部屋を仕切りたい人必見!ワンルームや賃貸をおしゃれに間仕切りする方法まとめ

部屋を仕切りたい人必見!ワンルームや賃貸をおしゃれに間仕切りする方法まとめ

賃貸の1Kなどのワンルームや、実家の寝室、リビング等の部屋を仕切り、おしゃれに使いたい時には、フロアの間仕切りを、日頃部屋で使っているカーテンや家具などの場所を変えるだけで、雰囲気はかわります。そこで仕切りに適しているアイテムなども含めて、詳説していきます。

記事の目次

  1. 1.ワンルームや賃貸の部屋を間仕切りする方法を紹介!
  2. 2.ワンルームや1Kの部屋を間仕切りするアイテム
  3. 3.おしゃれに部屋を間仕切りする方法【カーテン】
  4. 4.おしゃれに部屋を間仕切りする方法【ロールスクリーン】
  5. 5.おしゃれに部屋を間仕切りする方法【パーテーション】
  6. 6.おしゃれに部屋を間仕切りする方法【棚・ラック】
  7. 7.おしゃれに部屋を間仕切りする方法【ソファ】
  8. 8.おしゃれに部屋を間仕切りする方法【その他】
  9. 9.おしゃれな間仕切り方法を試してみよう!

ワンルームや賃貸の部屋を間仕切りする方法を紹介!

リビング仕切り
Photo bymonika_wachtler

家族と住んでいて、自分の部屋を持っていても、その部屋の雰囲気を変えてみたいとか、1Kの部屋やワンルームの賃貸で、もう少しイメージを自分流にしてみたい時もあるでしょう。そんな時は、部屋を間仕切りをすると雰囲気も変わり、いつもと違う感覚で生活が出来ます。

生活の中では、部屋の広さよりも、食の場と寝る場、或いは、寛ぐ場と食の場をしっかりと区別する事で、生活自体にアクセントが付きます。抑揚のある生活は、毎日が楽しく、雰囲気を変えると気分も変わりますし、間仕切りはエアコンの風を効率良く使えて、省エネにも繋がります。

部屋を間仕切るとなると、持ち家だとリフォームという考え方もあるでしょうが、そこまでしなくても簡単に部屋を分割出来る方法はないものでしょうか。また、賃貸の1Kとかワンルームならリフォームは当然出来ませんので、自分で何とか考えるしかありません。

そこで、リフォームに頼らずとも、簡単に部屋に変化を付ける為、自宅にある物や手頃な価格で手に入る物で、間仕切りができる方法を、いくつか詳説していきます。意外な方法が見つかるかも知れませんので、今後賃貸の1Kもしくはワンルームでの生活を考えている方は、参考にしてください。

ワンルームや1Kの部屋を間仕切りするアイテム

部屋が賃貸で、1Kだったりワンルームになった時、間仕切りするには、どのようなアイテムがあるでしょうか。部屋を間仕切りすると言うことは、単にデザイン性だけで無く、実用性も高く、省エネにも繋がります。家にあるもの、ショップで購入できるもので考えてみましょう。

置き方や吊し方で、見た目も雰囲気も違いますし、部屋を賃貸にした場合には、壁や柱に傷を付けてしまうと、その部屋を出る時には、修理費を請求されてしまいます。そんなことの無いように、釘等を使わずに間仕切りが出来る方法なども、間仕切りのアイテムと合わせて個別に詳説してみます。

カーテン

部屋に間仕切りをするのに簡単な方法は、カーテンを使って仕切ります。賃貸では窓にはカーテンを用意するでしょうが、そのカーテンで仕切りをするのではなく、別に窓のカーテンと合うようなカーテンを用意して、区別したい箇所に間仕切りを作ります。

しかし、1Kの部屋や、ワンルームの賃貸なら、壁や柱に傷を付けることは出来ませんから、部屋の壁や柱に傷を付けずにカーテンを取付ける方法として、突っ張り棒を使って、部屋の傷を回避します。突っ張り棒なら、釘もビスも必要ありませんので、壁や柱に傷を付けることも無いため安心です。

