「当て馬」の意味は?かませ犬との違いや当て馬にされやすい人の特徴も解説!

「当て馬」の意味は?かませ犬との違いや当て馬にされやすい人の特徴も解説!

「当て馬」の意味を正しく理解しているでしょうか。「当て馬」の意味について詳しく解説していきます。「当て馬」と「かませ犬」との違いや「当て馬」にされやすい人の特徴についてご説明していきます。「当て馬」についてしっかりと理解していきましょう。

記事の目次

  1. 1.「当て馬」の意味とは?
  2. 2.「当て馬」の由来
  3. 3.「当て馬」にされやすい人の特徴
  4. 4.「当て馬」と「かませ犬」の意味の違い
  5. 5.「当て馬」の使い方
  6. 6.「当て馬」の注意点
  7. 7.「当て馬」は「相手の様子を知るためだけに仮の人間を出す」という意味
Photo byhamonazaryan1

実務家的というのは「実務家のようなものの考え方や振る舞いをしている人」という意味があります。「実務家」と一言でいってもその人によって実務も色々あります。

理屈っぽい人や机上の空論を述べてばかりいる人というよりは、具体的に行動に移す人の方が「当て馬」として利用されやすくなっているのです。

「当て馬」と「かませ犬」の意味の違い

Photo bygeralt

「当て馬」と似たような言葉として「かませ犬」があります。「かませ犬」と「当て馬」の意味の違いについてご説明していきましょう。「当て馬」の意味には「目的を達成するための様子見の手段」という意味があります。では、「かませ犬」にはどんな意味や使い方があるのでしょうか。

かませ犬の意味は「弱い動物を強くするために敢えてかませる犬」

Photo bytpsdave

「かませ犬」の意味には「弱い動物を湯よくするため、敢えてかませる犬」という意味があります。「かませ犬」の犬をかむことで、弱い動物に自信をもたせて強くしていくということになるのです。「当て馬」と「かませ犬」の関係性を整理しておきましょう。

「弱い動物がどれくらい弱いか確認する」のが「当て馬」であり、「その弱い動物を強くする」のが「かませ犬」になるのです。「当て馬」と「かませ犬」では役割が違っているという訳です。「かませ犬」の使い方として「私はかませ犬か!」という使い方になります。

「かませ犬」の由来は、闘犬用語として使われていました。闘犬の試合の前にわざと、かませて自信をつけさせるために利用された犬のことを意味していたのです。そこから転じて「引き立て役」という意味で使われるようになりました。

「当て馬」の使い方

Photo byStockSnap

それでは、「当て馬」の正しい使い方をご紹介していきましょう。「当て馬」の正しい使い方を例文でご説明していきます。「当て馬」の使い方は色々あるので、例文でしっかりと理解して使いこなせるようにしておきましょう。それでは、「当て馬」の例文①からご説明していきます。

例文①

Photo byFree-Photos

「当て馬」の使い方例文①として「恋愛」での使い方があります。例えば、彼氏や片思いの相手に対して、自分のことを本当に好きなのか確認したいという気持ちから、敢えて全く興味がない男性に近付き利用する場合に使います。

この行為を知った彼氏や片思い中の男性は、焦ってくれて自分をもっと愛してくれるだろうと考えているのです。この恋愛での使い方として、本命の男性の気持ちを探るために近付いてこられた男性が「当て馬」として利用されたことになります。

こうした場面での使い方として「彼を当て馬にしてみたら?」「彼を当て馬にしたら、彼氏とうまくいくようになったよ」という使い方になるのです。

例文②

Photo byquinntheislander

「当て馬」の使い方例文②として「友達関係」での使い方があります。例えば、自分が食べてみたいと思った新商品の食べ物があったとしましょう。自分でお金を出して食べるとなると、美味しくないと失敗してしまいます。

その失敗をさけるために友達に購入させて「1つ頂戴」といって食べさえてもらう場合に使う使い方があります。この場合食べ物を実際に購入させられた人が「当て馬」になります。

そして、自分のお金を払うことなく、食べ物に味を確認する人が使う使い方になるのです。例文として「彼女に当て馬になってもらって、味を確認した」という使い方になります。

例文③

フリー写真素材ぱくたそ

「当て馬」の使い方例文③として「仕事」でも「当て馬」を使う場合があります。例えば、昇給の時期などに自分への上司の評価が気になることがあります。そうした場合、上司と仲のいい○○さんがいたとしましょう。

その人に対して自分の評価をしるために利用する場合に「当て馬」として利用する場合に使う使い方があります。

フリー写真素材ぱくたそ

自分から上司に聞けばいいことであっても、仕事でそういったことを聞くのは周りの視線もありますし、上司への印象を悪くしてしまう可能性もあります。そう考えると、○○さんを利用して上司の評価を探る方がいいという考え方になります。

この場合○○さんが「当て馬」になるのです。使い方としては「○○さんを当て馬にして上司の評価を探った」という使い方になるのです。

例文④

フリー写真素材ぱくたそ

「当て馬」の使い方例文④として「当て馬のような扱いを受けた」という使い方例文があります。例えば、実際に活躍する人がいたとします。そういった場合に、自分は裏方に回されるという場面での意味での使い方になります。

使い方例文としては「いきなり彼がやってきて仕事の手柄を全部もっていかれたよ。当て馬のような扱いを受けたんだ」という使い方になります。その他の使い方として「当て馬で別の案をもってくる」という使い方例文があります。

例えば、ポスターのデザインを決める場合に、A案で決定していたとしてもA案を引き立たせるためにB案を見栄え悪くしてもっていくという使い方の意味になります。

「当て馬」の注意点

Photo bygeralt

「当て馬」にされやすい人の特徴をご紹介してきましたが、こういう人を「当て馬」のするといいという意味ではありません。「当て馬」とは、ネガティブな意味で使われることが多くあり、人間関係を壊しかねないので十分注意しましょう。

「当て馬」は「相手の様子を知るためだけに仮の人間を出す」という意味

Photo byWenPhotos

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事