ユニクロの3WAYバッグへの評判を調査!ビジネスにぴったりな使いやすさ!

ユニクロの3WAYバッグへの評判を調査!ビジネスにぴったりな使いやすさ!

ユニクロでオンライン先行販売された3WAYバッグの実用性やデザインなどの口コミや評判を調査してまとめた情報をお伝えしておきます。特に3WAYバッグの種類や使い方など気になる情報やビジネスにおいてのユニクロの実用性なども見所になっています。

記事の目次

  1. 1.ユニクロの3WAYバッグの評判ってどうなの?
  2. 2.ビジネスバッグに求めるものとは
  3. 3.ユニクロの3WAYバッグの仕様・特徴
  4. 4.ユニクロの3WAYバッグの3パターンの使い方
  5. 5.ユニクロの3WAYバッグの口コミや評判
  6. 6.ユニクロ以外の3WAYバッグも見てみよう
  7. 7.優秀なユニクロの3WAYバッグを使ってみよう!

ユニクロの3WAYバッグの評判ってどうなの?

Photo by diloz

ユニクロには今回紹介させて頂く3WAYバッグを始め、リュックから手持ちの鞄までデザインがシンプルで機能性が高くユニクロにはビジネスシーンに適した商品が数多くあります。シンプル且つ大きな容量がのある実用的なリュックが多いのも評判です。

ユニクロの商品はリーズナブルで派手すぎないデザインが特徴的で、そのデザインから老若男女問わずどなたでも身に着けられると評判で安心です。それはどんなシーンにでも浮かないアイテムでもあります。

3WAYバッグは三段活用する事で、様々なビジネスシーンや移動時に機能を変えて使用する事で効果を発揮します。シンプルなデザインもさることながらビジネスシーンでもデザインを損なわず、実用性の高い3WAYバックの口コミや評判をご紹介させて頂きます。

ビジネスバッグに求めるものとは

Photo byFree-Photos

リュックやバッグは実用性も大切ですが、取引先の方やお客様と対面した際に目に入る個人の印象の一つでもあります。派手すぎてしまえば悪目立ちしてしまいますし、実用性ばかりに偏ってしまえば不格好な印象になりかねません。

また移動時の事も考えるとなるべくコンパクトに抑えておきたい所です。移動の多いビジネスマンにとって仕事用鞄は必要な物をスムーズに取り出せるような構造でなければなりません。もたついてしまうだけでも管理が出来ていないと思われてしまいかねないからです。

ユニクロの3WAYバックは容量、主張しすぎないデザインの両方のメリットを兼ね供えているのでとてもビジネスシーンに適したリュックと言えます。

派手過ぎないデザイン

Photo byDonaYoo

ユニクロの3WAYバッグはとてもシンプルなデザインが評判で、落ち着きのある色合いで無駄なデザインがありません。シンプルな構造ゆえに内容の確認も取れ易くなっています。

不必要なロゴなどの主張もなく、ビジネスの場において見た相手に対して不快感や横柄な印象を与えないという大きなメリットがユニクロのデザインにはあります。

一見質素で個性が無いようにも取られがちですが、ビジネスおいて質素であるというのはとても大切なことです。謙虚であり実直な印象を与えることができます。

容量が大きい

フリー写真素材ぱくたそ

仕事をする上でバックの容量はとても大切です。ユニクロの3WAYバッグはシンプルな収納でどこに何をいれたかすぐに把握できます。シンプル構造のため容量もたっぷりとあり、パソコンはもちろん他に多くのガジェット類も収納可能です。

収納スペースも十分な容量を確保できますので心配ありません。多くの資料を運ぶビジネスマンにとってはとても助かります。他のアパレルのブリーフケース等の鞄に比べてもユニクロのバッグはやや大きく作られているようです。

邪魔にならない・動きやすいデザイン

Photo bystokpic

仕事をしている方は一度は経験しているかと思いますが、たくさんの容量を抱えながら急いでの移動や満員電車に乗るシーンに出会す事もあります。そんなときにユニクロの3WAYバッグは有効性を発揮します。

ナイロンの生地を使用しているためスーツなどにも相性がとても良いです。ナイロンは生地の滑りがよく弾力性に優れているのでスーツとバッグのどちらにもシワやキズもつけにくいので安心して大胆に動くことができます。

