オルゴナイトの構造や簡単な作り方を紹介!必要な材料やコツもチェック

オルゴナイトの構造や簡単な作り方を紹介!必要な材料やコツもチェック

オルゴナイトとはネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変えてくれる、今大注目を集めているスピリチュアルアイテムです。そんなオルゴナイトが簡単に自作できるのはご存知でしたか。オルゴナイトの構造と簡単な作り方やそのコツをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.オルゴナイトとは自作できるパワーグッズ
  2. 2.オルゴナイトの構造・必要な材料
  3. 3.ピラミッド型オルゴナイトの簡単な作り方
  4. 4.ペンダント型・ストラップ型のオルゴナイトの作り方
  5. 5.オルゴナイトの注意点
  6. 6.オルゴナイトは今注目のスピリチュアルなアイテム

水晶には種類があり、オーソドックスな透明のクリスタルや、ピンク色のローズクォーツ、乳白色のミルキークォーツ、くすんだ色のスモーキークォーツなど、紫色のアメジストなど色によって様々な水晶があります。

銅線

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

太さは0.7~0.9mmくらいの太さがおすすめです。金属のコイルなら何でも良いです。ホームセンターや100円ショップで売っています。銅線は水晶に巻き付けたり、渦巻き型に加工したりすることによって、オルゴンエネルギーに作用します。

金属のくず

金属のくずは銅線と同じく100円ショップやホームセンターに売っている金属たわしで作ります。金属のくずの作り方は金属たわしを細かく切れば完成です。金属のくずもポジティブなオルゴンエネルギーを放出するのに大切な役割を持っています。

レジン樹脂を固める型によって仕上がりが変わってきます。大きな型やピラミッド型はインターネットで購入することが可能です。また、自作することもできます。アクセサリーや小型のものを作ための型は100円ショップでも売っています。

お菓子作りなどで使用するシリコン製の型が出来上がったあとにはがしやすいのでお勧めです。また、型の内側がツルツルしている場合はクリアな透明のオルゴナイトが作れます。マットな色合いが好きな場合は、型の内側がザラザラしているものを選びましょう。

持ち歩くために必要な材料

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

持ち歩くために必要な材料でお勧めなのが「ヒートン」というアクセサリーパーツです。出来上がったレジンに取り付けて、アクセサリーの金具と繋げて使います。

ヒートンがあれば完成したオルゴナイトをキーホルダーやストラップ、その他アクセサリーにとして簡単に持ち歩くことができます。

あると便利なもの

オルゴナイトを自作する時にあると便利なものとしてラメパウダーやビーズなどがあげられます。ラメパウダーはキラキラ感を出すことができ、ビーズはいろんな形があるので好きな形のビーズを一緒にいれ、自分好みのオルゴナイトにカスタマイズすることができます。

またレジンの着色するためのインクもあり、オルゴナイトの色を好きな色で自作することもできます。どの材料も100円ショップまたはインターネット、手芸店で購入できます。他にも、お好みで入れてみたいものをいれてみるのもお勧めです。

ピラミッド型オルゴナイトの簡単な作り方

Photo bySimon

オルゴナイトのスピリチュアルなパワーは黄金比であることが一番発揮するといわれており、ピラミッド型のオルゴナイトが人気です。ピラミッド型のオルゴナイトは簡単に作ることができます。それでは、ピラミッド型のオルゴナイトの作り方をご紹介します。

道具を用意する

先ほどご紹介した、オルゴナイトを作るための材料を準備します。その他に銅線を扱うため、ニッパー類、材料を型にいれる用のピンセットがあると便利です。

また、レジンは加工するまで直接触らないほうが良いので、薄いビニール手袋、レジンを型に入れるとでてくる気泡を抜くための爪楊枝を用意しましょう。

Photo byMichaelGaida

その他にも、新聞紙や要らない紙を用意することもお勧めです。新聞紙などを机の上にひいておけば、机の上を汚さずにオルゴナイトを自作することができます。また、最後の片付けも新聞紙をひいておくことによって楽にできるでしょう。

ピラミッド型を作る

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事