プロポーズで贈る花束の選び方や注意点まとめ!女性が喜ぶ演出もレクチャー!

プロポーズで贈る花束の選び方や注意点まとめ!女性が喜ぶ演出もレクチャー!

プロポーズと言えば、定番なのが、男性からプロポーズの言葉とともに渡される花束です。女性にとっては、憧れとも言えます。そこで気になるのが、女性に渡す花束の本数や値段、演出などですが、この記事では、男性にとって気になるプロポーズの時の花束などについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.プロポーズで贈るおすすめの花束や贈り方を紹介!
  2. 2.プロポーズで花束をもらいたい女性は多い
  3. 3.プロポーズにおすすめの花束の花の種類
  4. 4.プロポーズで贈る花束の値段の相場
  5. 5.プロポーズで花束を贈る時の演出方法
  6. 6.プロポーズで素敵な花束を贈ろう!

プロポーズで贈るおすすめの花束や贈り方を紹介!

Photo byPexels

プロポーズと言えば花束というイメージは現在でもあります。女性にとって、男性からのプロポーズがあった時に、花束も一緒にもらえたら、花束の値段や種類に関わらずとても嬉しいものです。プロポーズの形も様々になっても、男性が、プロポーズの時に一緒に花束を渡すことは少なくありません。

この記事では、プロポーズにふさわしい花束の種類や本数、値段、そして他にも同時に行うことがおすすめの演出や、昔は必ずと言っていいくらいにプロポーズの時に渡されていた婚約指輪のことなどについて紹介します。

プロポーズで花束をもらいたい女性は多い

Photo by Max Braun

現代では、プロポーズの形は多様化してきていますが、「プロポーズといえば花束」という女性もまだまだ多いです。男性からの心のこもった花束とともにプロポーズされたという思い出は一生心に残っていきます。プロポーズの形は多様化しても、プロポーズの花束はどこか心に響くものがあるのです。

また、花には「花言葉」があり、男性から女性への花束に込められている意味も受け取れる様になっています。そのようなところもプロポーズの時に花束ももらえると嬉しい理由の1つと考えられます。

多様化するプロポーズ

フリー写真素材ぱくたそ

現在では、結婚に関する認識なども多様化しているため、プロポーズの形も様々です。男性からだけではなく、女性からプロポーズする場合もありますし、それこそドラマの様に花束と指輪を渡される様な感動的なプロポーズもまだまだあります。また、花束も指輪もなしの簡単なプロポーズもあります。

ただ、いずれにしても、プロポーズを受ける方にしてみたら、花束の本数や値段、種類などに関わらず、心のこもった花束を受け取ったら嬉しいことに変わりはありません。

指輪なしで花束だけのプロポーズも増えている

Photo byOlcayErtem

近年は、プロポーズの多様化が進み、指輪なしで花束のみのプロポーズも増えています。ある調査では、プロポーズの大体7割くらいが指輪なしであるという結果も出ています。指輪には個人の好みもありますので、「好みに合わない指輪より心のこもった花束のようがよい」という考えが主流なのです。

そこで指輪の代わりにおすすめなのが花束です。ロマンチックなイメージがあるのもおすすめポイントなのですが、悪いイメージの花言葉を持つ花でない限り、花束をもらって怒る女性はまずいません。また、予算的にも幅があり、予算に合わせて見栄えのする花束を送ることができます。

プロポーズは指輪以外を贈ってもいい?女性の本音や喜ばれるプレゼントも紹介のイメージ
プロポーズは指輪以外を贈ってもいい?女性の本音や喜ばれるプレゼントも紹介
プロポーズと言えば指輪を渡すものと言われていますが、指輪以外の物を渡すプロポーズもあります。プロポーズの時に指輪以外に渡すと彼女が喜ぶおすすめのプレゼントや、プロポーズに適したおすすめの演出など、指輪以外の物を渡すプロポーズについてご紹介します。

プロポーズにおすすめの花束の花の種類

Photo byannca

1口にプロポーズの時に渡す花束といっても、花の種類や値段、本数などは様々です。また、お花屋さんで作ってもらう花束だけではなく、近年は、「フラワーギフト」という形のものもあります。ここでは、プロポーズに渡す時にはどの様な種類の花を使った花束がおすすめなのかを紹介します。

