タオルの収納方法&たたみ方のアイディアまとめ!これで洗面所がスッキリ!

タオルの収納方法&たたみ方のアイディアまとめ!これで洗面所がスッキリ!

ふわふわのタオルは気持ちいいけれど、収納に困りませんか。かさばるタオルを上手く収納するには、どんなアイディアがあるのでしょう。100均アイテムを使ったり、たたみ方をかえるだけでも、違うんです。洗面所で邪魔になりがちなタオルを、おしゃれに収納してみましょう。

記事の目次

  1. 1.タオルの収納アイディアを紹介
  2. 2.タオルを見せる収納方法
  3. 3.タオルを隠す収納方法
  4. 4.タオルの収納アイデア【場所別】
  5. 5.タオルの収納グッズ【無印良品】
  6. 6.タオルの収納グッズ【100均】
  7. 7.タオルの収納方法【たたみ方】
  8. 8.タオルは収納次第でおしゃれに!

以上のように、見せるタオル収納についてご紹介してきましたが、いくつかのことに注意すれば、さらに美しく見せる収納を実現させることが出来ます。一体、何に気を付けるべきなのでしょうか。

まず第一に、収納するタオルの大きさを揃えましょう。ひとつの収納スペースにいろんなサイズのタオルがあると、どうしてもバランスが悪くなります。サイズ別に収納場所を分けるといいでしょう。

次に気を付けたいのが、たたみ方です。たたみ方を統一すると、見た目にも美しい収納になり、かつ、タオルをしまいやすくなります。後でタオル収納に適したたたみ方をご紹介しますので、そちらも参考にしてみてください。

最後のダメ押し注意は、たたんだタオルの向きを揃えることです。この部分を怠ってしまうと、美しい収納としては残念な結果になってしまいます。美しく見せる収納を目指すなら、こういった細かい部分にも気を配るといいでしょう。

タオルを隠す収納方法

Photo byalgria

タオルの見せる収納にどうにも抵抗がある人は、従来通りの隠す収納を実践しましょう。見せる収納も、やり方が悪いと生活感のみを見せる収納になってしまいます。隠す収納なら人目に触れることも少ないので、そういうことになる心配はありません。

隠す収納といっても、目隠しの中がごちゃごちゃでは収納の意味がありません。見えても見えなくても、扱いやすい収納を心掛けるべきです。タオルを隠して収納するのは、どこがいいのでしょうか。

①引き出し

フリー写真素材ぱくたそ

引き出しこそ、物を収納するためにある場所と言えるでしょう。大きささえ合えば、タオルの収納も難しいことではありません。見えないからといって、ただやみくもに詰め込むのはおすすめ出来ません。たとえ目に見えない部分であっても、機能的であることが望ましいでしょう。

引き出しには、タオルを種類別に収納してみましょう。バスタオルやフェイスタオルなどサイズがいろいろあるので、それらを一緒にまとめると見映えも悪くなってしまいます。

Photo byTesaPhotography

小さいタオルはこっち、大きいタオルはこっちというように、引き出しごとに収納するタオルを決めると、収納もしやすくなります。中に仕切りのない引き出しなら、100均の収納ケースなどを上手く利用し、タオルをさらにしまいやすい工夫をしてみるといいでしょう。

そうすることで、隠された収納でもタオルが取り出しやすくなり、タオルの出し入れにイライラする必要はなくなるでしょう。見えなくても、整理整頓することが大切です。

②棚

洗面所には元々、タオルやその他の雑貨をしまうための棚が付いていることが多いでしょう。こういった収納棚には基本的に扉が付いていますし、隠したい収納にはもってこいです。ただし、備え付けの収納にはスペースの限りがありますので、考えて収納することが求められます。

平置きしたタオルはかさばりやすく、下のタオルを取り出すのにも手間取ってしまいます。それを防ぐには、なるべく立てて収納するのが便利だと言えるでしょう。スペースの節約になります。

③DIY

Photo by27707

置きたい場所にぴったりはまる収納が見つからないこともあるでしょう。仕方なく他の場所で手を打つのもありですが、いっそDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。ないものは作ってしまえばよく、欲しい場所に欲しいものを置けるのが、DIYのメリットです。

DIYといっても、一から収納家具を作ったりするわけではありません。壁に板を設置するだけでも立派なDIYですし、タオルを収納するくらいなら問題なく使えます。

Photo byCecilJames

簡単なDIYでは、隠す収納が出来ないでしょうか。そうとも言えません。壁に板を取り付けただけの収納棚でも、目隠しをすることは可能です。つっかえ棒を使って、お好みの布を通せば立派なカーテンになります。ピンで布を留めておくだけでも、簡単に隠す収納にすることが出来ます。

タオルの収納アイデア【場所別】

Photo bykoshinuke_mcfly

タオルをどこにしまうのかも、収納に関連して重要なポイントです。使用頻度の高さから考えると、洗面所が一番多い収納場所だと考えられます。洗面所にタオルを収納している人は多いと思われますが、どのような場所に、どんな形で収納しているのでしょう。

こちらでは主に洗面所にスポットを当て、さらに細かい場所別の収納アイディアをご紹介しましょう。今まで洗面所にある収納を使うだけだったなら、目から鱗のアイディアもあるかもしれません。

①洗面所の横

洗面所のすぐ横にタオルを収納することは、よくあることでしょう。見せる収納にしても隠す収納にしても、一番必要な場所のすぐ近くというのはメリットが多いものです。タオル掛けは洗面台周辺に設置してあることがほとんどなので、濡れたタオルを取り換えるにも動線に無駄がありません。

洗面所の横に収納を設けるアイディアもありますし、洗面台下のスペースをオープンにし、そこをタオル収納に使うというアイディアもあります。取り出しやすさも、洗面所横収納の利点です。

②洗面所周辺のデットスペース

洗面所周辺は、意外とデッドスペースに溢れているものです。こんな狭い場所に収納は無理だろうと思っていても、便利な収納グッズやアイディアを駆使すれば、タオルを収納することが出来ます。何もない壁にもちょっと手を施せば、立派な収納スペースが生まれます。

100均でも購入可能な木製ボックスを壁に取り付け、そこにタオルを収納するというアイディアもあります。タオルは軽いので、簡単な手作り収納でも上手くしまうことが出来るのです。

③洗濯機の上

洗濯機上のスペースを、勿体ないなと思ったことはありませんか。ドラム式でないタイプの洗濯機も、蓋を開けるスペースさえ確保すれば自由に使うことの出来るスペースです。洗濯機の上をまたぐように設置出来る棚があれば、2~3段の収納スペースを新たに設けることが出来るようになります。

有効なスペースである反面、埃や湿気が気になるのも事実です。埃はこまめに掃除をするか目隠しをすることで防止し、湿気はなるべくたまらないように換気を怠らないようにしましょう。

④洗濯機の側面

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事