愛憎とはどんな意味?愛憎を抱く心理や使い方の例文もまとめて紹介!

愛憎とはどんな意味?愛憎を抱く心理や使い方の例文もまとめて紹介!

愛しているのに憎い。そんな気持ちを経験したことはありますか。相反する気持ちが混在する複雑な心理の愛憎。経験がない方もいるかもしれません。「愛憎」という言葉の意味と心理を類語、例文などから紐解き、愛する故に憎い、複雑な感情を抱く心理や恋愛を探っていきましょう。

記事の目次

  1. 1.愛憎の意味とは
  2. 2.愛憎の類語
  3. 3.愛憎・恋愛中に抱く人の心理
  4. 4.愛憎・向けられやすい人の特徴
  5. 5.愛憎の使い方
  6. 6.愛憎・例文
  7. 7.愛憎の英語表現
  8. 8.愛憎は愛と憎しみが混ざった複雑な感情を表す

愛憎・向けられやすい人の特徴

Photo byFree-Photos

愛憎が生まれる心理を、色々なパターンから考察してきましたが、今度は実際に「愛憎を向けられてしまう人」の特徴について考えていきましょう。相手との関係性や立場によっても違ってきますが、愛憎を向けられやすい人には共通の特徴があるようです。また愛憎を向けられた時の回避の仕方も、併せてシーン別に解説していきます。

①世話好きの人

Photo byMabelAmber

世話好きで何でも親身になってくれる人は、愛憎を向けられる対象になりやすいものです。世話を焼かれる側は、未熟だったり自立できていないなど、何かしら人の手を借りる必要が多く、世話を焼いてくれる人を頼り、依存している心理が大きいのです。そのため相手から手をかけられなくなったり、自立を促されると見捨てられた気持ちになりがちです。

自分の成長を見届けて自立を促してくれる相手は、とても大事な存在ですが、大事が故に「見捨てられた」とか「裏切られた」気持ちになるのでしょう。愛憎の気持ちを示されたときは、深刻な事態になる前に、一度専門家に相談することをお勧めします。

②配偶者・恋人

Photo bydebowscyfoto

パートナーには「こうあるべき」「夫とはこうするべき」「妻はこうあるべき」というそれぞれの固定概念があり、それは相手と自分と同一ではないことも多くあります。しかし多くの人は自分の固定概念を「正しい」と思い込み、相手のものは「間違え」と否定的です。お互いに正しいものを握りしめて相手を理解しようとしなければ、憎む気持ちも生まれます。

「どうして私の言いたいことを理解してくれないの?」と罵り合うのはとても辛いことです。価値観の違いは、互いに理解しようとしなければ埋まらず、そのまま別れることになって揉めることもあるかもしれません。

互いに理解できないことが、浮気の原因になるかもしれません。別れ話は愛と憎しみが混在し、修羅場となるかもしれません。お互いの気持ちを理解しようと努めること、冷静に話し合うことで、後々のトラブルを回避することができます。

③片思いの相手

Photo byaliceabc0

片思いの相手がなかなか振り向いてくれない時、相手にもまた別の好きな人や恋人がいると、なかなかそれを受け入れられないことがあります。現実を認めることが出来ず、素直に諦めることができないのです。そのため片思いの相手を愛してはいるけれど、他の人を愛することが憎い。愛憎半ばする感情を持つこともあるでしょう。

愛憎の気持ちが膨らむと、嫌がらせやストーカー行為に走ってしまうこともあります。片思いの相手は何も悪いことはしていません。潔く失恋して、新たな出会いを探しに行くことが大切です。

愛憎の使い方

Photo byjarmoluk

ここまで「愛憎」という言葉の意味や愛憎を抱く心理、更に愛憎を向けられる対象となる人物やシーンについてご紹介してきました。しかし普段の生活では、あまり聞き慣れない「愛憎」という単語。どんな風に「愛憎」が使われるのかを解説していきます。日常用語よりは、小説など文体の中で多く利用されています。

①愛憎の念

Photo byPIRO4D

「愛憎」と辞書で調べると「愛することと憎むこと、またその感情」という意味の名刺であることがわかります。名刺ですから「愛憎」の下に感情を示す言葉を足すと使いやすいのです。「愛憎の念」と表現すると、愛憎の想いの深さを感じます。愛と憎しみが複雑に絡み合い、そこに絡め取られる心情がとても伝わりやすいのです。

文章としては「愛情の念が入り交じる」「愛情の念を持って見つめる」「愛情の念で胸がいっぱいだ」などと表現されます。愛しているが憎しみも強く、相手に執着して離れられないイメージです。

②愛情渦巻く

Photo by3093594

心が愛と憎しみに囚われ、二つの気持ちが複雑に交差している様を示すのが「愛憎渦巻く」という表現です。男女の恋愛のもつれを表現することが多く、何とも表現できないほどの長い時間や思い出の中で、培われた愛と憎しみを彷彿します。「渦巻く」と表現される通り、相反する気持ちは絡み合って解けないほどに複雑なのでしょう。

文章では「愛憎渦巻く人間関係」「心では激しく愛憎渦巻いていた」などと表現されます。渦巻くという言葉の響きが、愛憎の葛藤心理を更に表しています。

愛憎・例文

Photo byMediamodifier

「愛憎」という言葉の使い方をご紹介したところで、実際にはどんな風に「愛憎」を取り入れて表現するのかを、様々なシーン別に、例文を用いて解説していきましょう。シーンを表現する実際の例文をご紹介します。文章にすると「愛憎」の言葉の重みや迫力が、更に何とも言えない奥深いものに感じます。

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事