仕事を辞める・退職の伝え方&例を伝授!上司や同僚に円満に済ますコツは?

仕事を辞める・退職の伝え方&例を伝授!上司や同僚に円満に済ますコツは?

あなたが円満な退職を望む場合は、仕事を辞めるときの意思の伝え方が大切です。また、上司や同僚に迷惑をかけないよう退職の時期や仕事の引き継ぎも配慮する必要があります。円満な退職を進めるために大切な仕事を辞める意思の伝え方や仕事を辞めるタイミングについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.仕事を辞める・退職の伝え方で大切なこと
  2. 2.退職の伝え方①直属の上司に退職を伝える
  3. 3.退職の伝え方②仕事を辞めると伝えるコツ
  4. 4.退職の伝え方③仕事を辞める前の準備
  5. 5.仕事を辞めるおすすめのタイミング
  6. 6.仕事を円満に辞めるためには段取りと引継ぎが大切
  7. 7.仕事を辞める意思を伝えたとき引き留められたら
  8. 8.円満退職のポイント

退職の伝え方③仕事を辞める前の準備

Photo bypicjumbo_com

円満な退職を円滑に進めていくために、会社、相手側のことを考慮しながら必要な準備をしていくことが大切です。

だからといって、相手のことを配慮しすぎると、もしも上司があなたを引き留めようとして、退職が先延ばしになってしまったら、あなたの人生プランに影響が出てしまうことにもなりかねません。

そうならないためには、上司を納得させることのできる内容の理由を考えるとともに、上司へ伝えるときの態度も重要になってきます。

相手に伝える退職理由を考える

Photo byThoughtCatalog

退職理由を考えるときに大切なことは、何度も言うようですが、円満退職を前提に理由を考えることです。辞める理由が本当は、仕事、上司、同僚が原因だとしても、真実は自分の胸の内に留めておくことをおすすめします。

退職理由のおすすめは、例として、今後の自分の展望ややりたいことなど、上司にポジティブなイメージを与えるものを考えるべきです。将来的なことが理由であれば、上司も前向きに検討する可能性が高くなります。そうなれば、円満に退職できる可能性も高くなるということです。それでは、実際にどのような理由がいいか例文をみていきましょう。

退職理由の例文一覧

Photo bygeralt

「この会社で学んできた仕事を、今後更に新しい環境で活かして自分を試してみたいと考えております。」「今までにやったことのない仕事につき、もっといろんな経験をしてみたいと思っております。」

「取得したい資格があり、勉強に専念したいと思っております。」「昔からやってみたい夢がありまして、今の機会を逃すと二度とチャンスはないと考えております。」

上記の例文のように上司を納得させるためには、退職することによって、自分がどうしたいのか、今後どのような仕事に就きたいのか、自分にとってどれだけのメリットがあるのか
明確に意思を伝えましょう。

退職理由を考えるのが面倒

Photo byjohnhain

もし、退職理由を考えることが面倒だからと、退職理由を家族の事情や引っ越しなどに偽造した場合は、上司や同僚も含めて嘘をついていることがばれないように注意する必要があります。

同僚や上司にうっかり話してしまったら、嘘をついてることがばれるのは時間の問題です。そのようなことになったら、円満退職するために今まで努力してきたことが、水の泡ですしあなたの印象も悪くなります。

退職まで気も張らなければなりませんし、円満退職できたとしても、清々しい気持ちで退職することは不可能でしょう。円満退職を望むのならば、退職理由を偽造することはおすすめしません。

引継ぎにかかる時間を想定

Photo byFree-Photos

退職をする時期として、法律的には退職を告げてから2週間経過すれば、辞職できることになっています。

しかし、会社の就業規則では2週間とは限りません。会社各々によって、定められた期間がありますのでしっかり確認しておく必要があります。

あなたが2週間前に上司に辞める意思を伝えて、2週間後に退職したとしましょう。会社はあなたが抜ける部署の人員を、2週間という短期間に確保しなければなりません。人材を確保できたとしても、更に仕事の内容を引き継ぐための時間も確保するとなると、有給休暇の消化なども考えると、とても無理な話です。

Photo bynastya_gepp

会社は退職を申し出る時期を、引き継ぎに要する時間も配慮して時期を定めている場合が多いです。例え会社に不満があったとしても、お世話になったことは紛れもない事実です。円満退職のためにも、会社に迷惑をかけず、しっかり引き継ぎを行えるよう、なるべく早めに少なくとも1ヶ月前には退職の意思を伝えるようにしましょう。

仕事を辞めるおすすめのタイミング

Photo by Takashi(aes256)

円満退職をするにあたって、会社を辞める時期は上司だけでなく、同僚や後輩にとっても大きな影響を与えるため、配慮することが大切です。仕事を辞めた後も、付き合っていきたい同僚もいることでしょう。円満退職したほうが気兼ねなく付き合いを続けられます。では、会社、上司、同僚に迷惑をかけずに円満に退職できる時期とはいつなのでしょうか。

同僚・上司の忙しい時期はさける

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事