コンセント修理は資格が必要?交換方法・費用・注意点や業者の選び方を紹介!

コンセント修理は資格が必要?交換方法・費用・注意点や業者の選び方を紹介!

コンセントを修理するときは。壊れた場所によって資格が必要な場合や費用が異なるときがあります。コンセントの修理における注意点をしっかりとわかっていないと大変なことになってしまうのです。安全にコンセントの修理をさしたい方はこちらをご覧ください。

記事の目次

  1. 1.コンセントの修理前の確認
  2. 2.コンセント修理の注意点
  3. 3.コンセント修理【交換方法】
  4. 4.コンセントの修理内容と費用
  5. 5.コンセント修理業者の選び方
  6. 6.コンセント修理は内容によって資格が必要!

コンセントの修理前の確認

フリー写真素材ぱくたそ

コンセントが壊れてしまった。こうなったら業者に頼むしか方法はない。このように悩んでいる人は、ブレーカーの確認などしっかりとおこなってから業者の方にお願いをしてみましょう。そうすることで、安心してコンセントの修理をおこなえるのです。

ブレーカーの確認

フリー写真素材ぱくたそ

確認の注意点としてブレーカーが上がっているのか、または下がっているのかを確かめます。ブレーカーが上がっていればコンセントの故障、下がっていれば電気の使いすぎなのです。この場合は再びブレーカーを上げることで対策ができます。修理はブレーカーが上がっていた場合です。

コンセントが壊れているので業者の方に頼んで修理をしてもらいましょう。ブレーカーが下がっており、上げても使用できないときも専門の業者にお願いをして修理をしてもらいます。個人で作業をおこなうことは大変危険ですので、必ず業者に連絡をしてコンセントを修理しましょう。

違うコンセントで電化製品を使ってみる

Photo by odysseygate

特にブレーカーの問題が見つからなかった場合は使っているコンセントが壊れている可能性がありますので、別のコンセントを使っている家電を使いましょう。そのコンセントが使えるなら問題は解決できます。特に修理を依頼する必要はありません。

しかしコンセントに余裕がない場合または別の物も壊れていたときは業者に頼んで修理してもらう必要があります。コンセントの費用は業者によって異なってきますので、選び方を確認してコンセント業者にお願いをします。修理の資格を持っている業者を対象に選んでいきます。

コンセントで何度か試す

Photo by atgw

何回も試してみる方法も友好的な方法です。家電が壊れているのかそれともコンセントを修理する必要があるのかがしっかりと分かり、業者に修理を依頼する際に修理内容を伝えやすくなるからです。家電に問題があるのなら、電気屋に依頼します。

コンセントに問題がある場合は、修理の資格をきちんと持っている業者に依頼します。予算や修理内容をしっかりと決めてから依頼すると手続きがスムーズにおこなえます。自分で修理すると火事になってしまうなどの被害に合うリスクが高くなるので、業者に依頼しましょう。

車でコンセントを使う方法は?おすすめの変換機器や取り付け方法を解説!のイメージ
車でコンセントを使う方法は?おすすめの変換機器や取り付け方法を解説!
車で家電を使いたいと思ったことがある人もいるでしょう。しかし、コンセントをどうつなげばいいのかわからないという場合もあります。そこで、車でコンセントが使えるようになる変換装置であるインバーターやその取り付け方法をご紹介します。

コンセント修理の注意点

フリー写真素材ぱくたそ

注意点としては、3つあります。コンセントを修理するための資格が必要となる他、自力で修理をすると火事のリスクが高まり、また法律上問題点が生じてしまう可能性もあるからです。下記では注意点の詳細を紹介するので、コンセントが壊れた人は確認をしましょう。

この注意点をしっておくと、安全性が確保された上でコンセントの修理ができるので、素早くかつ安全に修理をしたいと考えている人におすすめの内容となります。確認しておかないとさまざまな危険に遭遇してしまうリスクがあるのです。

資格が必要

Photo byJESHOOTS-com

コンセントの口部分とコードは未資格でも自分で修理ができますが、コンセントの中は資格を持っていないと修理ができません。ですからプロに依頼をする際は外側が壊れているのかまたは内側を修理する必要があるのかをひとつの判断材料としましょう。

資格を持っていなくても修理できる場所としては、コンセントのキャップ部分またはプラグ部分となります。プラグ交換に必要なものは電線、ネジ、ドライバーそして新しいプラグとなります。自分で修理するとコストが下がるのでできる方は試します。

火事

Photo byskeeze

個人で修理する際の注意点としては、間違った方法で修理をしてしまいますと火事になってしまうリスクがあります。電気は目に見えませんが、火事を起こしてしまうほどの火力があるのです。目に見えないマッチといっても過言ではないでしょう。

