がりボブが失敗した時のおしゃれなアレンジ方法をいくつか紹介していきます。

おしゃれな前下がりボブになりたいのに、美容院に行くと失敗してしまうという人は、おすすめの髪型やオーダーの仕方を参考にしてみてください。そして失敗してしまう前下がりボブから抜け出して、おしゃれを楽しみましょう。

前下がりボブで失敗する原因は?

フリー写真素材ぱくたそ

ガーリーな雰囲気にも、クールな雰囲気にもなれるおしゃれな前下がりボブですが何故か失敗しておしゃれじゃないという経験をした人はいるのではないでしょうか。何故おしゃれな前下がりボブをオーダーすると失敗するのかというと、ポイントは3つあります。

希望の髪型のイメージをうまく美容師に伝えられていない、顔の形と相性が合っていない、髪の長さや前髪があるかないかによって違うから、というポイントです。おすすめされたから前下がりボブにしたいと曖昧な注文をした場合、失敗する確率は高くなるので注意してください。

前下がりボブと1口に言っても様々な前下がりボブがあります。内巻きにゆるくパーマをかけた前下がりボブもあれば、丸顔に合う前下がりボブもあります。髪の長さによって似合わない前下がりボブもありますし、前髪があるかなしかでおすすめされる前下がりボブもあります。

Photo byijmaki

このように、様々な要素でおすすめされた前下がりボブが失敗しないか、失敗するかが決まってしまうのです。自分の顔の形や髪の長さを把握することがまず大切です。

さらにそこから前髪ありの前下がりボブにしたいのか、前髪なしの前下がりボブにしたいのかをじっくり考えて、細かくオーダーすることが失敗の可能性を下げることになるのです

前下がりボブにしたい時は、失敗の確率を下げるためにおすすめされた髪型より自分の顔の形、髪の長さ、前髪があるかなしかによって合った髪形をオーダーすることをおすすめします。

通常のボブでも顔の形でおすすめできるボブとおすすめできないボブがありますし、髪の長さでおすすめできるできないがあります。

前下がりボブをオーダーする際は、失敗の確率を少しでも下げるために自分のイメージを具体的に相手に伝えることが重要になってきます。

失敗の原因①しっかりオーダーできていない

フリー写真素材ぱくたそ

前下がりボブをオーダーすると、失敗してしまう確率が高いという人は自分のオーダーの仕方を少し振り返ってみましょう。美容師に前下がりボブをオーダーする時にただ「前下がりボブにしてください」とオーダーしていませんか?

前下がりボブと一口に言っても様々な前下がりボブがあります。前髪ありの前下がりボブなのか、前髪なしの前下がりボブなのか、丸顔に合う前下がりボブなのか、種類がたくさんあるのです。前髪あり、前髪なしによってもおすすめできる前下がりボブは違うのです。

自分は前髪なしの前下がりボブにしたいのか、前髪ありの前下がりボブにしたいのか、イメージを具体的にしましょう。イメージを具体的にしないと、いざ前下がりボブにしたいという時にうまくイメージが伝わらず、失敗してしまう可能性があります。

Photo bynicolagiordano

髪の長さや顔の形によっておすすめできる前下がりボブスタイルと、おすすめできない前下がりボブスタイルがありますので、失敗の確率を下げるために顔の形や髪の長さを把握しておきましょう。

様々なスタイルがある前下がりボブだからこそ、具体的なイメージを伝えないと失敗してしまう可能性は上がってしまいます。失敗してしまうと、自分も担当した美容師もいい気分になることはありません。

Photo byivanovgood

失敗した髪形にならないために、失敗した髪型にさせないためにも自宅で理想の長さやスタイルの前下がりボブのイメージを膨らませておきましょう。そしてそのイメージは自分の顔の形、現在の髪の長さに合うのかをしっかり頭の中に思い描いておくことが大事です。

しっかりとした前下がりボブのイメージを美容師に伝えたとしても、多少イメージとは違うこともある可能性はありますが、大失敗してしまったということにならずに済みます。

髪の長さや顔の形を考慮しながら失敗の確率を下げるために、細かく具体的に前下がりボブのオーダーを行いましょう。

失敗の原因②顔の形との相性が悪い

Photo byFree-Photos

前下がりボブが失敗してしまう原因には髪の長さが合わなくて失敗してしまうのももちろんありますが、前下がりボブは顔の形と相性が悪いと失敗してしまう確率があがる髪型なのです。

前下がりボブは本来、サイドの髪が長いため小顔に見せてくれる効果が期待できる髪型なのですが、顔の形とあっていないとたちまち失敗した髪型になってしまいます

顔の形と前下がりボブスタイルが合っておらずに失敗した髪型であった場合、小顔効果が期待できるばかりか、むしろ顔が大きく見えてしまうという失敗が生まれてしまうのです

前下がりボブにしたい時は、そのような失敗を引き起こさないためにも、顔の形を考慮しながら前下がりボブスタイルを選びましょう。

自分の顔の形が丸顔なのか、あるいは面長なのかで似合う前下がりボブを探してイメージを具体的にしておくことによって、失敗する確率はぐっと減ります。

Photo byterribileclaudio

例えば丸顔なら、前下がりボブは丸みのあるスタイルにしたり、面長だったら少し髪を長くしてシンプルなストレートの前下がりボブと選ぶようにしたら失敗する確率は減ります。

また、前髪があるかなしかでも前下がりボブは印象がガラッと変わりますので、失敗しないためにも自分に似合う前下がりボブの髪型を見つけましょう。

失敗の確率を下げるために、自分と顔の形が似ている芸能人に似合う前下がりボブを考えてみるというのもおすすめです。自分と顔の形が似ている芸能人の前下がりボブを考えてみることで、失敗する確率を減らすことができます。

Photo byGromovataya

せっかくのおしゃれな髪型である前下がりボブを失敗しないためにも、念入りにイメージを膨らませましょう。髪型が失敗してしまうと、日々の生活であまり気持ちが上がらないということもあり得ます。

イメージを膨らませれば失敗しないというわけではありませんが、大失敗をしてしまうという事態はまぬがれることができます。

失敗の原因③髪のボリュームやクセによるもの

Photo bysweetlouise

前下がりボブをオーダーした時に失敗してしまうのは、髪のボリュームやクセが理想の前下がりボブに合わないということも考えられます。

髪のボリュームやクセによっても、自分が希望する前下がりボブになるどころか、失敗してしまう可能性があるのです。失敗してしまう前に、自分の髪のボリュームやクセをしっかりと把握しておくことが大切です。

サイドのボリュームが少ないにも関わらず、ストレートの前下がりボブにしてしまうと、ふわふわとしたキュートな前下がりボブではなく、まるでぺたんとしたヘルメットのような髪型になってしまいます。

Photo byterribileclaudio

またその逆で、ボリュームがあるサイドでふんわりとした前下がりボブにしてしまうと、髪が広がってしまい顔が大きく見えてしまうという失敗の髪型となります。このような失敗をしないために、自分の髪の状態を観察して頭に入れておくことが大切です。

自分の髪のクセを把握して、美容師にイメージを伝える際に報告しておくと、失敗の確率が下がって美容師も作業がやりやすくなります。前下がりボブにしたい際は3つのポイントを押さえておきましょう

前下がりボブで失敗しないためのオーダー方法

次へ

関連するまとめ

人気の記事