コンロ下・シンク下の収納アイディアまとめ!100均グッズでキッチンを便利に!

コンロ下・シンク下の収納アイディアまとめ!100均グッズでキッチンを便利に!

コンロ下・シンク下が散らかってしまい、収納に悩んでいる人も居るのではないでしょうか?重ねて収納してしまっている人は、物を取り出すのも大変になってしまうでしょう。今回は、コンロ下・シンク下の収納アイディアやキッチンに便利な100均グッズについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.キッチンのコンロ下・シンク下の上手な収納方法を紹介!
  2. 2.コンロ下・シンク下の収納の悩み
  3. 3.コンロ下・シンク下の収納のポイント
  4. 4.引き出し式のコンロ下・シンク下の収納アイディア
  5. 5.扉が観音開きのコンロ下・シンク下の収納アイディア
  6. 6.コンロ下・シンク下の収納に役立つアイテム
  7. 7.コンロ下・シンク下の収納に使えるニトリのアイテム
  8. 8.コンロ下・シンク下の収納に使える無印良品のアイテム
  9. 9.コンロ下・シンク下の収納に使える100均のアイテム
  10. 10.コンロ下・シンク下の収納アイディアを試してみよう!

収納が苦手という人は、ごちゃごちゃしてしまい、使いにくい収納になってしまうでしょう。料理の手間を少しでも省くためにも、無駄な動作をなくす必要があります。ここでは、コンロ下・シンク下の収納に役立るアイテムをご紹介していきます。

コの字ラック

扉が観音開きの場合は、コの字ラックがおすすめです。観音開きの扉の場合は、奥と上の部分にデッドスペースが出来やすくなってしまうため、アイディア次第で無駄なく収納することが出来るようになります。

小さい物を収納すると、上の部分がデッドスペースとなってしまうため、小さい物を収納する際は、コの字ラックを利用して、上と下で収納場所を分けることをおすすめします。

コの字ラックにも大きさがあるため、上手く水道管をよけれるように配置することで、無駄なく収納することが出来ます。

コの字ラックを配置し、そのまま物を置いて収納しても良いですが、カゴを利用して収納するのもおすすめです。

コの字ラックの下の部分にカゴを置き、フライパンや調味料などを収納すれば、カゴを引っ張って取り出すことが可能になります。

スライドラック

扉が観音開きであれば、スライドラックもおすすめです。引き出し式であれば、そのままファイルケースなどを利用し、立てて収納すれば、奥も見やすいので良いでしょう。

しかし、扉が観音開きでは、奥や上の部分がどうしてもデッドスペースになり、見にくい部分にもなってしまいます。スライドラックを利用すれば、引き出しのようになっているので、引き出しを引っ張れば置くのものを取り出すことも可能になります。

スライドラックは、1段のものもありますが、2段のものもあるため、小物を収納する場合には、2段の物を利用し、上の部分も無駄なく収納出来るようにすることをおすすめします。

物をそのまま置いて収納しているという人も少なくありませんが、鍋やフライパンを重ねて収納してもコンパクトに収納出来るでしょう。

しかし、コンパクトに収納出来ていると思っても、いざ使おうとしたときに、上のものを取ってから下の物を取らなければいけなくなります。

料理をしている時は、片手に料理器具を持っていることもあるでしょう。そのため、片手で取り出しがしたいという人もいます。

そのため、重ねて収納してしまうと、両手が必要となるため、重ならない収納をすることをおすすめします。

ファイルケース

100均などでも販売されているファイルケースは、アイディア次第で様々収納に利用することが出来ます。

ファイルケースは書類を収納するだけでなく、様々な収納に利用できるということから、定番の収納アイテムのようです。

サイズも様々なので、引き出しや観音開きの扉にあうファイルケースを選ぶことをおすすめします。色も様々ですが、キッチンに利用するということもあり、白色のファイルケースが人気の様です。

引き出しや観音開きの扉は、そのまま収納してしまえば、取り出しにくくなり、収納しにくくもなってしまいます。ファイルケースが仕切りになるので、無駄なくすっきりとした収納ができます。

ディッシュスタンド

キッチンのコンロ下やシンク下の扉が観音開きの場合は、ディッシュスタンドもおすすめです。ディッシュスタンドは、お皿などを立てて収納することができ、本来の使い方だけでなく、アイディア次第で様々な使い方が出来るアイテムです。

鍋フタや、薄いフライパンなどを収納することも可能です。立てて収納すれば、取り出すときに手間がかからないので、無駄な動作をする必要がありません。

すのこ

シンク下は、水道管があるため湿気が溜まりやすい場所でもあります。ファイルケースなどを置いてしまうとカビる原因にもなってしまうため、通気性を良くするために、すのこを敷くのも良いでしょう。

木のすのこやプラスチックのすのこがありますが、木のすのこはカビてしまえば処分しなければいけなくなります。

プラスチックのすのこは、通気性が良いだけでなく、拭き掃除も出来るので常に清潔な状態を保つ事が出来ます。

100均にもプラスチックのすのこは販売されており、シンク下などに突っ張り棒をしてすのこを置き、その上にカゴを置けば手作りの収納スペースが出来ます。

すのこはただ引くだけでなく、アイディア次第で収納棚を作る事が出来るようです。すのこの上に、プラスチックのインナーケースを置くなどして、大きい物から、小さいものまで、種類別に収納するのも良いでしょう。

コンロ下・シンク下の収納に使えるニトリのアイテム

キッチンで利用するものが沢山あると、収納にも困ってしまうでしょう。アイディア次第で使いやすい収納が出来ますが、収納が苦手という人も居るようです。ここでは、コンロ下・シンク下の収納に使えるニトリアイテムをご紹介していきます。

ざるボウルフライパンスタンド

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事