吹き付けタイルの特徴は?外壁塗装のメリットやデメリットもチェック!

吹き付けタイルの特徴は?外壁塗装のメリットやデメリットもチェック!

吹き付けタイルとは、どんな工法の外壁なのでしょうか。吹き付けタイルの工法の特徴を紹介しています。また、吹き付けタイルのメリットやデメリットもまとめています。吹き付けタイルの塗装方法や耐用年数、費用の相場、吹き付けタイルをする時の注意点も紹介しています。

記事の目次

  1. 1.外壁塗装の吹き付けタイルってどんな工法?
  2. 2.吹き付けタイルとは
  3. 3.吹き付けタイルのメリット
  4. 4.吹き付けタイルのデメリット
  5. 5.吹き付けタイルの塗装方法
  6. 6.吹き付けタイルの耐用年数・費用相場
  7. 7.吹き付けタイルをする際の注意点
  8. 8.吹き付けタイルによる外壁塗装を検討してみよう!

仕上げ塗り

Photo by12019

吹き付けタイルの塗装の方法を紹介します。最後は仕上げの方法についてまとめていきます。吹き付けタイルの仕上がりは、塗料を吹き付けた表面の凸凹をそのまま残した方法や、平らにならして凸凹をなくした方法などがあります。

吹き付けタイルの仕上げは、『複層仕上げ塗材』と呼ばれる塗料を、外壁の表面にローラーやコテで塗装して仕上げます。もしくは、コンプレッサーを使用して吹き付けて塗装します。そういった方法を使うと、ツヤがあって硬質な仕上がりになります。

吹き付けタイルに吹き付ける塗料によって、弾力性がある仕上がりにすることもできます。硬質な仕上がりの吹き付けタイルだと、耐久性が高く、割れにくくなります。弾力性のある吹き付けタイルだと、ひび割れしにくく、防水性と防汚性があります。

吹き付けタイルの耐用年数・費用相場

フリー写真素材ぱくたそ

吹き付けタイルのメリットとデメリットを紹介しました。その次には、吹き付けタイルの塗装の方法をまとめました。吹き付けタイルの下塗りの方法と凸凹模様の付け方を紹介しています。仕上げのパターンは、平らにする方法などのパターンがあります。

塗装の方法をまとめて紹介した後は、耐用年数と費用相場についてまとめていきます。ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料といった吹き付けタイルの塗料ごとに耐用年数と費用相場を紹介します。吹き付けタイルの施工の際に参考にしてみてはどうでしょうか。

ウレタン塗料

Photo byOpenClipart-Vectors

吹き付けタイルの耐用年数と費用の相場について塗料ごとに紹介していきます。まずは、ウレタン塗料の耐用年数と費用の相場をまとめます。ウレタン塗料というのは主成分がウレタン系の樹脂の塗料で、密着性が高くてさまざまな外壁に塗装できるという特徴があります。

ウレタン塗料は剥がれにくくて弾力性があるので、木製の下地材と相性が良いと言われています。密着性が高くて剥がれにくいウレタン塗料の耐用年数は、どのくらいでしょうか。調べたところ、6年から10年と言われているようです。

ウレタン塗料を使って吹き付けタイルの塗装した場合の費用の相場はどのくらいでしょうか。調べたところ、1平方メートル1800円から2300円と言われています。30坪の家である場合は、吹き付けタイルの施工に70万円から85万円が費用の相場となります。

シリコン塗料

Photo bytookapic

吹き付けタイルの耐用年数と費用の相場についてまとめます。次はシリコン塗料の耐用年数と費用の相場を紹介しましょう。シリコン塗料というのは主成分がシリコン系の樹脂で、外壁の塗装に多く使われている塗料と言われています。

シリコン塗料は、耐水性や耐熱性、耐候性が高いため、外壁だけでなく家の屋根にも使われます。耐久性が高いシリコン塗料は、耐用年数も長いようです。シリコン塗料の耐用年数を調べてみたところ、8年から15年だと言われています。

