仕事を辞める・退職の伝え方&例を伝授!上司や同僚に円満に済ますコツは?

仕事を辞める・退職の伝え方&例を伝授!上司や同僚に円満に済ますコツは?

あなたが円満な退職を望む場合は、仕事を辞めるときの意思の伝え方が大切です。また、上司や同僚に迷惑をかけないよう退職の時期や仕事の引き継ぎも配慮する必要があります。円満な退職を進めるために大切な仕事を辞める意思の伝え方や仕事を辞めるタイミングについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.仕事を辞める・退職の伝え方で大切なこと
  2. 2.退職の伝え方①直属の上司に退職を伝える
  3. 3.退職の伝え方②仕事を辞めると伝えるコツ
  4. 4.退職の伝え方③仕事を辞める前の準備
  5. 5.仕事を辞めるおすすめのタイミング
  6. 6.仕事を円満に辞めるためには段取りと引継ぎが大切
  7. 7.仕事を辞める意思を伝えたとき引き留められたら
  8. 8.円満退職のポイント
Photo byfulopszokemariann

仕事を辞めるタイミングは、あなたが会社で担っている役割や仕事内容によっても変わってきます。基本は会社の仕事が忙しくないときに退職することがベストであることは言うまでもありません。

また、企画を任されていた場合などは、担当している企画の仕事が終了するまでは、仕事を最後までやり遂げるようにしましょう。上司だけでなく、仕事を共に頑張ってきた同僚にも迷惑がかかります。きりの良いタイミングまで待つのが最善です。もし、企画の途中で辞めるようなことになったら、あなた自身にも引き継ぎなどの負担が重くのしかかってきます。

円満退職を望むのならば、会社の多忙な時期を避け、仕事のきりの良いタイミングで退職することをおすすめします。

ボーナスを支給されてから

Photo byvivs4e

一般的に退職時期として、ボーナス(賞与)を貰ってから退職をすることがよくあります。家族を養っている場合は、自身の金銭面への配慮が重要になるのは当然です。

ボーナスを貰う前に退職の意思を伝えてしまったら、ボーナスを減らされてしまうのではないかと不安になることもあり、とりあえずボーナスを支給されてから、上司に辞めることを伝える場合が多くなるでしょう。ボーナス後のタイミングで退職を伝えると、後ろめたい気持ちになってしまうものです。

しかし、ボーナスとはあなた自身が会社に貢献してきた報酬ですので、タイミングを配慮して退職するのであれば、例え上司や同僚から何か言われたとしても、あまり気にすることはありません。

転職先があるなら間に合うように決める

Photo bygeralt

退職の決意をした場合、多くの場合は次の転職先を探し始めることでしょう。内定した場合は転職先の仕事開始をいつ頃にするのか、余裕を持った期間を設定したほうが、退職までのスケジュールを立てるのに焦らなくてすみます。

期間が短いと引き継ぎも十分に行えないまま、退職せざるを得なくなります。そうなれば
円満退職はおろか最悪の場合、会社の引き継ぎが終わるまで退職することができずに、転職先の仕事開始時期を先延ばしにしてもらう必要が出てくる可能性もあります。

すると、現職場と転職先の双方に迷惑をかけることになってしまいます。転職先で仕事を開始できたとしても、気まずい気持ちになり、会社に上手くなじめなくなってしまうかもしれません。

Photo byJillWellington

仕事をしばらく離れて、リフレッシュしたい場合や休養が必要な場合は、次の転職までしっかり充電期間を設けてから次のステップに進みましょう。

気持ちが安定しない状態で転職をしたとしても、上手くいかないことのほうが多いです。何事も焦りは禁物ですので慎重に検討しましょう。

退職届を出すタイミングはいつ?ベストな時期や有給やボーナスの条件も解説! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
「退職願と退職届の違いは何?」ということや、「退職を伝えるタイミング」「退職届のタイミング」、書き方から提出手続きの方法など、詳しくご紹介していきます。また、法律的な観点や、給与、有給に関する問題まで、円満退職を意識した知識を抑えておきましょう。

仕事を円満に辞めるためには段取りと引継ぎが大切

Photo byPexels

引き継ぎは、会社、同僚など相手への配慮です。円満に退職するために必要な大切な要素となります。

引き継ぎを行うためには、今までの仕事内容を振り返り整理しなければなりません。面倒ではありますが、仕事を整理することで自分の経験によって培ってきたこと、得た知識や技術などを再確認する機会を与えられるわけです。自分自身のスキルアップにもなりますし、自信にも繋がります。

一時大変かもしれませんが、必ずその経験が活かされるときがきます。新たな職場へ気持ちを切り替えるためにも、有給休暇を有意義に過ごすためにも、しっかり引き継ぎを終えてから退職することをおすすめします。

仕事を辞める意思を伝えたとき引き留められたら

Photo by3dman_eu

あなたが退職の意思を上司に伝えたとき、あっさり「いいよ。」と言われてしまうよりは「君は会社に必要な人材だ、辞めないでほしい。」と引き留められたら、悪い気持ちはしません。反って嬉しいはずです。上司から引き留められることは、嬉しいことですが、あなたの決意は上司の引き留める言葉で、気持ちが揺らぐような軽いものではないはずです。

では、引き留めてくれた上司が、気分を悪くしないよう円満にことを進めるためには、どのように断ればよいでしょうか。

感謝と誠意を込めた決意の伝え方

あなたが、会社にとって重要な役割を果たしていて、本当に必要な人材である場合上司から何度も強く引き留められる可能性があります。

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事