ところで、花束を使ってプロポーズをする際に気をつけなければならないのは、花には「花言葉」があり、例えばバラでも色や本数によって込められる意味が異なります。知らずに悪い意味の花言葉を持つ花を贈ったりしてしまわない様に気をつけましょう。

女性に人気の花はバラ

Photo byArtTower

まず、女性に人気のある花の種類は何かということですが、バラです。バラはとても華やかなイメージがあり、種類も豊富で、本数が1本でも存在感があります。値段もすごく値が張るというものではありません。バラの花束で種類や色、本数などに意味を込めた演出をすれば、喜ばれること請け合いです。

ただ、バラには色や本数によって込められた意味が異なります。中には悪いイメージの意味の色などもありますので、バラの花束に意味を込めて贈ろうという方は、その色や本数に込められた意味まで調べてから贈りましょう。

バラの本数別の意味もチェック

Photo byMyriams-Fotos

前述したように、バラの花束には本数によって込められた意味が異なります。しかし、どの本数でも、例えば1本では「あなたしかいない」、2本だと「この世界は2人だけ」3本が「愛しています」などいかにもプロポーズ向きの言葉が並んでいて、本数に関してはあまり気にしなくても大丈夫といえます。

ちなみに、バラの花束の本数別の意味は999本の「何度生まれ変わってもあなたを愛する」まであり、999本のバラの花束では重さが10kgにもなります。もっとも扱いにくいため、女性には12本(私の妻になってくださいという意味)が人気です。しかし本数にはこだわらないという方も多いです。

バラの色別の意味に注意!

Photo byblizniak

前述した様に、バラの花束の場合、本数はあまり気にしなくても大丈夫なのですが、意味に注意しなければならない色があります。例えば、黄色のバラは「愛情の薄らぎ」などの意味をもち、赤に白い斑点には「争い」、黒赤色にいたっては「死ぬまで恨みます」などのものすごく怖い意味があります。

知らずにこれらの色のバラで花束を作って贈ってしまうと、たとえ知らずにしたことでも後々相手の大変な不興を買ってしまうことになりかねませんので要注意です。

花言葉で選ぶのもおすすめ

Photo bypixel2013

良く知られているように、花には「花言葉」があります。ですので、花束に使う花に意味を込めたいなら、良い意味を持つ「花言葉」で使う花を選ぶのもおすすめです。多くを言葉に出さなくても相手に気持ちが伝わります。

ただし、花言葉で花束に使う花の種類を選ぶときには、要注意です。例えば、マリーゴールドには「絶望」、同じチューリップでも黄色は「報われない恋」、白は「失われた恋」という意味なので気を付けましょう。

プロポーズにおすすめの花

フリー写真素材ぱくたそ

それでは、プロポーズで渡す花束におすすめの花の種類にはどのようなものがあるのかということを紹介します。もちろん、値段や本数、他にも演出を考えているかなどによって異なりますが、紹介する花から選べば花言葉で失敗することはありません。

プロポーズにふさわしい花を使った花束で相手の心をつかんで大切なプロポーズをぜひ成功させましょう。

ひまわり

Photo byulleo

ひまわりは、夏に咲く花の代表格で、情熱的なイメージがありますが、花言葉は「あなただけを見つめている」です。プロポーズで花束を贈られる相手にとって、これ以上嬉しい言葉はありません。まさにプロポーズ向きの花と言えます。

もっとも、ひまわりは夏の花ですので、ひまわりを花束に使えるのは夏だけになりますが、ひまわりの花束であなただけのプロポーズを演出しましょう。

ガーベラ

Photo by nubobo

卒業式などで見かけることのあるガーベラですが、花言葉はピンクが「熱愛」、赤が「燃える神秘の愛」と見かけによらず実に情熱的です。ガーベラの花束を贈れば、相手に自分の相手を愛する気持ちが伝わること間違いなしです。

また、他の花に比べて長持ちしやすく、見た感じが華やかなでもくどさがないので、その点でもおすすめです。

ブーゲンビリア

Photo byJosch13

いかにも「南国の花」というイメージがあるブーゲンビリアですが、花言葉は「あなたしか見えない」です。こんな花言葉の花を使った花束を相手から贈られたら、一瞬でプロポーズをOKしてしまいます。プロポーズにぴったりの花です。

