仕事を辞める・退職の伝え方&例を伝授!上司や同僚に円満に済ますコツは?

仕事を辞める・退職の伝え方&例を伝授!上司や同僚に円満に済ますコツは?

あなたが円満な退職を望む場合は、仕事を辞めるときの意思の伝え方が大切です。また、上司や同僚に迷惑をかけないよう退職の時期や仕事の引き継ぎも配慮する必要があります。円満な退職を進めるために大切な仕事を辞める意思の伝え方や仕事を辞めるタイミングについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.仕事を辞める・退職の伝え方で大切なこと
  2. 2.退職の伝え方①直属の上司に退職を伝える
  3. 3.退職の伝え方②仕事を辞めると伝えるコツ
  4. 4.退職の伝え方③仕事を辞める前の準備
  5. 5.仕事を辞めるおすすめのタイミング
  6. 6.仕事を円満に辞めるためには段取りと引継ぎが大切
  7. 7.仕事を辞める意思を伝えたとき引き留められたら
  8. 8.円満退職のポイント

上司も、できれば仕事が慣れている人材のほうがいいに決まっていますし、できれば社員を辞めさせたくない気持ちは、管理者であれば誰しも持っている感情です。社員の入れ替わりが多ければ、管理能力がないと会社から評価されてしまうかもしれないからです。

引き留める手段も、仕事への不満を解消するような話を持ちかけてきたり、強気な口調で訴えてくる可能性もあります。

根気よく辞める意思を伝え続ける

Photo byGingerQuip

しかし、退職する自由は皆に与えられた権利です。上司がしつこく引き留めてきたとしても、退職の決意が変わらないことを、冷静に落ち着いて上司に伝え続けるしかありません。

上司へ伝えるときには、大事な人材として自分を引き留めてくれていることに感謝し、誠意を込めて伝えることが大切です。決して感情的になっては駄目です。

例として「私を引き留めて下さって、本当にありがとうございます。しかしながら、私の辞める意思は固まっております。」また、転職先の内定が決定していれば「すでに、転職先も決まっておりますので。」と付け加えると効果的かもしれません。

円満退職のポイント

Photo byFree-Photos

円満な退職を進めるために大切なことやコツ、上司への退職の伝え方についてを紹介してきました。円満な退職をするためには、余裕を持ってスケジュールを立て、手順を踏んでいくことが大切です。

また、退職をするときには自分だけでなく、相手がいることを配慮し行動することが大切です。会社、上司や同僚、先輩や後輩にも迷惑をかけないように、退職するタイミングも考慮することが必要です。

上司へ退職を伝えるときは、まずお詫びから伝え、お世話になったことへの感謝も伝えることが大切です。そして、円満退職を望むのならば、引き継ぎも十分に行う必要があります。あなたの今後の展望のためにも、円満な退職を進められるように努めていってください。

memeshuwa
ライター

memeshuwa

本職は看護師をしております。昔から文章を書くことは好きです。最近ライティングの仕事をはじめました。ライティング技術をアップしたいと考えております。よろしくお願い致します。

前へ

関連するまとめ

人気の記事