バラの本数・色の意味まとめ!花言葉の違いやプロポーズでの最適な組み合わせは?

バラの本数・色の意味まとめ!花言葉の違いやプロポーズでの最適な組み合わせは?

バラは贈る花束として有名ですが、色や本数によって花言葉の意味に違いがあります。バラは、プロポーズの際に用いられる事が多いですが、色などによってプロポーズ以外にも贈る事ができます。今回は、バラの本数や色の意味、プロポーズに最適な組み合わせについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.バラには様々な花言葉がある
  2. 2.バラの本数ごとの花言葉と意味
  3. 3.バラの花言葉は本数以外にもある
  4. 4.バラにはネガティブな意味の花言葉も!
  5. 5.バラのおすすめの贈り方
  6. 6.バラ以外で花束を贈りたい時
  7. 7.花束を渡す時におすすめの花言葉の伝え方
  8. 8.バラの名前の由来
  9. 9.バラを贈る時は本数の意味にも気をつけよう

例えば、15本のバラの場合は「ごめんなさい」という花言葉になります。黄色のバラは「嫉妬」、黒赤色のバラは「死ぬまで恨む」、トゲのあるバラは「不幸中の幸い」などと言う意味があります。大切な人へバラを贈る際には、花言葉を理解しておくるようにしましょう。

バラのおすすめの贈り方

Photo byLoboStudioHamburg

バラはプロポーズの際に贈ることもあれば、それ以外でも贈る事ができます。バラの色や本数によって、花言葉に違いがあるため、贈る相手によって分ける必要があります。花束を贈る際には、恥ずかしくて上手く気持ちが伝えられないという人もいるようです。ここでは、バラのおすすめの贈り方についてご紹介していきます。

恋人へ

Photo byAndi_Graf

恋人に贈るバラといて知られているのは、赤色のバラです。しかし、赤色のバラでも13本にすると「友情」という意味になってしまいます。本数によって、花言葉の意味に違いがあるので、理解した上で贈ることをおすすめします。恋人に贈るのであれば、「結婚してください」という意味がある108本のバラがおすすめです。

女友達へ

Photo bytrevoykellyphotography

プロポーズの時だけにバラを用いるのではありません。友達同士で誕生日に渡すという人も少なくありません。女友達にバラを贈る際にはピンク色のバラがおすすめです。ピンク色のバラには、「可愛い」という意味がありますが、ピンクのバラは見た目も可愛いので、友達に贈ったら喜ばれることは間違いありません。

男友達へ

Photo bypixel2013

男友達へバラを渡す機会は滅多にないですが、もし男友達にバラを贈りたいとなった時に、おすすめの色のバラがあります。「信頼」という意味があるオレンジ色のバラです。花言葉の意味を知っている人は少ないですが、男友達でも意味を理解すれば喜んでくれる人もいるでしょう。

父親へ

Photo byPublicDomainPictures

父の日にバラを贈るという人もいるようです。今では、黄色のバラを父の日に贈るのは定番となっているようです。「平和」という意味を持つ黄色のバラですが、中にはネガティブな花言葉も持っています。そのため、贈る相手によっては傷つけてしまう可能性があるので、黄色のバラを贈る際には相手に注意しましょう。

母親へ

Photo bysasint

母親へバラを贈るという事は意外と多いようです。母親にバラを贈る際には、紫色のバラがおすすめです。赤色のバラを贈る人もいますが、赤色とは違った雰囲気があり、紫色のバラには「尊敬」や「気品」といった花言葉の意味があります。母親だけでなく、年上の人に贈るときには紫色のバラがおすすめです。

婚約した人・結婚した人へ

Photo bysfetfedyhghj

婚約した人や結婚した人にバラを贈るときは、白色のバラがおすすめです。白色のバラには、「尊敬」「純潔」「清純」などといった意味があります。白色のバラの花言葉は、婚約した人や結婚した人にピッタリですし、見た目もぴったりなのでおすすめです。おめでたいた時に、バラを贈りたいという時は、白色のバラがおすすめです。

卒業する人・退社する人へ

Photo bymaura24

卒業する人や退社する人には、青色のバラがおすすめです。青色のバラを贈るという人はあまり多くないようですが、これからの未来を応援したいという場合は、青色のバラがおすすめです。

青色のバラは、おしゃれなイメージで花言葉もぴったりです。青色のバラは、男性にも女性にも送れるので、これからの未来を応援したいという人がいる場合には贈るとよいでしょう。

バラ以外で花束を贈りたい時

Photo byvirandek

バラは、花束の中でも有名ですが、その他にも花束として贈れる花があります。花には、それぞれ花言葉がある為、贈るシーンにあった花言葉を選ぶ必要があります。花言葉の意味を知らないとネガティブな花言葉の物を贈ってしまう可能性もあります。ここでは、バラ以外で花束を贈りたい時は、どんな花を贈れば良いのかご紹介していきます。

ガーベラ

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事