シリコン塗料はメンテナンス性が良く、耐久性が高いと言われています。しかし、ウレタン塗料と比較して費用が高いです。シリコン塗料の費用の相場は、1平方メートル2500円から3300円です。30坪の家だと、85万円から110万円が費用の相場になります。

フッ素塗料

Photo by sor

吹き付けタイルの耐用年数と費用の相場を紹介します。最後はフッ素塗料の耐用年数と費用の相場を紹介します。フッ素塗料の主成分はフッ素樹脂です。耐久性が高く、他の塗料とは違ってカビやコケが生えにくい塗料と言われています。

フッ素塗料はカビやコケが生えにくいため、日当たりが良くない所や湿気のある所の外壁に使うと良いでしょう。フッ素塗料の耐用年数は、15年から20年と長いです。この塗料はツヤがあり、塗り替えをすると外観を長期間美しく維持することができます。

フッ素塗料は外壁の塗料として、多くのメリットがあります。ですが、メリットが多い分費用の相場が高いようです。フッ素塗料の費用の相場は、1平方メートル4000円から4500円です。30坪の家の塗装の場合、費用の相場は90万円から120万円となります。

吹き付けタイルをする際の注意点

吹き付けタイルの耐用年数と費用の相場を紹介しました。ウレタン塗料やシリコン塗料、フッ素塗料の耐用年数と費用の相場をまとめています。3つの塗料の中で、最も耐用年数が長くて費用の相場が高いのは、フッ素塗料でした。

反対に1番耐用年数が短くて費用の相場が安いのはウレタン塗料でした。耐用年数と費用の相場を紹介した後は、吹き付けタイルをする時の注意点について紹介します。依頼する職人に関する注意点をまとめたので、施工の際に参考にしてみてはどうでしょうか。

技術力の高い経験豊富な職人さんに依頼する

Photo bymohamed_hassan

吹き付けタイルの塗装の仕上がりは、施工する職人によって異なるので注意が必要です。施工する職人の技術が高いかどうかは、国家資格の「塗装技能士」という資格で確認できます。その資格を持っている人に、施工をお願いした方が良いでしょう。

業者に吹き付けタイルの施工を依頼する場合は、相見積もりをしましょう。そうすることで、工事の費用を抑えることができます。また、業者の施工に対する姿勢も比較できるメリットがあります。ひとつの業者に依頼する前に、相見積もりをするように注意しましょう。

施工業者の中には、依頼された施工を下請けの会社にさせる業者もあるでしょう。その際に中間マージンが取られ、施工の費用が高くなるので注意が必要です。ですから、自社施工の業者に依頼すると、施工の費用を抑えられます。

吹き付けタイルによる外壁塗装を検討してみよう!

フリー写真素材ぱくたそ

吹き付けタイルの特徴やメリット、デメリットを紹介しました。吹き付けタイルというのは、モルタル外壁に塗装の仕上げをする際の工法のひとつです。吹き付けタイルは、スプレーガンという道具で塗料を吹き付け、凸凹の模様を作るという塗装方法です。

吹き付けタイルは耐久性があって施工の時間が短いというメリットがあります。しかし、作業音がうるさかったり、周りに塗料が飛散したりするなどのデメリットもあります。吹き付けタイルの耐用年数や費用の相場も紹介しました。

吹き付けタイルをする時は、技術の高い職人に依頼するように注意しましょう。また、相見積もりをしてから依頼したり、自社施工の業者に依頼したりすると費用を安く抑えられます。この記事を読んで、吹き付けタイルを検討してみてはどうでしょうか。

fuka1580
ライター

fuka1580

fuka1580と申します。九州在住の20代で、趣味は読書と散歩、詩作です。インテリアや雑貨、文学などの分野に興味があります。ライティングの仕事は昨年の3月から始めました。まだまだ未熟ですが、いろんな分野の知識を深め、良質な記事が書けるように頑張りたいです。どうぞよろしくお願い致します。

前へ

関連するまとめ

人気の記事