ブーゲンビリアは「南国の花」というイメージがあるので、海岸でプロポーズしたい時の演出に、特におすすめです

マーガレット

Photo byOldiefan

純粋で可憐なイメージのあるマーガレットの花言葉は「真実の愛」です。プロポーズで相手に「嘘偽りのない真実の愛」という花言葉の花束を贈ってもらえたら、プロポーズされる嬉しさが倍増するというものです。

地味な感じを受けるかもしれませんが、プロポーズに合わない花言葉の派手な花束よりも、地味でもプロポーズ向きの花言葉の花束の方が相手に喜ばれて、プロポーズも成功しやすいです。

胡蝶蘭

Photo by Hiroyuki Tsuruno

豪華で南国的なイメージのある胡蝶蘭ですが、花言葉は「あなたを愛している」です。これほど率直にプロポーズの言葉を表している花言葉はありません。恥ずかしがり屋の方にはプロポーズの花束の花としておすすめです。

プロポーズで直接相手に「あなたを愛しています」というのは恥ずかしいという方でも、花束の花の花言葉に気持ちを込めれば相手に伝わってプロポーズも成功すること間違いなしです。

プロポーズの花束で避けるべき花の種類

Photo byJan-Mallander

花の中には、恨むなどの悪い意味の花言葉を持っているものもあります。きれいな花だからと、うっかりそのような悪い意味の花言葉をもつ花を使った花束を相手に贈ってしまうと、せっかくのプロポーズが台無しになってしまいます。

そのようなことがないように、悪い意味を持つ花言葉の花かどうか事前にしっかりと調べましょう。また、同じ花でも、色によって意味が異なることがありますので、そこのところも要注意です。

マリーゴールド

Photo bySilberfuchs

マリーゴールドはとても可愛らしい花ですので、つい、花束にしたくなってしまいます。しかし、マリーゴールドの花言葉は「絶望」です。いくら可愛らしいといっても、こんな花言葉の花を使った花束は、間違っても大事な相手に贈ってはいけません。

黄色や白のチューリップ

Photo byRobVanDerMeijden

赤いチューリップは「愛の告白」という意味があるので良いのですが、同じチューリップでも、黄色は「報われぬ恋」、白は「失われた恋」という花言葉を持っています。間違っても赤いチューリップと一緒に花束にして贈ることのないようにしましょう。

バラの本数・色の意味まとめ!花言葉の違いやプロポーズでの最適な組み合わせは?のイメージ
バラの本数・色の意味まとめ!花言葉の違いやプロポーズでの最適な組み合わせは?
バラは贈る花束として有名ですが、色や本数によって花言葉の意味に違いがあります。バラは、プロポーズの際に用いられる事が多いですが、色などによってプロポーズ以外にも贈る事ができます。今回は、バラの本数や色の意味、プロポーズに最適な組み合わせについてご紹介します。
ひまわりの花言葉は色や種類で違う?明るい花の怖いと言われる理由も紹介のイメージ
ひまわりの花言葉は色や種類で違う?明るい花の怖いと言われる理由も紹介
夏の季語でもあるひまわりですが、ひまわりの大きさや色、種類によってそれぞれのひまわりの花言葉は異なります。ひまわりの花言葉にはその明るいイメージどおりポジティブなものからネガティヴなものまで実はあり、きっと驚かされることでしょう。

プロポーズで贈る花束の値段の相場

フリー写真素材ぱくたそ

ここまでは、プロポーズに花束がふさわしい訳や、どのような花の花束がふさわしいのかなどについて述べてきましたが、ここでは、それでは一般的にプロポーズに使われる花束はどのくらいの値段の物が多いのかなどについて紹介します。

プロポーズにふさわしい花束の種類や本数、演出なども気になりますが、値段も気になります。プロポーズにふさわしい花束の一般的な値段を知って、相手に喜ばれる花束を贈りましょう。

花束としての相場

Photo by kanonn

花束の値段は、種類や本数、季節などによって大きな差があります。あまり豪華でなく、ごく一般的な花束の場合は、大体5000円から15000円くらいと考えておけば大丈夫です。他にも演出を考えている場合でしたら、2000円から3000円という感じになります。

ただ、この値段の場合は、あくまでも、他にも指輪を贈るなどの演出を考えているということが前提です。

バラの花束の場合の値段

Photo byHans

よくプロポーズに使われるバラの花束の場合、1本あたり大体300円から700円くらいです。ただ、季節や産地などによって、50円から700円くらいまでのばらつきがあります。自分の予算に合わせて本数や産地などを選ぶと良いです。

