仮歌バイトは歌って稼げる?内容・求められるレベルや評判などを紹介

仮歌バイトは歌って稼げる?内容・求められるレベルや評判などを紹介

歌を唄うことは好きなんだけど、歌うことを本業にするにはハードルが高過ぎると感じている方でも、仮歌を唄ってバイトで稼げるなら面白いかも知れません。仮歌バイトの仕事内容や求められるスキル、仮歌バイトの評判、安全な募集サイトなどを紹介して行きます。

記事の目次

  1. 1.仮歌バイトの仕事内容とは
  2. 2.仮歌バイトの気になる報酬金額!
  3. 3.仮歌バイトの応募資格は?下手でも出来る?
  4. 4.仮歌バイトは安全な仕事?
  5. 5.仮歌バイトの評判
  6. 6.仮歌バイトがやってはいけないNGと注意点
  7. 7.仮歌バイトは歌好きの人は挑戦してみるべき!

仮歌バイトの仕事内容とは

音楽
Photo byPexels

仮歌バイトとは、あまり聞き慣れないバイト名ですが、仮歌というぐらいなので歌を唄うバイトだとは想像がつきます。そもそも仮歌とは一体どんな歌のことなのでしょう。また仮歌バイトの仕事内容は、何となく音楽業界に関われるようでワクワクする気がするのですが、実際にはどんなことをするバイトなのでしょう。

仮の歌を歌って録音する仕事

レコーディング
Photo byarembowski

仮歌バイトとは一口に言って仮の歌を唄って録音する仕事です。アーティストが新曲を制作する時、作曲家は新曲のデモにカラオケだけじゃなく仮の歌が録音されていれば、アーティストやプロデューサーに曲のイメージを伝えやすくなります。

つまり仮歌バイトとはアーティストやプロデューサーに曲のイメージを伝えるために、作曲家が仮歌シンガーに直接録音を依頼するバイトなんです。

シンガーソングライターの場合は自分で仮歌デモを作る場合が多いのですが、乃木坂46、AKB48などのアイドル系の楽曲デモの場合にはほとんど仮歌バイトが使われます。

ですから仮歌バイトは、一般の視聴者より先きにアーティストの新曲に触れることが出来るという、魅力的なバイトでもあるのです。

コンペの提出用に使われる仮歌

コンペ
Photo bygeralt

アーティストの新曲制作のプロジェクトが立ち上がった場合、制作側は何人かの作曲家に新曲の作曲を依頼します。そしてコンペ形式で新曲を選考して作曲家を決定します。

依頼された作曲家はコンペに勝ち残るためにレベルの高い曲を作ろうと努力します。その為には楽譜だけではなく、アーティストのイメージにあったデモテープを作ります。曲に歌詞が付いていれば仮歌を入れたデモでアピールする必要があります。そのコンペ提出用に仮歌シンガーが使われるのです。

新曲の暗記・練習用の仮歌

レッスン
Photo byBEP

意外に思われるかも知れませんが、アーティストの中には譜面が苦手な方もいます。そんなアーティストが曲を暗記するためや練習するために仮歌が利用されることがあります。

もちろん譜面が読めても、耳で聴く仮歌のほうが曲のイメージをつかみやすいという利点もあります。また制作プロデューサーや作曲家の中にはアーティストが譜面に縛られて練習するより、仮歌で新曲を覚えたほうがより個性や魅力が引き出せると考える人もいます。

仮歌のその他の使われ方

レコーディング
Photo byDayronV

作曲家のなかには、自分の作品を何人かの仮歌シンガーに歌ってもらい、声の質、トーンの表情、発声の違いなどを聴き比べて曲のイメージを確認したり、実際に新曲を歌うアーティストに合うかどうかを判断する方もいます。

またTVコマーシャルのなかで、歌われる短いワンフレーズのメロディーを仮歌シンガーに依頼する場合もあります。このように仮歌の使われ方は様々なので、仮歌バイトにも色んなケースがあるわけです。

仮歌バイトの気になる報酬金額!

マイク
Photo byrafabendo

仮歌バイトはプロのアーティストではないので著作権や印税は発生しません。一般的なバイトは時間給がほとんどですが、仮歌バイトの報酬はどのような基準に基づいてる支払われるのでしょう。またレベルやスキルによっても報酬が変ってくるのでしょうか。相場の金額は一体どのくらいなのでしょう。

時給ではなく一曲単位

報酬
Photo bynattanan23

仮歌バイトの報酬は、時給ではなく1曲当たりいくらの単位で支払われます。仮歌の内容や使用用途、シンガーのレベルによりかなり幅がありますが、通常1曲当たり2,000円〜10,000円が相場です。

時給に換算すると高いようでもあるけれど、録音に時間がかかれば何とも言えません。録音を短時間で終らせられれば高い時給で稼いだことになりますが、作曲家などの依頼者のOKが出なければ録音が長引くことになります。

仮歌のOK出しの決定権は依頼者にあるので、仮歌シンガーはOK出しを早く貰うことが報酬を短時間で稼ぐことになります。曲数を多くこなせばそれだけ多く稼げます。そのためには作曲家の作品の求めるイメージを早くつかむことが大切なポイントになります。

仮歌バイトの勤務時間は平均2時間

次へ

関連するまとめ

人気の記事