ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリット・デメリットは?男性の本音も解説!

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリット・デメリットは?男性の本音も解説!

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリット・デメリットはどのようになっているのかをご紹介していきます。ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリット・デメリットがわからないため、なかなか踏み切れない方々に向けて情報をまとめましたので参考にしてください!

記事の目次

  1. 1.ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)にはどんなメリットがあるの?
  2. 2.ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)とは
  3. 3.ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリット
  4. 4.ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のデメリット
  5. 5.ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)への男性の本音
  6. 6.女性にとってハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリットは大きい!

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)にはどんなメリットがあるの?

Photo byhuyenxu94

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)にはどんな効果やメリットがあるのか?そもそもハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)とはどんなモノなのでしょうか?

あまり聞かない名称の脱毛方法ですが「ハイジニーナ脱毛」とは、デリケートゾーンであるアンダーヘアを、脱毛処理することです。デリケートゾーンのVライン(ビキニライン)Iライン(陰部の両側)Oライン(ヒップ奥)にあたる部位の毛が、完全に除去した状態にすることです。

デリケートゾーンの毛量が多いとムレの原因となってしまったり、水着などのファッションを思いっきり楽しめなくなってしまったりなどの悩みがありますが、こちらの悩みの解決する点で大きなメリットになります。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)とは

フリー写真素材ぱくたそ

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)はデリケートゾーンにおける脱毛の事です。もともと美容関係の方が使っている専門用語だったのですが、海外セレブや日本の女優などが「ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)を受けている」とコメントした事から広がりを見せて来た経緯があります。

ハイジニーナは衛生を意味するハイジーンからきた造語です。見えない場所のデリケートゾーンは手入れが後回しになりがちな所を、ケアして清潔に保つという取り組みから生まれたのがハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)です。

デリケートゾーンの脱毛

フリー写真素材ぱくたそ

デリケートゾーンの脱毛はとても大変です。セルフケアによる自己処理では肌のトラブルなども付き物です。手軽ではありますが、なかなか安全に処理できないので効果も低く、メリットよりもデメリットの方が大きいです。

デリケートゾーンの皮膚は薄くとても敏感なため、剃刀などで処理する場合に、しっかりとクリームなどで対策していても、肌負けして黒ずんでしまうこともあります。

肌荒れのトラブルももちろんなのですが、自己処理ではどうしても死角ができてしまい、目の届かない範囲の処理ができず、剃り残しや傷をつけてしまったりするので、返って逆効果で手間が増えてしまう事があります。

Vライン

Photo byractapopulous

ハイジニーナ脱毛におけるVラインとはデリケートゾーンのサイドである両足の付け根のラインです。この部分は水着や下着姿になったときにとても目立ちやすいので、Vラインの処理はしっかりしておきたい部分です。

Vラインをが綺麗だとムダ毛を気にするストレスから解放されます。Vラインが整っていれば、綺麗なデザインの水着や好みの下着を思う存分楽しめますので気にしていきたい所です。

Vラインは他のラインと比べて自分でもセルフケアしやすいラインです。しかしVラインの肌は皮膚薄いためとてもデリケートです。

Vラインは手荒く粗暴に間違ったセルフケアによって、肌がが荒れたり黒ずんだりして、効果があるどころか逆効果になってしまうこともありますので、注意が必要な箇所でもあります。

Iライン

Photo bypramit_marattha

Iラインは手入れがしにくいVラインの奥側にあり、陰部の両側に生えている毛のことを指します。水着や下着姿になった時などに「とても目立ちやすい部位」であるため、手入れをこまめにしておきたい所です。

せっかくの海水浴などで綺麗な水着姿になってもIラインの処理がきちんとされていないと恥ずかしい思いをすることになってしまいます。そのようなことにならないように、しっかりと処理はしておきたい所です。

Iラインは自分だけの処理では限界があります。粘膜に近いこともあり、間違った処理をしてしまうと粘膜を傷つけてしまったり、後が残ってしまうこともありますので、なるべくハイジニーナ脱毛などを行っている美容サロンなどの専門店で、手入れをしていきましょう。

Oライン

Photo by Steve Snodgrass

Oラインは自分で処理するには最も困難な場所になりますので、ケアするのがとても難しい部分になります。比較的に処理しやすいVラインとは違い、危険が伴うので必ずプロに任せて、美容サロンなどで処理をしていきましょう。

Oラインは粘膜を除く「ヒップの奥の部分」肛門周りの部位になります。肛門まわりの処理は人によって毛の太さや量がかなり変わってくるので、Oラインに関しては、処理が必要ない方もいらっしゃいます。

ただ気になり方は個人差がありますので、どうしても気になる方は専門の美容サロンなどで「プロによる処理」を受けることをおすすめします。自分で処理をするとデメリットが大きいので、メリットの高いプロに任せましょう。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリット

フリー写真素材ぱくたそ

ハイジニーナ脱毛を行うメリットはどんな所にあるのでしょうか?デリケートゾーンはこれからの季節は特にムレの原因となり、衛生面を考えると脱毛の効果はかなり高いと言えます。

夏場は特に海水浴などでも肌の露出も増える傾向にあるので、様々なファッションを楽しむことにおいても、脱毛はかなり大きなメリットがあるでしょう。

デザイン性の高い水着などは肌の露出が高いものが多いので、余計にデリケートゾーンの処理が気になってしまいすが、脱毛処理をしておけば気にならないので、かなりストレスフリーな状況を作る事ができます。

自己処理が不要になる

Photo bystevepb

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)をしておけば、自己処理が必要なくなるというとても大きなメリットを得る事ができます。

自己処理の大きな問題はデリケートゾーンは皮膚が薄いため、自己処理ではうまく丁寧に処理する事ができずに、肌荒れや黒ずみの原因になってしまう事が多いです。

しかしハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)を施すことによって「定期的な自己処理の手間が必要なくなる」だけでなく、とても綺麗に処理する事ができます。肌を無闇に傷つける事なく脱毛処理する事ができるので、安全に理想のデリケートゾーンを作る事ができます。

デリケートゾーンを清潔に保てる

Photo byjackmac34

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)をすることによって得られるメリットはこれからの季節は特に恩恵を感じる事ができる「ムレなくなる」事です。

ムレなくなることによってデリケートゾーンを清潔に保つ事ができるので、衛生面が著しく向上する事は間違いありません。

夏場は特に「デリケートゾーンがムレる」事で仕事の作業に集中できなかったり、デリケートゾーンを気にしている事を悟られまいとストレスを感じてしまったりなど、精神衛生的にも負担になっています。

これらの負担が大きく軽減できる事を考えると、ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリットは高いと言えます。

ファッションを自由に楽しめる

フリー写真素材ぱくたそ

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)をする事で、露出の高い水着やファッションも周りの目を気にする事なく楽しむ事ができます。

アンダーヘアを整える事で水着を選択する幅もかなり広くなりますので、好みや気分に応じて水着を選ぶ事ができるようになります。処理が甘いことに気づかず「水着を着た後に無駄毛に気づいてしまった」なんてことになってしまうと、目も当てられません。

そんなことにならないように、ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)をしておけば安心して安全に脱毛処理ができるので、少しでも気になるようであれば、ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)を早い段階で済ませておくことをおすすめします。

普段のファッションでも自信を持って着れる

Photo bylavnatalia

デリケートゾーンの処理が完璧な状態だと普段のファッションなどでも自信を持ってきる事ができるとの声も上がっています。

デリケーゾーンのコンプレックスはメンタル面おいても大きな影響を及ぼしているので。ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)をする事で普段から自信を持つ事ができます。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のデメリット

Photo byisabellecursillat

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)の効果はとても魅力的ですが、実際に受けるとどんなデメリットがあるのでしょうか?ハイジーナ脱毛(VIO脱毛)を受けた場合に起こる不安は、実際に見た目に出る面とメンタル面で起こってしまう点があります。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)は気になるけど「痛いのでは」「施術を受けるのが恥ずかしい」などの不安に感じてしまう面があります。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)は受ける前と受けた後で感じるデメリットがあるようです。人によって感じ方は様々ですが、両方の意見をまとめましたので、ご紹介していきます。ご参考にしていただければ幸いです。

施術を受けるのに勇気がいる

Photo byPublicDomainPictures

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)は効果も高い脱毛ですが、1番のデメリットの理由として上がっているのが「恥ずかしい」という理由です。

デリケートゾーンは普段人に見せる事がほとんどない部分です。例え同性であっても躊躇してしまうほどの「恥ずかしさ」を覚えるのは至極真っ当な感性であると言えます。

デリケートゾーンの悩みやコンプレックスは人によって様々で、「形が変だから見られたくない」「黒い気がするので見られたくない」など他人から見たら気にならないようなことも当人としては非常に大きな問題になっています。

婦人科や温泉で視線が気になる

フリー写真素材ぱくたそ

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)を受けた後のデメリットになりますが、温泉や銭湯、婦人科での他人の目線が気になってしまうという点です。ハイジーナ脱毛(VIO脱毛)などデリケートゾーンの処理はまだまだ浸透しているとが言えない状況です。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)は日本ではまだまだ認知度も浸透率も低いのが現状ですが、これからは間違いなくとトレンドになってくるケアですので、ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)を先取りとして行っていくことをおすすめします。

