1分間スピーチのお題やテーマまとめ!自己紹介のコツや例文もレクチャー!

1分間スピーチのお題やテーマまとめ!自己紹介のコツや例文もレクチャー!

1分間スピーチをするにあたって、自己紹介以外のスピーチができるよう、お題やテーマをまとめました。また、自己紹介のコツや1分間スピーチの例文、注意点についても解説していますので、この記事を参考に面白い1分間スピーチができるようになってください。

記事の目次

  1. 1.1分間スピーチをふられたらどうする?
  2. 2.1分間スピーチ【準備】
  3. 3.1分間スピーチ【コツ】
  4. 4.1分間スピーチのお題やテーマ
  5. 5.1分間スピーチの例文①
  6. 6.1分間スピーチの例文②
  7. 7.1分間スピーチの例文③
  8. 8.1分間スピーチで身につくこと
  9. 9.1分間スピーチの注意点
  10. 10.1分間スピーチをする前に必ず予行演習をしよう!
  11. 11.1分間スピーチはコツを身につけて!面白いネタを見つけよう!

その程度の文字数では、とてもではありませんが、自分の主張とその根拠を、説得力のある形で話すことはできませんし、面白い話であれば面白さが伝わりません。テーマやお題は必ず1つに絞って話を組み立てるのがコツです。

②わかりやすいタイトルをつける

Photo byClker-Free-Vector-Images

1分間スピーチをする上で、スピーチにタイトルを付けるのもコツの1つです。こうすることで、「これから自分はこの話をします」という宣言になり、聞き手もそのつもりで聞き始めることができます。

ただし、これは何か主張をする場合ではなく、自己紹介や出来事を紹介する時などに使うと良いでしょう。主張のスピーチである場合、タイトルを話した後に、自分の主張を述べる流れになってしまうため、いきなり同じような内容の話を続けることになり、時間のロスに繋がってしまいます。

③主張・理由・結論でまとめる

Photo bypencilparker

話を組み立てる際は、自分の主張を述べた後、そう主張する理由、そして結論の流れにすると、聞き手にとってもわかりやすい1分間スピーチとなります。あるいは、何か出来事を紹介する場合は、起承転結の流れで話すこともコツです。

どのようなテーマやお題であっても、基本的な話の流れを守らないと、結局何を伝えたいのかがわかりづらくなり、聞き手にとっては苦痛なスピーチとなってしまいます。

④内容はメモ程度にする

Photo bycongerdesign

スピーチをする上で、よく手元の原稿を読み上げてしまうだけになっている人を見かけますが、これではスピーチとは言えません。聞き手の方をしっかりと見て、自分が何を伝えたいのかを訴えてこそ、スピーチと言えます。

緊張で何を話すか忘れてしまうという人でも、スピーチに関する内容は断片的なメモ程度に留めて、読み上げるだけの1分間スピーチにならないように気を付けることがコツです。

1分間スピーチのお題やテーマ

Photo byAnemone123

1分間スピーチの構成やコツについては理解していただけたでしょうか。続いて、1分間スピーチの肝となるお題やテーマの例をいくつかご紹介します。

1分間スピーチのお題が既に与えられていれば悩まなくて済むのですが、テーマやお題が決まっていない場合、前日や直前に話した内容と似たものになってしまうことは、避けたほうが良いため、いくつかテーマやお題を持っておいたほうが良いでしょう。

①自己紹介

Photo by june29

1分間スピーチの鉄板、自己紹介です。大学のゼミや会社の研修などで、初顔合わせの時に提示されるテーマです。名前や年齢、出身地の他に、簡単な自己PRや経歴を混ぜると良いでしょう。自己紹介の中に面白い話を差し込めると、多くの人に覚えてもらいやすくなります。

また、自己PRを混ぜる場合は、経験に裏打ちされた主張があると、自分自身がどういったことをしてきて、どのような考えを持っているのかが、聞き手に伝わりやすい自己紹介となります。

1分間スピーチの経験があまり無いと言う人は、まずは自己紹介のスピーチから練習して、段々と他のテーマや、面白い話をどう盛り込むかを考えて行くと良いでしょう。

②最新の時事問題

Photo byMichaelGaida

会社の朝礼など、定期的に順番が回ってくるような1分間スピーチであれば、最新の時事問題も鉄板のテーマです。なるべく最新のニュースや話題を取り上げるべきですので、よほどのこだわりが無い限りは、その日の朝や前日の話題にしましょう。

最新の時事問題をテーマやお題とする場合は、日本経済新聞を参考にするのがおすすめです。それ以外にも、検索エンジンのトップに出ているようなニュースや、各新聞の一面に掲載されているような話題が良いでしょう。

ただし、宗教がらみの話題は、様々な背景や考えを持っている人がいますので、安易に取りあげるのは止めておきましょう。

③今日は何の日

Photo bytigerlily713

日本には、様々な「今日は何の日」が定められています。その多くは業界団体などが独自に制定しているものですが、中には仕事と関係があるようなものもあるかもしれません。

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事