1分間スピーチのお題やテーマまとめ!自己紹介のコツや例文もレクチャー!

1分間スピーチのお題やテーマまとめ!自己紹介のコツや例文もレクチャー!

1分間スピーチをするにあたって、自己紹介以外のスピーチができるよう、お題やテーマをまとめました。また、自己紹介のコツや1分間スピーチの例文、注意点についても解説していますので、この記事を参考に面白い1分間スピーチができるようになってください。

記事の目次

  1. 1.1分間スピーチをふられたらどうする?
  2. 2.1分間スピーチ【準備】
  3. 3.1分間スピーチ【コツ】
  4. 4.1分間スピーチのお題やテーマ
  5. 5.1分間スピーチの例文①
  6. 6.1分間スピーチの例文②
  7. 7.1分間スピーチの例文③
  8. 8.1分間スピーチで身につくこと
  9. 9.1分間スピーチの注意点
  10. 10.1分間スピーチをする前に必ず予行演習をしよう!
  11. 11.1分間スピーチはコツを身につけて!面白いネタを見つけよう!

1分間スピーチで身につくこと

Photo bygeralt

1分間スピーチのコツと例文を紹介してきましたが、そもそも1分間スピーチは何を目的として行うのでしょうか。単純な自己紹介の手段として利用されることもありますが、会社の朝礼などで当番制となっている場合は、もっと別の目的で行われています。

人によっては1分間スピーチは非常に面倒な業務となってしまいますが、これから話すような目的を理解し、それらを達成できるよう努力するようにすれば、1分間スピーチに対する姿勢も変わってくるでしょう。

①人前で話すことに慣れる

Photo byFree-Photos

1分間スピーチの最初の目的は、人前で話すことに慣れることです。仕事によっては、普段はデスクワークだけにも関わらず、稀に顧客に対して説明する必要があるといったことがあります。

普段から営業で人と話すことに慣れていれば問題ないですが、突然顧客の前でプレゼンしろと言われても、必ず戸惑うものです。そういう場面に出くわしても、聞くに堪えないようなプレゼントならないよう、普段から1分間スピーチで人前で話すことに慣れておくことが必要です。

②論理的な思考力が養われる

Photo byPexels

2つ目の目的は、論理的な思考能力が養われることです。上の3つの例文を見て、実際に1分間スピーチの300文字の原稿を作成してみてください。思った以上に文字数が少なく、話したいこと、伝えたいことの整理が大変なことに気づくはずです。

たった1分間、300文字で自分の主張と考えを他人に伝えるというのは、思いの外、難しい作業です。それを達成するためには、論理的な文章を構成することが求められますので、1分間スピーチは論理的な思考力を養うことができます。

③スピーチ力がつく

1分間スピーチの最後の目的は、スピーチ力がつくことです。人前で話すこととスピーチをすることは、それぞれ求められる技術が異なります。ただ人前で話すだけでは、聞き手に対して訴えかけるようなことは出来ません。

自分の主張を相手に伝え、相手に納得してもらうようにするためには、やはりスピーチ独特の技法があります。まずは人前で話すことに慣れ、相手に訴えかけるようなスピーチの内容を練り上げられるようになったら、次はスピーチの技法を勉強しながら実践することで、スピーチ力が身についていきます。

1分間スピーチの注意点

Photo bypaulracko

最後に、1分間スピーチの注意点を紹介します。いくら聞き手が興味を持つような面白い自己紹介を用意したり、文章の構成が完璧であっても、以下の注意点を守らなければ、1分間スピーチとしては失格になってしまいます。

せっかく準備した1分間スピーチが無駄にならないよう、以下の注意点をしっかり守るようにしてください。

①制限時間1分を守る

Photo bynile

まずなんと言っても、制限時間1分を守ることです。初顔合わせなどで、自己紹介をする1分間スピーチであれば、数秒のオーバーは大目に見られることもありますが、原則は1分以内に収めてください。

社会人にとっては、何より時間を守ることが求められます。顧客へのプレゼンでは、時間をオーバーした時点で打ち切られることもあります。構成を組み立てているうちに話したい内容が溢れることもありますが、その時こそしっかりと、「何を伝えたいのか」に立ち戻って、構成を練り直してください。

②わかりやすさを意識

Photo by vazovsky

次の注意点は、聞き手にとってわかりやすいということを意識してください。いくら立派な話をしていても、聞き手が理解できなければ、何の意味もありません。趣味や自己紹介をする際、本人にとっては当たり前だと思っていても、周りにとっては理解できない専門用語が存在します。

原稿やメモを作成した後に、足りない説明が無いか、分かりやすい言葉遣いになっているかどうかは、必ず確認するようにしてください。

③聞き取りやすい声の大きさ

Photo byPublicDomainPictures

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事