婦人科に関しては多くの患者さんを診察しているので、脱毛処理している方の割合は決して少ないとは言えません。そのため婦人科では特に気にする必要もないとの声も多く上がっています。

効果が出るまで費用と時間がかかる場合も

Photo bygeralt

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)は毛量が多く皮膚もとても繊細なため完璧な状態にするまでに少なくとも5〜10回ほど通うことになってしまうのでとても時間がかかってしまう事が実質的なデメリットになってしまいます。

サロンによっては出力の高いマシンを使えないという事例があります。満足できるまで15回以上かかる場合もある場合があるとのことです。

範囲が広いため費用が高くなるケースが多いため回数や費用もデメリットとして出てしまうのは仕方がない事であると言えます。

完璧な脱毛にはやはりそれなりの費用と時間がかかってしまうという事がデメリットと言えますが、どんなことにも時間や手間は必要不可欠ですので、成果を得るためにはある程度の覚悟は必要です。

脱毛後は元に戻せない

Photo by Black Song

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)などの脱毛処理が自己処理で毛を抜くのとは違い、レーザーで完全に生えてこないように施術するものなので元に戻す事ができません。

不可逆性が高く、インクが染み込んだ水が二度と飲めないように、一度脱毛して毛根を焼いてしまうと、そこから毛が生えてくる事はありません。

人によってはうっすらと生えてきてしまう場合もありますが、元のように完全に戻ってしまうということはありませんので安心してください。もし気が変わって元のようになりたいと願望が少しでもある方は、ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)の施術は慎重に選択しましょう。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)への男性の本音

Photo by MShades

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)などデリケートゾーンの脱毛を行う女性のことを男性の本音はどのように捉えているのでしょうか?

昨今では男性のデリケートゾーンの永久脱毛などを行っているクリニックや、実際に永久脱毛を受ける男性も増えてきているとのことですので、好意的に捉えている割合の方が多いとのことです。

しかし必ずしも肯定的な本音や意見だけでは無いのが実情ですので、どんな意見があるのかも気になる所です。必ずどんなことにも意見は分かれてしまうものですので、仕方がない事ではありますが、どんな本音があるのかをまとめましたので紹介していきます。

好意的な男性の本音

Photo byniekverlaan

まずは好意的な本音の意見についてご紹介していきます。「水着を着た彼女がとても綺麗でアンダーヘアの処理がされている事がわかって好感を持ちました」などの声が上がっています。デリケートゾーンが綺麗に整えてあると男性は概ね行為的に受け取るようです。

また「ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)には賛成です。化粧やスキンケアなどと同じ感覚で無駄毛処理をしているというイメージ」という日常のケアの一環だと捉えている男性もいるようです。

デリケートゾーンの処理に悩んでいてハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)になかなか踏み切れないでいる女性にはとても心強い本音の意見があるようです。

否定的な男性の本音

Photo byAlexas_Fotos

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)においては「自然派の男性」からの否定的な本音の意見が目立つようです。

「脇や脚などは公的に晒されてしまう部位だから仕方がないが、通常であれば見られない所まで処理を行う必要性が感じられない」との声が上がっています。

また「ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)に反対です。デリケートゾーンにけがない状態は成熟した大人として不自然な状態だと感じる」との主観ではありますが、このような厳しい本音の意見も見られます。

女性の濃いもみあげはどう処理する?脱毛や全剃りで薄くする方法まとめ!のイメージ
女性の濃いもみあげはどう処理する?脱毛や全剃りで薄くする方法まとめ!
女性はもみあげについてコンプレックスを抱えている人も少なくありません。もみあげは生まれつき整っている人もいれば、濃い人や浮いている人もおり、もみあげで顔の印象が変わると言われています。今回は、女性の濃いもみあげを脱毛や全剃りで処理する方法についてご紹介します。

女性にとってハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)のメリットは大きい!

Photo byDzeeShah

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)において男性からの様々な本音がありましたが、実際に施術を受けるのは女性です。女性のコンプレックスやストレスが軽減されるのなら、もっと多くの方々に常識として認知されるべきです。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)の効果はとても高いので一度脱毛してしまえば半永久的に処理の手間から開放されます。そのメリットは、上記にあげたデメリットを遙かに上まわる効果を持っていることは明らかです。

これからの季節は特にVラインを気にする生活が増えてくるので、効果の高いハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)受けて、Vラインを気にしない快適な生活を手に入れましょう。

ソコノマ
ライター

ソコノマ

初めましてソコノマです。食品関係の記事を中心に生活雑貨など身の回りの役に立つ情報を伝えていければと考えています。少しでも多くの情報を共有し、楽しく読んでもらえるように記事を書いていきます!よろしくお願い致します!

関連するまとめ

人気の記事