器用な方ならびに、コンセントの修理についてある程度の知識や資格を持っている方が修理するとリスクは少ないですか、資格を持っていないかつ細かい作業が苦手な人は業者の方に頼んだほうが家事のリスクを抑えられるかもしれません。

法的な問題

Photo byqimono

コンセントの中身、配線部分などを資格なしかつ勝手に修理をしてしまうと違反になり、30万円以下の罰金または1年以下の懲役が科されます。そして火事のリスクもあるのです。このようなリスクを考えるときちんと業者にお願いをしてきっちりと修理をしてもらいましょう。

そうすることで、罰金や懲役さらには火事のリスクをなくすことができるのです。自分で修理できる部分はコンセントの外側となり、けっして中身は資格を持っていない状態でしないことを覚えておきましょう。リスクを増やすのもまた減らすのもあなた次第です。

車の擦り傷は自分で修理できる?費用やコンパウンド・塗装方法も紹介!のイメージ
車の擦り傷は自分で修理できる?費用やコンパウンド・塗装方法も紹介!
車のドアノブ周辺には小さな擦り傷が多くできます。修理を依頼するほどではないので放置している人がいます。しかし、放置するとサビの発生などにつながります。車の擦り傷はコンパウンドなど使えば簡単に修理が可能です。費用をかげずに擦り傷を修理する方法を紹介します。

コンセント修理【交換方法】

Photo by けんたま/KENTAMA

コンセント修理には、自分でできる仕事と自分でできない仕事があります。できる仕事につきましては、資格を持っていなくても修理の注意点をしっかりと覚えていれば、修理をすることができます。しかし、できない仕事だと資格が必要になる他に注意点を覚えておかないと火事のリスクが高まります。

資格を持っていなくてもコンセントの交換に関する知識をある程度持っていることが必要となります。なぜならコンセントをさらに壊してしまうリスクがあるからです。こちらでは自分でできる仕事とできない仕事についてまとめていますので確認をよろしくお願いします。

自分でできる工事

Photo by necamax

自分でできる仕事は、コンセントの外側に当てはまる部分となります。コンセントの修理に必要な道具を揃えれば、修理ができますが、資格を持っていなくてもコンセントを修理する上での情報をきちんと確認してからコンセントの修理をおこないます。

もちろん、コンセントの外側も業者にお願いができますが費用が少し高くなってしまいます。しがって費用を安く済ませたい方は自分で部品を購入してきてからコンセントを修理しましょう。部品のみの費用で抑えられます。

自分でできない工事

Photo byimage4you

自分でできない仕事としては、コンセントの内側部分である内線などが壊れてしまったときです。コンセントの外側を修理しても、家電などの電源がつかなくなったら、内線が壊れていると疑いすぐにコンセントの修理を業者にお願いをしましょう。

内線は、資格が必要となります。資格を持っていない状態にてコンセントを修理してしまうと違反や火事のリスクが高くなりますので、資格を持っていない人は業者の人にお願いをしましょう。選び方は予算ならびに修理プランを基準としていきます。

コンセントの修理内容と費用

Photo byAlexanderStein

コンセントの修理内容ならびに費用は業者によって異なります。こちらでは相場を紹介しますので、業者選びの参考にしてみてください。安く済ませようと費用があまりかからない業者を選んでしまうと、すぐに修理部分が壊れるリスクがある他に高すぎる業者は詐欺の可能性があります。

業者の選び方として、自分の予算にあったところはもちろんのこと信頼できる会社であるのかなど、事前に下調べをしてからコンセントの修理をお願いしましょう。修理の内容や費用がどのくらいかかるのか気になる方はこちらも確認をしていきましょう。

壊れたコンセントの修理

Photo bypicjumbo_com

壊れたコンセントの修理における費用は3,000円以上となります。自分で修理ができる自信がある方は自分で修理をしたほうが安く済ませられることでしょう。部品だけの費用なら3,000円以上もかからないからです。しかしコンセントの外側に限りますので注意点として覚えておきます。

自分で修理する自信がない人またはコンセントの内側が壊れてしまった場合につきましては、業者に依頼しましょう。そうすることで、違反や火事のリスクを下げることができるからです。業者の選び方としては、プランや費用を目安にしていくとよいでしょう。

コンセントカバーの交換

Photo by けんたま/KENTAMA

コンセントの外側すなわちカバーの交換につきましては、3,000円となります。カバーの交換も自分でできますので部品だけの費用で済ませたいと考えている人は業者に頼まず、自分で修理してみるのもありです。部品の選び方がわからない方は業者に依頼します。

注意点をしっかり頭に入れて作業をしないと火事や怪我のリスクがありますので、修理をする前に注意点を覚えましょう。業者に依頼する場合はすぐに来てくれる近くの業者に依頼するとよいです。そうすることでコンセントのトラブルをすぐに解決できるのです。