また、同じバラでも様々な品種がありますので、品種や色などによっても値段が異なってきます。前述した花言葉や色の持つ意味なども一緒に考慮して選びましょう。

プレゼントとしての相場

Photo by pika1935

花束をプロポーズのプレゼントとして贈ることを考えた場合、余りにも値段が安すぎると、相手にあまり良い印象を与えることはできません。大体20000円から30000円くらいの予算を見込んでおいた方が良いです。

この場合、生花の花束というよりは、フラワーギフトという形にしてプレゼントする方が、相手に喜ばれてプロポーズも成功します。

フラワーギフトという選択肢も

Photo byfloriangfd

前述のように、生花による花束は、選び方を間違えると場合によっては安っぽい印象を与えてしまうことがあります。また、生花の花束では、贈られた方が、水替えなど後の手入れが大変になってしまう上、何時かは枯れてしまいます。

その点、フラワーギフトでしたら、値段も20000円から30000円くらいで良いものが沢山ありますし、ずっとそのままで置いておけます。手入れもいりませんのでおすすめです。

プロポーズで花束を贈る時の演出方法

Photo byFree-Photos

プロポーズでは、相手に贈るプレゼントの種類の他に、演出もとても大切です。プロポーズする場所や、指輪など他のプレゼントもあるかなどによって、花束を渡したりプロポーズの言葉をいったりする適切なタイミングも異なります。

ここでは、プロポーズを考えている場所別に適切なプロポーズのタイミングを紹介します。この項を読んで、丁度よいタイミングでプロポーズをして成功させましょう。

レストラン

フリー写真素材ぱくたそ

プロポーズをする場所の定番の1つとしてレストランがあります。相手とのデートの時にお洒落なレストランで一緒に食事をしてプロポーズという流れはプロポーズの王道とも言えます。食事をお洒落なレストランでとり、プロポーズというのは憧れでもあります。

レストランの場合は、まず個室でフルコースを予約しましょう。そして、花束や指輪などのプレゼントを持ってきてもらうタイミングをしっかりと事前にレストランのオーナーと打ち合わせするのがベストです。

ホテル

Photo byTesaPhotography

ホテルもプロポーズの場所として選ばれることの多い場所です。ホテルの場合、まずは、ホテル側とメールなどでしっかりと打ち合わせをしておきましょう。ホテルによってはプロポーズ向けプランもある場合がありますので、まずは相談してみるのがベストです。

タイミングとしては、観光などに出かけている間にセットしておいてもらうなどがありますが、ホテルの場合、プレゼントの持ち込みが出来ず、手配してもらうだけになる可能性があるので、そこのところは要注意です。

自宅や車での渡すタイミングは?

Photo bySkitterphoto

自宅や車の中で花束を渡すことを考えている場合、まずは、どこか花束などを隠しておくのに適切な場所があるかどうか考えてみましょう。自宅のでしたら、部屋の中で花束を入れて置けるくらいの空間のある場所があるかどうかです。

車でしたら、後ろのトランクなどに入れておくことを考えましょう。そしてタイミングを見計らって、プロポーズの言葉とともに相手に渡しましょう。

プロポーズのタイミングはいつがベスト?理想的な交際期間や場所を調査!のイメージ
プロポーズのタイミングはいつがベスト?理想的な交際期間や場所を調査!
プロポーズを成功させるためには、タイミングがとても重要です。しかしそのタイミングは、いつがベストなのでしょうか。今回は、プロポーズにおすすめのタイミングや場所を紹介するだけでなく、プロポーズするのに理想的な交際期間についても詳しく解説していきます。

プロポーズで素敵な花束を贈ろう!

Photo by *Yaco*

誰にとっても、プロポーズは特別な瞬間です。そんな特別な時には素敵な花束があると気分も盛り上がり、プロポーズも成功しやすくなります。この記事を参考にして、大切な相手のために素敵な花束を準備してプロポーズを成功させましょう。

丹羽 陽子
ライター

丹羽 陽子

普段は研究関係の仕事をしています。読書が好きで、様々な本を読んできたので、その経験を活かして、いろんなことを書いて、ライターとしての幅を広げたいです。記事を書くたびにいろんな発見があって、楽しみながら書いています。

関連するまとめ

人気の記事