フロマージュの意味や語源とは?使い方やチーズケーキとの違いも解説!

フロマージュの意味や語源とは?使い方やチーズケーキとの違いも解説!

洋菓子店やコンビニでよく「フロマージュ」を見かけます。日本ではフロマージュとはチーズケーキのことを指しますが実はそれは間違いです。この記事ではフロマージュとは何なのか、どんな意味や語源を持つのか、正しい使い方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.フロマージュの意味とは
  2. 2.一般的なフロマージュとは
  3. 3.フロマージュとチーズケーキの違いとは
  4. 4.日本人が「フロマージュ」をチーズケーキと連想する理由とは
  5. 5.「フロマージュ」の正しい使い方とは
  6. 6.フロマージュとは「チーズケーキ」ではなく「チーズ」

フロマージュの意味とは

Photo byOpenClipart-Vectors

フロマージュとは「チーズ」を意味する言葉です。フロマージュとは牛、水牛、羊等から取れる乳を発酵させて作るチーズ全般のことを指すフランス語です。フロマージュという言葉は最近ではコンビニスイーツやケーキ屋でもよく見かけますがチーズと何が違うのでしょうか。ここではフロマージュという言葉の語源や意味、正しい使い方をご紹介します。

フロマージュの語源はフランス

Photo byTumisu

フロマージュという言葉の語源はフランスから来ています。日本人からするとチーズの本場といえばフランスというイメージが強いですが、チーズ発祥の国はポーランドだと言われています。ここからヨーロッパ全体にチーズという食品が浸透していき、今や世界中で親しまれる食材となっています。

日本でフロマージュといえばチーズケーキだというイメージがありますが、フランスでフロマージュとはチーズそのもののことを指すのでこれは間違いです。フランス語でチーズケーキはタルト・オ・フロマージュやガトー・オ・フロマージュと言います。

フランスには1000種類以上のフロマージュがある

Photo byJillWellington

フランスのフロマージュは地方によって作り方が全然違い、それぞれ発酵方法や使う乳の種類等が細かく違います。フランス全体のフロマージュの種類は実に1000種類以上とも言われ、フランスの市場に行くと日本の魚屋と同じように様々な種類のフロマージュが売られています。中にはフランスを表す慣用句に「300種のチーズの国」と表現する国もあります。

一般的なフロマージュとは

Photo byDaria-Yakovleva

フランスのフロマージュ文化は実に多彩で、モッツァレラチーズのようなフレッシュな物から、長期間熟成させた芳醇な香りのする物、青カビ等の発酵を利用したクセの強い物等、無数にあります。ここではフロマージュの中でも日本でもよく使われる代表的な種類のフロマージュをご紹介します。

ラクレット

Photo byHans

ラクレットのとはスイス原産のハードチーズの一種です。ラクレットの語源はフランス語で「ひっかくもの」「削るもの」という意味があり、切った断面を火で炙って溶けた所をナイフで削ぎ落してジャガイモ等の具材にかけて食べるのが主流です。ハードチーズでありながらも柔らかくクセの無い食べやすさがあるので日本でも人気があります。

日本でのラクレットとはチーズフォンデュの材料としてもよく使われるチーズです。食べやすい味である反面独特の香りがするという特徴があります。そのままの状態だと強い匂いがしますが加熱することでだいぶ和らげることが出来ます。

特有の匂いが苦手だというかたは黒コショウやナツメグ等のスパイスを使うと匂いを和らげてくれて食べやすくなります。

マスカルポーネ

Photo byEinladung_zum_Essen

マスカルポーネとはイタリア発祥のフロマージュです。フレッシュチーズの1種で、脂肪分が多く特有の甘みがあるのが特徴で、ゴルゴンゾーラ等の青カビチーズの強い塩味を和らげるために混ぜ合わせて料理に使ったり、デザートに使われたりもします。日本ではティラミスブームをきっかけに知られるようになりました。

他にも生ハムと一緒に食べたり、そのままでも甘口ワインと合わせる等用途がたくさんある万能チーズとしても有名です。日本ではまだあまり浸透していませんが、近年では和食のお店や乳製品の会社からも注目を集めつつあります。

マスカルポーネの語源はスペイン語にあり、スペイン語の「素晴らしい」の意味を持つ言葉が転訛して定着したと言われています。

ゴルゴンゾーラ

Photo byFree-Photos

ゴルゴンゾーラとはイタリアが発祥のフロマージュで、ロンバルディア州のゴルゴンゾーラ村で作られたからゴルゴンゾーラという名前が付けられました。青カビを使って作られるブルーチーズの一種で、世界三大ブルーチーズの1つとしても有名です。

ゴルゴンゾーラチーズには統制原産地呼称が定められており、ゴルゴンゾーラ村以外で作られた物がゴルゴンゾーラチーズと名乗ることは出来ません。ゴルゴンゾーラには2つの種類があり、青カビの風味と辛みが強い「ピッカンテ」と青カビが少なくクリーミーな味の「ドルチェ」が存在します。

ブルーチーズとはその土地の風土や気候が味に影響するタイプのフロマージュです。同じ製法でも作る土地が違えばそことは違う風味になる、という特徴があります。

モッツァレラ

Photo bypixel2013

関連するまとめ

人気の記事