アイシャドウの塗り方をパターン別に解説!初心者向けナチュラルメイクも!

アイシャドウの塗り方をパターン別に解説!初心者向けナチュラルメイクも!

アイメイクで活躍するアイシャドウには、仕上げたいアイメイクによって、塗り方のパターンがあることをご存知でしょうか?今回は、初心者でも簡単に出来る、アイシャドウの塗り方のパターンをご紹介していきますので、アイメイクをおしゃれにしたい人は参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.アイシャドウの塗り方パターンが知りたい!
  2. 2.アイシャドウを塗る効果
  3. 3.アイシャドウを塗るときの基礎知識
  4. 4.アイシャドウのカラー選びのコツ
  5. 5.初心者向けおすすめアイシャドウの塗り方パターン
  6. 6.アイシャドウの塗り方パターンを使い分けよう!

アイシャドウの塗り方パターンが知りたい!

Photo byGromovataya

メイクの中でもアイメイクとは、顔の雰囲気をガラリと変わるメイクのため、多くの女性がこだわるポイントとされております。

そんなアイメイクでは、アイシャドウのカラーだけではなく、塗り方のパターンも重要になりますので、今回ご紹介するアイシャドウの塗り方のパターンなどを参考に、自分のなりたい目元をアイシャドウで作ってみましょう。

アイシャドウを塗る効果

Photo byDennisVonDutch

一般的なメイクでは、肌の色味を整えるベースメイクから、口元を華やかにするためのリップメイクまで、さまざまな部分にこだわりを持ってメイクを施していきますが、アイシャドウを使ったアイメイクでは、どのような効果を得ることができるのでしょうか?

ここでは、アイシャドウを目元に塗った際に、メイクの仕上がりにどのような効果が現れるかをご紹介していきますので、メイク初心者さんなどはぜひ知っておきましょう。

目の印象を変えられる

Photo byAdinaVoicu

まず1つ目のアイシャドウを塗る効果では、目元にアイシャドウを塗ることで、目の大きさや形に問われることなく、目元の印象を変えることができる点があげられます。

目の大きさや形は、人それぞれ異なるため、一人一人コンプレックスに感じる部分が異なることもありますが、アイシャドウをしっかりと使っていくことによって、誰でもすっぴんの目元よりもおしゃれに目元を彩ることができます。

メイクの雰囲気を変えられる

Photo byFree-Photos

薄いメイクから濃いメイクまで、メイクの種類もさまざまですが、メイクはファッションとは違い、ワンパターン化してしまいがちです。

そんなワンパターン化してしまいがちなメイクを変化させるのであれば、アイシャドウのカラーや塗り方を変えてあげるのがおすすめです。他の部分のメイクを変えなくても、アイシャドウを変化させてあげることで、メイクの雰囲気をガラリと変えることができます。

目を大きく見せることもできる

Photo bynastya_gepp

目元の印象を変えることや、メイクの雰囲気を変えることができるアイシャドウは、アイシャドウの塗り方次第で、目を大きく見せる効果も発揮してくれます。

目を大きく見せるアイメイクをしたい人は、まずは目のキワの部分に濃いめにアイシャドウを塗ってみましょう。次に、下まぶたのキワにはほんのりとアイシャドウを乗せていきます。そうすることで、目の縦幅が強調され、普段の目の大きさよりも、目を大きく見せることができます。

こちらの目を大きく見せるアイシャドウの塗り方は、コツさえ掴めば初心者でも簡単に取り入れることができますので、コツを掴んでアイシャドウを塗って得られる効果を、しっかりと活かしていきましょう。

奥二重さんに似合うアイメイクは?アイシャドウの塗り方なども紹介!のイメージ
奥二重さんに似合うアイメイクは?アイシャドウの塗り方なども紹介!
奥二重のアイメイクはどうしたら可愛い目が作れるでしょうか?アイラインやアイシャドウを上手に使って、簡単にかわいい奥二重を作っていきましょう。奥二重の目に悩んでいる人は、アイメイクのやり方を覚えて大きく印象的な目にしましょう。

アイシャドウを塗るときの基礎知識

Photo bythisismyurl

上記では、メイクにアイシャドウを活用する効果について、ご紹介させていただきましたが、初心者さんの中には、アイシャドウを塗る際の基本知識を知らない人もいるでしょう。そこで、ここではアイシャドウを塗るときの、基礎知識をおさらいしていきましょう。

アイホールとは

Photo bysilviarita

アイシャドウは、基本的には「アイホール」と呼ばれる個所に塗っていきますが、アイホールがどこの部分を指すのかをご存知でしょうか?

アイホールとは、目を閉じたときのまぶたから眉の間の部分を指しており、アイシャドウは、目を閉じたときにできる、眼球の半円型の膨らんでいる箇所に塗っていきます。

涙袋とは

Photo byStockSnap

アイシャドウとは、まぶたの上に塗るイメージが強いアイテムですが、近年では「涙袋」にもアイシャドウを塗る人が増えています。

涙袋とは、目の下の膨らんでいる部分を指しており、涙袋の膨らみには個人差があります。ぷっくりと膨らんでいる人もいれば、全く膨らんでいない人もおり、後者の人は涙袋の箇所が分かりにくいこともあるでしょう。

膨らみが無く涙袋の箇所が分からない人は、目を細めながら頬の筋肉を目元に向かって上げるようにしてみましょう。そうすることで、目の下の部分にくぼみが浮き出てきますので、くぼみまでの箇所が涙袋であることが分かります。

目頭・目尻とは

フリー写真素材ぱくたそ

アイシャドウを塗っていく際には、「目頭」や「目尻」など、目元の部位の名称に分けて塗り方のパターンをご紹介することが増えますが、それぞれの箇所がどこの部分を指しているのかもおさらいしましょう。

まず、目頭と呼ばれる個所は、鼻筋側の目の先端部分を指しております。目尻と呼ばれる個所は、目頭とは耳側の目の端のことを指しており、鼻筋を中心に見たときに、目の形を人間に例えると、鼻筋側が頭で耳側をお尻というイメージで考えると覚えやすいでしょう。

アイシャドウのカラー選びのコツ

Photo byfreestocks-photos

次へ

関連するまとめ

人気の記事