バラの本数・色の意味まとめ!花言葉の違いやプロポーズでの最適な組み合わせは?

バラの本数・色の意味まとめ!花言葉の違いやプロポーズでの最適な組み合わせは?

バラは贈る花束として有名ですが、色や本数によって花言葉の意味に違いがあります。バラは、プロポーズの際に用いられる事が多いですが、色などによってプロポーズ以外にも贈る事ができます。今回は、バラの本数や色の意味、プロポーズに最適な組み合わせについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.バラには様々な花言葉がある
  2. 2.バラの本数ごとの花言葉と意味
  3. 3.バラの花言葉は本数以外にもある
  4. 4.バラにはネガティブな意味の花言葉も!
  5. 5.バラのおすすめの贈り方
  6. 6.バラ以外で花束を贈りたい時
  7. 7.花束を渡す時におすすめの花言葉の伝え方
  8. 8.バラの名前の由来
  9. 9.バラを贈る時は本数の意味にも気をつけよう

バラを贈るとなった時に、定番の赤色やピンク色を贈るという人が多いようです。しかし、あえて定番でない色のバラを贈るという方法もあります。今は、様々な色のバラが販売されているため、紺色のバラを贈ったらびっくりされる可能性があります。あえて定番色でないものを贈ることで、話題も広がることもあります。

花言葉辞典もプレゼントする

Photo byDariuszSankowski

花束と一緒に花言葉辞典を一緒に贈るという方法もあります。花束を贈っても、相手は花言葉の意味を知らないという場合もあります。直接花言葉を伝えることが恥ずかしいという場合には、相手に辞典を贈って意味を調べてもらうという方法もおすすめです。意味を知った時、貰った相手は喜ぶことでしょう。

バラの名前の由来

Photo byTeroVesalainen

バラは昔、「イバラ」「ムハラ」「ウバラ」「ウマラ」などと呼ばれていました。バラは、トゲのある花で背の低い木の総称「茨」が転訛したと言われています。そこから「バラ」と呼ばれるようになったそうです。漢字の薔薇は、「そうび」や「しょうび」と呼ばれることもあるようです。

バラを贈る時は本数の意味にも気をつけよう

Photo byFree-Photos

今回は、バラの本数や色、プロポーズでの最適な組み合わせなどについてご紹介してきました。バラは、本数や色などによって、花言葉の意味も違ってきます。そのため、プロポーズをする際には花言葉を理解しておかないと、ネガティブな花言葉になってしまうこともあるようです。プロポーズする際には、最適な組み合わせを見つけましょう。

前へ

関連するまとめ

人気の記事