台湾の言葉事情まとめ!観光で使える挨拶・日常会話・翻訳アプリまで一挙紹介!

台湾の言葉事情まとめ!観光で使える挨拶・日常会話・翻訳アプリまで一挙紹介!

日本人が年間190万にも訪れる人気海外旅行といえば台湾です。「海外旅行といえば言葉が心配」は付き物です。しかし気負わずに使える挨拶から始めてみましょう。そんな台湾での言葉事情から会話に役立つ情報を織り交ぜながらご紹介します。

記事の目次

  1. 1.台湾の言葉は何語?
  2. 2.台湾とはどんな国?
  3. 3.台湾・挨拶の言葉一覧
  4. 4.台湾の観光で使える言葉一覧
  5. 5.台湾・日常会話の言葉一覧
  6. 6.中国語の発音
  7. 7.台湾・言葉の翻訳アプリ
  8. 8.台湾の言葉を話せなくても翻訳アプリを活用しよう!
Photo byClker-Free-Vector-Images

「調子はどうですか・順調ですか」は「一切都好吗?・イーチエドウハオマ」です。この言葉は「好吗・ハオマ」の部分が「いかがですか?」の言葉で「你好吗・ニーハオマ」で「お元気ですか」とか「最近你还好吗?・ズイジン二ーハオマー」で「最近調子はどうですか?」等と会話の始まりの挨拶代わりにも使われます。

③そろそろ失礼します

Photo byPATodd

この「そろそろ失礼します」は「もう遅くなりました、そろそろ帰らなければ」という意味合いで、よく使われる言葉です。「时间不早了,我该走了・シージェンブザオラウォガイゾウラ」となります。台湾では家族間の「おはよう」などの挨拶はあまり交わされないようですが、この「そろそろ失礼します」は中国でも台湾でもよく使われています。

④また会いましょう

Photo byConmongt

「また会いましょう」は「さようなら」よりも親しみを込めて「是非また再会できると良いですね」と意味合いで使われます。「また会いましょう」は「一定再见・イーティンザイジェン」で親しくなった人とのお別れの言葉として使います。他にも「機会があったらまた会いましょう」の「有机会再见面・ヨウジフイザイジェンミェン」も同じように使えます。

中国語の発音

Photo bymohamed_hassan

台湾で標準語として使われている中国語ですが今回は分かりやすくカタカナ表記としましたが本来はピンインというアルファベットでの表記をします。中国語は日本語の51音に対して405音の発音と四声という声調で構成されています。ですからカタカナ表記だけでは表現しきれない部分もあります。

カタカナ表記では表現しきれない発音は、やはり生声のや音声発音を聞いて覚えるのが一番です。そんなとき簡単に自分で発音勉強ができるのが翻訳アプリです。そこで、おすすめ翻訳アプリをご紹介します。

台湾・言葉の翻訳アプリ

Photo byJESHOOTS-com

中国語は漢字から意味が分かるという利点もありますが日本で見慣れない漢字も沢山ありノートに書き留めるのも一苦労です。旅行までに思うように言葉を覚えて行けるとも限りません。また知りたいときに調べておかなければ忘れてしまうこともあります。そんなときには翻訳アプリが便利です。

翻訳アプリでおすすめなのは無料翻訳アプリの「VoiceTra」(ボイストラ)です。書籍を持ち歩くのもチェックを入れられたり書き込めたりと便利な部分はありますが音声入力や音声再生をしてくれる翻訳アプリは海外旅行会話の心強い味方になります。

また利用に際しての課金は一切ないので海外旅行だけでなく普段からの知識向上や知りたいと思ったことにも使ってみましょう。

音声入力対応・VoiceTra

Photo byJESHOOTS-com

翻訳アプリ「VoceTra」(ボイストラ)をおすすめしたいのは音声入力に対応していることです。そして、その翻訳精度が高いということが一番のおすすめポインです。台湾人同士の会話でも問題なく翻訳してくれたという口コミも沢山あります。そして無料のアプリなので手軽に試して実感してみましょう。

VoiceTra・特徴

Photo byMonikaP

まず無料翻訳アプリ「VoceTra」の開発元の情報からご紹介します。「VoceTra」の開発元はNICT(国立研究開発法人情報通信機構)で情報通信分野の公共機関になります。そのため総務省のホームページでも紹介されているアプリです。研究目的で作られたアプリなので翻訳結果やテキストの収集をしているので個人情報は入力しないようにして下さい。

詳しくは公式サイトのホームページで確認できますので、そちらを確認してからのダウンロードとしてください。では無料翻訳アプリ「VoceTra」の特徴をご紹介します。

①多くの言語に対応

Photo byOpenClipart-Vectors

翻訳できる言語は世界31言語に対応しています。その中で音声入力できる言語が18言語。音声出力される言語が16言語になります。台湾で使われている中国語は簡体字・繁体字ともに音声入力・音声出力ができます。そして日本語も音声入力・音声出力ともに対応されています。

②変換結果を更に変換して確認可能

Photo bygeralt

また音声入力を経験したことがある方には分かると思いますが微妙なイントネーションで似たような言葉に変換されてしまうことがあります。正しい言葉で認識されていなくても外国語ですから気づかない場合もあります。そのためにも変換結果を、さらに変換する逆翻訳結果を使って入力した分と見比べて意図が正しく伝わっているかを確認できます。

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事