デザインはカチッとしたスクエア型のシンプルなデザインになっています。やや大きめではあるものの納まりの良い形状のため移動時はもちろん座っている時に、抱え込むような形をとっても邪魔に感じることはないでしょう。

雨に濡れてもOK

Photo by hyakushiki_thebest

今回ユニクロの3WAYバッグは旧作に比べて防水性が高くなっているのが評判です。完全防水の生地を使用している為雨に濡れてもバッグの中は心配ありません。仕事で使う大切な資料、電子機器等のガジェット類を守ってくれます。

容量も大きい為パソコン等の持ち運びにもとても重宝します、また、外側についているファスナーも止水使用になっていますので細かい物や頻繁に取り出す物など出し入れも安心です。移動時に突然雨に見舞われてしまうことは良くあるハプニングですので安心して外出できます。

ユニクロの3WAYバッグの仕様・特徴

Photo by Peter Morville

ユニクロの3WAYバッグはブリーフケース仕様の横、リュック仕様の縦のどちらで自立させることができるのが特徴です。背中はメッシュ素材になっていて蒸れにくい仕様になっています。

ファスナーを全開にすると、かなり広範囲に開くことができるので大きい容量でも出し入れをスムーズに行うことができます。表面にある止水ファスナーは財布や手帳などを入れるのにちょうどいいサイズになっています。

また取手付近にも二つポケットがありこちらもボールペン入れや名刺入れに良いサイズ感となっていてスムーズに出し入れができる仕様になっています。

A4のノートPCが入るサイズ

フリー写真素材ぱくたそ

特に評判なのがノートパソコンを入れてもまだ容量に余裕が残る収納製です。様々なガジェット類を収納することができるのは大きな利点ですが、何よりもビジネスシーンにおいてどんな場面でもパソコンをスムーズに取り出せるのは大きなメリットです。

全面的にファスナーが開くユニクロの3WAYなら様々なビジネスシーンで活躍できます。やや大きめに作られているユニクロの3WAYバッグは容量が多く余裕を持った収納のためパソコンを取り出す際ポケットに干渉することなくスムーズに取り出せます。

内側にクッション性の素材

Photo bydramitkarkare

バッグの中はクッション性の素材となっていますのでノートパソコンなどのガジェット類の干渉から安心して収納することができます。外からの衝撃にもある程は吸収してくれそうです。

背中部分も共通にメッシュとクッション素材でできているためリュックとして背負っている時も中の物でゴツゴツしてしまったりなどの不快感はありません。

素材はナイロン100%

Photo bygeralt

ナイロンは化学で作られた合成繊維のことです。ナイロン主な特徴としては、耐久性がとても高いです。また弾力性が高いためシワやキズなどがつきにくいのが特徴です。吸湿性が低いため少しの水なら弾いてくれるので防水面を考えるととても優秀な素材です。

仕事道具として使う以上様々な状態での摩耗は避けられません。バッグやリュックは思ってる以上に気づかないシーンで消耗しています。移動時人にや壁などに接触してしまっていたり、床や椅子に置かざるを得ないシーンも十分に考えられます。

唯一デメリットとしては熱に弱いという点があります。冬場はストーブや熱源の近くには置いて置かないようにしましょう。ナイロンは繊維が溶けてしまったり変形してしまうので型崩れの原因になりますので注意しましょう。

収納が多い

フリー写真素材ぱくたそ

今回のユニクロの3WAYバッグで評判が高いのがたくさんの容量を収納ができることです。旧作よりも大きめに作られているのもあり1泊ほどの出張であれば悠に過ごせてしまうの収納力があります。

外側にはポケットが3つありすぐに取り出したい物や良く使うものなどは外側の収納を利用すると良いでしょう。中の収納はノートパソコンがすっぽりと入ってしまうポケットがあり滑り止めのバンドもついています。

反対側には2つに分かれたポケットのなっていてハードカバーの本やiPadなども収納できるようになっています。中の収納は大きめのポケットが占めているようなので細かい収納は外側のポケットを利用するのが良いです。