カーテンの荷重はそんなにかかりませんから、突っ張り棒で十分対応出来ます。部屋の幅を測って購入しましょう。特に1Kの部屋ではキッチンが丸見えというのもよく聞きますので、それが気になる方には、目隠し用のカーテンをおすすめします。

ただ、部屋によっては突っ張り棒を留める壁が遠かったりすると、難しい時がありますので、そんな部屋には、自立ポールというのを購入すると、そちらを使って突っ張り棒を設置出来ます。カーテンで間仕切りをしていると、要らない時には開けて広く使える、一番手頃で手軽な方法でしょう。

市販されているカーテンを購入するか、生地を買ってきて自作するかで価格にも差は出ますが、市販品でもニトリなどでは、生地の質も良く、気に入ったものがあるとお得でしょう。相場として、市販品で、遮光がしっかりされたもので、幅が100㎝、丈が178㎝が2枚で約6,000円前後からあります。

もっと生地が薄手の物でしたら、上記のものより格安になり、生地が分厚くなれば高くなるでしょうが、ブランドになると、価格はそのブランドでまちまちですので、検索してみてください。間仕切りには、カーテンレールも必要ですので、賃貸ならビスを使わない物も探しましょう。

ロールスクリーン

賃貸で、1Kの部屋とかワンルームに間仕切りを設置するのに、ロールスクリーンを使えば簡単におしゃれな間仕切りを作れ、要らない時には巻いてしまえば、広く空間を使えますので、賃貸の1Kの部屋でキッチンを見せたくない時なども、ロールスクリーンで仕切ると便利です。

ただ、何度も言いますが、賃貸では1Kでもワンルームでも、壁や柱に傷を付ける事は出来ませんので、荷重があるロールスクリーンは、普通の突っ張り棒では、カーテンのようにはいかず、荷重に耐えられなくて、落ちてしまう可能性が高いです。

しかし、どうしてもロールスクリーンを使いたいなら、ロールスクリーンの専用テンションバーが解決してくれます。両面テープで壁や柱のロールスクリーンを設置したい箇所の両サイドに、ブランケットを取付けるだけの、テンションバーが吊してくれます。荷重にも耐えられ取り外しも可能です。

また、テンションバー以外にも、マジックテープやマグネットの突っ張り棒もあり、賃貸の部屋でも壁や柱に傷を付けることなく、ロールスクリーンを設置出来ます。ロールスクリーンには、無地のフラットなデザインなら、壁と似ているため、仕切りに気づかないかも知れません。

賃貸用にビスの無い付属品付きでの価格は、幅60×高さ135cmの大きさで、8,000円程度です。サイズによって、価格は変わります。1Kの部屋にロールスクリーン間仕切りをしたいなら、それほど大きなものは要りませんので、ネットのDIYショップでも購入出来ますから、見積もりを出してみましょう。

パーテーション

部屋の間仕切りにパーテーションを使うという方法もあり、パーテーションはカーテンやロールスクリーンよりも、ボードで仕切りますから、よりはっきりと空間を区別出来ます。また、パーテーションを移動させる事で空間のスペースも変更出来ますので、仕切りには使いやすいでしょう。

パーテーションにも種類は多数あり、和風の「ついたて」なども最近は人気が出ています。部屋に合ったパーテーションを選んで、好きな箇所に設置出来ますし、パーテーションに小物を吊したりして、自分なりにアレンジもできて、オリジナリティーを出せるので楽しめます。

パーテーションは、折り畳みタイプやスライドドアタイプ、突っ張りタイプなど、用途に合わせた使い方ができる、色々なタイプがあり、価格も安いので、2,000~3,000円から上は40,000円まで幅広く、価格に差があるのは、パーテーションの構造でキャスター付きは若干高くなるでしょう。

1Kの部屋にパーテーションを置くなら、小さいので十分ですから、価格もそれほど張りません。折り畳み式のパーテーション4枚セットで、5,500円前後です。突っ張りタイプのパーテーションは、10,000円~20,000円程度で、キャスター付きのスライド型パーテーションは40,000円程度します。

棚・ラック

次へ

関連するまとめ

人気の記事