バイトの所得税を分かりやすく解説!税金は学生や短期の場合でも引かれる?

バイトの所得税を分かりやすく解説!税金は学生や短期の場合でも引かれる?

アルバイトをしていて気になるのが、所得税の負担をしなければならないかどうか、という点です。扶養に入っている方はもちろん、学生や短期アルバイトの方も、余計な負担を増やしたくないので気になるところです。アルバイトと所得税について解説します。

記事の目次

  1. 1.バイトの所得税について知りたい!
  2. 2.バイトの所得税の基本
  3. 3.バイトにかかる税金の種類
  4. 4.バイトの所得税の控除
  5. 5.バイトの所得税で返金される方法
  6. 6.バイトの所得税について正しく理解して働こう

バイトの所得税について知りたい!

Photo bypedroserapio

今回は、アルバイトで獲得した収入に対する所得税について解説をします。アルバイトだと所得税はかからないと思っている方も多いかもしれませんが、収入金額によっては所得税が課せられて税金の負担を余儀なくされる可能性があります。

もしアルバイトをしている中で所得税がかかり源泉徴収を受けたとしても、その税金を還付してもらえる可能性もあります。確定申告をすることで納めた所得税が戻ってくることがあるので、アルバイトで生計を立てている方は理解しておくべきです。

学生でも、あるいは給料を手渡しでもらっていても所得税がかかることがあります。アルバイトの立場で所得税がかかるケースや、還付を受ける対応方法について分かりやすく解説していきます。

所得税の控除を種類別に解説!計算方法や税額控除との違いは?のイメージ
所得税の控除を種類別に解説!計算方法や税額控除との違いは?
所得税という税金は、会社員などの給与にかかってくる税金です。この所得税には控除できるものが存在します。所得税の控除の種類は複数存在しますので、その種類別に所得税の控除について解説します。所得税控除の計算方法や控除の仕組みについても紹介します。

バイトの所得税の基本

Photo bystevepb

まず、アルバイトをしている中で気を付けるべき所得税について解説します。所得税という言葉はなんとなく知っていたとしても、詳しく理解できていない方も多くいます。

学生の方などは特に所得税は関係ないと思っている方も多いですが、学生といえども所得税が課せられる可能性があることを理解しておくべきです。収入金額によって雇用主側の義務として源泉徴収をしないといけなくなる可能性があるからです。

そもそも所得税とはどんな税金なのか、どのように納税をするのか、源泉徴収とは何か、などについて解説します。アルバイトの身分の方でもしっかりと理解しておきましょう。

所得税とは

Photo bystevepb

そもそも所得税とはどんな税金でしょうか。所得税は、国に納める税金で、税金を負担する本人が納税をする、直接税に分類されます。一般的に、会社やアルバイト先で働くと給料を得ることができます。給料をはじめとした収入に対し課税されるのが所得税です。

現在、税法上では様々な収入の分類があります。自分で事業を立ち上げて収入を得る事業所得、不動産売買や賃貸などで得られる不動産所得、年金やFXによる投資によって得られる雑所得など、分類がなされています。

アルバイトで得られる収入は、給与所得に分類され、所得税納税の対象になります。これは、身分が学生であれ一時的な労働であれ一律に該当する条件となります。

基本的に天引きされている

Photo by june29

基本的に、所得税は税金を負担する人が納税者になる、直接税に分類されると説明しましたが、会社に勤めるサラリーマンやアルバイトやパートをして収入を得る方は、雇用主が給料から一定のルールで計算された金額を天引きします。

そのため、会社に勤めるサラリーマンの方は自分が納税をしているという感覚を持っていない方も多いです。特別なことがない限り、自分で確定申告をする必要がないためです。

アルバイトの身分でも同様に、通常は給料から所得税が天引きされ、残りの金額を手取り収入として獲得することができます。これはアルバイト先によって異なることもありますが、通常の職場ならたいていが給料天引きを行ないます。

天引き制度を源泉徴収という

Photo bystevepb

給料から天引きされて所得税を雇用主側が代わりに納税をする仕組みのことを、源泉徴収といいます。給料を支給する源泉側で手続きをするためにこのような名称になっています。

このため、アルバイトの身分といっても一定の条件を満たした場合は本人の希望云々にかかわりなく所得税を負担しなければならなくなります。源泉徴収は、労働者を雇う側の義務となっているので、源泉徴収を避けることは一般的にはできません。

手渡しでも発生する

フリー写真素材ぱくたそ

誤解している方が多いことに、アルバイト先からの給料を手渡しで受け取った場合は所得税がかからないという考え方があげられます。通常、アルバイトといえども最近は給料の支払い方法は手渡しではなく銀行振り込みが主流になっています。

給料を手渡しで受け取るなら、なんとなく所得税の負担をする必要がないと思っている方も多いですが、受け取り方に関係なく、手渡しで給料を受け取っていても給料は所得税の対象になります。

もし手渡しで給料を支給するアルバイト先が源泉徴収をしていなかったとしてもアルバイトで得た収入は確定申告をして所得税を納税する必要があります。手渡しのアルバイト先を探しても税金の負担有無には関係がありません。

バイトにかかる税金の種類

Photo byCapri23auto

続いて、アルバイトを行なって収入を得ることで負担することになる税金の種類について紹介します。税金の種類は、アルバイトか正社員かに関わらず同様に発生する税金です。就労形態にかかわらず給与所得を得る方に同様に課せられる税金です。

アルバイトの身分にしても正社員にしても、ほとんどの勤務先で源泉徴収を実施してくれるため、自分で確定申告をして納税をする必要はありませんが、知っておいて損はありません。

給与所得を得る際に負担することになる税金について3種類を紹介します。自分が働く中でどんな種類の税金が賦課されるのか、いくらくらいの金額になるのかを把握しておくことは家計を考えるうえで重要なことです。

所得税

フリー写真素材ぱくたそ

アルバイトをしている課せられることがある税金の一つ目は、所得税です。所得税とは、前述のように様々な収入を得ることに対して課せられる税金で、収入を得て生計を立てている方のほとんどが負担する税金になります。

所得税は、累進課税といって収入金額が増えれば増えるほど負担税額が大きくなる計算がされます。例えば物品の購入やサービス代金の支払いの際に負担している消費税のような、収入の大小にかかわらず全国民に一律で課せられる税金と大きな違いがあります。

銀行振り込み、手渡しなど受け取り方如何で課せられる税金に違いはありません。あくまで受け取った収入金額に対して課せられる税金であることを理解しておく必要があります。

復興特別所得税

フリー写真素材ぱくたそ

アルバイトをしている課せられることがある税金の二つ目は、復興特別所得税です。復興特別所得税とは、2011年9月に発生した東日本大震災の復興の財源として徴収されることになった所得税です。2037年まで徴収される予定になっています。

徴収税率は、通常の所得税に対して2.1パーセントになります。ただ、所得税と同様通常は源泉徴収されて雇用主側で納税することになるので、個人で納税するなどの手続きは必要ありません。

所得税の税額に対して2.1パーセントという、比較的負担税額は大きくありませんが、税額負担を計算するうえで必ず省くことができない項目になり、確定申告などの際にも必ず考慮するべき項目となります。

住民税

Photo by zunsanzunsan

次へ

関連するまとめ

人気の記事