お手頃な値段

Photo by mikecohen1872

ユニクロの3WAYバッグは約4000円程で購入することができます。この機能性とデザイン性を考えるとかなりお買い得な商品です。有名のメーカーやハイブランドで3WAYバッグを購入しようとした場合には桁が変わってしまいます。

口コミなどでも評判が広がりとても人気が高まってきていますので購入する店舗に出向く前に必ず在庫の確認をしておいた方が良さそうです。またオンラインでも購入できるので店舗に無い場合はユニクロのオンラインショップのチェックもしておきましょう。

ユニクロの3WAYバッグの3パターンの使い方

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

3WAYバッグの使い方はその名の通り3パターンの使い方があります。まずはリュックとして背負う形、肩に掛ける斜めがけのショルダーバッグ、手持ちのブリーフケースの形に分かれます。

このように状況の応じて自由に使い分できるのがユニクロの3WAYバッグの魅力になります。仕事道具の一つである鞄を自由に使い分ける事でストレスフリーなビジネスを展開していきましょう。それではそれぞれ3パターンの使い方を紹介します。

手持ち

Photo byGraphicMama-team

オーソドックスな手持ちスタイルです。手持ちで移動する時は両手を必要としない時であったり人とコミュニケーションをとっている最中ににすぐに必要なものを取り出すのに最適なスタイルです。長距離を移動するときには向きませんので短い距離を移動する時には最適です。

肩掛け

Photo byPexels

ショルダーバッグとして肩掛けするスタイルは通勤時や取引先への移動時に多いスタイルです。あまり荷物を入れすぎると肩にとても負担がかかってしまうため長距離を移動するシーンには向きません。

両手がフリーになるのため移動しながら持ち物を取り出せるので改札やセキュリティーチェックなどがあるところでは肩掛けのスタイルが一番安定しています。

リュック

Photo bymohamed_hassan

リュックとして使用するのが一番多いスタイルではないでしょうか。たくさん荷物を入れても両肩に重さが分散されるのでたくさんの容量を運べますし、長距離の通勤にも向いています。

荷物が取りにくいという難点がありますがそこはせっかくの3WAYなので状況に応じてスタイルを変えていきましょう。

とても便利で楽なリュックスタイルですが、昨今満員電車等の車内で混雑時は前に抱えて乗るようにしてくださいとのアナウンスが流れることもありますので、電車に乗車する際はマナーとして注意しておきたい所です。

ユニクロの3WAYバッグの口コミや評判

Photo bymohamed_hassan

ユニクロの3WAYバッグの評判はとても高い水準にあるようです。旧作に比べての評価が多く特に防水性の大幅な向上が評価されている傾向にあります。オンラインでの先行販売だったためかネットへの口コミがとても多く調べればすぐにたくさんの評価を見る事ができます。

そんな口コミを総合的に見てみると、なんと言っても低価格でクオリティな高い仕上がりになっていることが好評価につながっています。このクオリティで4000円前後で購入できる3WAYバッグは他のメーカーで見つけるのは難しいです。

満員電車でも邪魔にならない

フリー写真素材ぱくたそ

ユニクロの3WAYの大きなメリットは様々な状況に応じてバッグのスタイルを変えることができることです。満員電車でのマナーは最近特に厳しくなってきています。ほんの少しの接触でもトラブルに発展しかねません。

朝の忙しい通勤時、取引先への移動中はそんなハプニングに時間を取られてはいられません。そんなトラブルを少しでも回避するためにユニクロの3WAYバッグのスタイルを生かして通勤時のトラブルを上手く回避していきましょう。

リュックだと一人で多くの面積を占有してしまう上に、後ろの人への接触に気づかずトラブルに発展してしまう、というケースが後を立ちません。満員電車では斜め掛けのショルダーバッグスタイルやブリーフケースのスタイルに切り替えて持ち歩くのがベストです。

見た目が安っぽくなくていい

Photo byFree-Photos

ビジネスバッグはシンプルなものが良いとは言え、あまりに質素すぎると逆効果ですが、ユニクロの3WAYバッグは素材が100%のナイロン生地で作られているため質感や見た目も他のアパレルブランドと比べても全く遜色ありません。