コンセントの増設

Photo byeihnenfeldt

コンセントの増設は5,000円以上となります。このプランにつきましては場合によって内線を触る必要がありますので資格がないとできません。よって必ず業者にお願いをしてみましょう。あらかじめ増設したい場所を決め業者に伝えておくとスムーズに増設作業が始まるのです。

ある程度の場所を決めてから詳細をコンセントの増設におけるプロである業者にお願いしてみるのも良い方法でしょう。コンセントの位置が自分で決めることができないと悩んでいる方は少し時間がかかりますが、業者にコンセントの増設場所を決めてもらいます。

コンセントの新設

Photo by haru__q

コンセントを新設する場合は屋内に設置するのかまたは屋外に設置する場合で費用が異なります。屋内に新設する場合につきましては、12,000円以上となります。業者だと専用コンセントの設置となるので費用は少し高めです。業者のプランによっては割引を用意している場合もあります。

屋外に新設する場合は15,000円以上となり、屋内に設置するよりも少し高くなります。安くお願いをしたいまたお得にコンセントをなおしたいと考えている人は特典を基準に業者を選んでいきます。交換よりも新設のほうが高い費用となるのです。

コンセント修理業者の選び方

Photo by haru__q

こちらでは、コンセントの修理業者における選び方を紹介します。主な選び方のポイントは6つあります。工事内容をしっかりと説明をしてくれること、騒音問題に対してしっかり対処をしてくれる業者を選びましょう。

工事内容が的確に説明されないと、勝手に追加プランで工事が進んでいき、予算を大幅に上回った金額で請求がされてしまうこともあるのです。そのようなことがあってしまっては困ります。騒音もご近所トラブルに繋がってしまうのです。トラブルに対応してくれる業者を選びます。

工事内容を説明してくれること

Photo byStockSnap

コンセントを修理する前にしっかりとプランに合った内容で工事を進めてくれるという説明があるのであれば、どのように工事が進んでいくのか的確に説明をしてくれます。しっかりと説明をしてくれない業者は勝手に追加プランでコンセントの修理を進めてしまうこともあるのです。

このようなリスクがあっては、余分な出費や時間がかかってしまうので、業者の選び方におけるポイントとして説明をしっかりしてくれることは欠かせません。コンセントの交換をしっかりとしている業者は安心して依頼ができます。

期間・騒音問題の対処をする業者

フリー写真素材ぱくたそ

工事期間中にどうしても起こってしまう工事トラブルのひとつとしてあげられるのが、騒音です。特に住宅街に住んでいる人はご近所トラブルとなってしまうリスクがあります。

騒音問題に対して解決をしてくれる業者を選び方の基準にしましょう。そうすることで、ご近所トラブルになってしまうリスクを下げてコンセントの修理ができるようになるのです。

実績のある電気工事会社

Photo byStartupStockPhotos

安くてお願いできるから、聞いた事のないまた実績がない業者でもいいやと考えている人は注意が必要です。なぜならまれに詐欺会社が紛れている他、しっかりとした資格や知識を持っていない可能性が考えられるので、火事などのリスクがあります。

違反に工事したからと罰金を科されてしまう可能性があるのです。安いからとコンセントの修理会社における選び方の参考にせずにきちんと実績があるのか確認をしていきましょう。実績のある会社のお得なプランを利用するとよいです。

事前に専門分野の把握

Photo byStartupStockPhotos

コンセントを修理してもらう業者を選ぶ前に、その業者の専門分野を把握しておきましょう。コンセントの交換をしてもらうのか、それとも新設してもらうのか事前に決めておくとスムーズです。

この作業を怠ってしまうと、修理してもらいたい部分の修理プランが無かったりすると業者選びに時間がかかってしまうのです。しっかりと専門分野を把握しましょう。

工事終了後のアフターケア

Photo by omni_sight

工事後のアフターケアがしっかりしている業者は、保証がありもしものときでも安心です。業者の責任でコンセント部分が壊れてしまった場合または不意に壊してしまったときも無料で交換をしてくれるのです。アフターケアがあるのかきちんと確認をしましょう。

地域からの信頼が厚い

Photo bypasja1000

地域からの信頼が暑い業者を選ぶと、ご近所トラブルのリスクを下げることができるでしょう。あの業者のはいい業者だとご近所さんが認知してくれていることで、コンセントの交換で生じる騒音のクレームいってくる人が少なくなるからです。

コンセント修理は内容によって資格が必要!

フリー写真素材ぱくたそ

コンセントの修理は外側なら資格は不要ですが、内側を修理したい場合は資格が必要となりますので業者への依頼が必要不可欠です。また外側でも自分で修理する自信がない人も業者にお願いをしたほうが安全にコンセントの修理がおこなえるのです。

クッキ
ライター

クッキ

クッキと申します。 よろしくお願いします。

関連するまとめ

人気の記事