4000円前後の価格でこの見た目ですからほとんどの方の及第点に達することは間違い無いでしょう。価格から考えて最大限の費用対効果を発揮できる商品になっています。

出張用にちょうどいい

フリー写真素材ぱくたそ

バッグ自体がやや大きめに作られているのもあって収納はたっぷりあり、1〜2日の出張であれば問題なく過ごせてしまいます。また大きすぎないので軽度な出張向きです。通常の通勤でも使えるバッグですので身軽に動く事ができます。

普段使いしているバッグが出張に使用できるのはとても大きなメリットです。普段から使い慣れているので何処に何が入っているのかが把握しやすく咄嗟に必要な物を取り出す際に、何処に収納したかわからなくなってしまう事がありません。

バッグ自体が軽いので楽

Photo byManosainz

ナイロン生地で作られているので大容量なのに軽いのが特徴です。やや大きい見た目で重量があるように見られるのですが、実際にバッグだけ背負ってみるとほとんど重さを感じません。またハーネスの幅も広く肩にかかる力を分散してくれるのでさらに楽に感じるはずです。

ユニクロ以外の3WAYバッグも見てみよう

Photo byFree-Photos

ユニクロのバッグもとても魅力的な商品ではありますが。何事も一つの事だけを追うよりも比較してメリットを十分に把握する事が大切です。他にどんなメーカーやブランドが3WAYバッグを出しているのか。機能性やデザインはどんなものがあるのか気になる所です。

個人によって好みや仕事での使い方は様々です。人によってはある程度無骨な物を選ぶ人もいれば、スタイリッシュにスマートな物を好む人もいます。それではユニクロ以外の3WAYバッグはどんなものがあるのか、僅かながら紹介していきます。

GREGORY イグザート3ウェイブリーフ

こちらはグレゴリーというアウトドアブランドの3WAYバッグです。グレゴリーはデイバッグが特に有名なブランドで70、80年代モデルが人気です。そんなアウトドアブランドのデザインは無骨で収納力、機能性も抜群です。

3WAYとしての圧倒的な収納力もさることながら無骨ながらも洗練されたデザインはハイブランドならではの象徴でもあります。ポケットの数も多く1〜2日の出張であれば問題なく過ごせてしまうでしょう。

NORTH FACE シャトル3WAYデイパック

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

ノースフェイスの3WAYバッグはユニクロのデザインともよく似ています。スタイリッシュな見た目であらゆるビジネスシーンに最適です。かなりの容量でたくさんの荷物を運ぶ事ができます。

ロゴが控えめで主張しすぎていない感じもとても良いです。カッチリとしたスクエア型なので縦、横どちらでも使える仕様です。ビジネスだけでなく日常のタウンユースとしても使えるので使い勝手は抜群です。

MAKAVELIC 3WAY GARMENT BACKPACK

一般的なナイロンと比べて光沢感が増していてカジュアルで上品な仕上がりになっています。タウンユースはもちろんアクティブシーンでもガシガシ使って行ける仕様になっています。少し変わった構造になっていて中は二層に分かれています。

こちらも少しの出張なら全く問題ない収納力でリュックのベルトには携帯などの小物が入るファスナーポケットがあるのが特徴的です。

優秀なユニクロの3WAYバッグを使ってみよう!

Photo byPettycon

ユニクロの3WAYバッグは収納力、機能性、デザイン性のどれをとっても優秀ですし、何より購入しやすい価格が魅力的です。これまでにあげたノースフェイス、グレゴリー、マキャベリックのブランドにも全く遜色ないクオリティです。

この価格帯で購入できる国内ブランドの3WAYバッグはなかなかありません。海外のマイナーブランドの格安商品も目につきますが、独特な匂いや材質に不満を持たれる方が多いようです。

国内ブランドのユニクロならではの使いやすく誰にでも合うユニクロの3WAYバッグを使ってその実用性を是非実感してみましょう。

ソコノマ
ライター

ソコノマ

初めましてソコノマです。食品関係の記事を中心に生活雑貨など身の回りの役に立つ情報を伝えていければと考えています。少しでも多くの情報を共有し、楽しく読んでもらえるように記事を書いていきます!よろしくお願い致します!

関連するまとめ

人気の記事