将来の夢の作文対策!書き方のコツや就職で使える例文などを詳しく紹介!

将来の夢の作文対策!書き方のコツや就職で使える例文などを詳しく紹介!

子供の頃に「将来の夢」についての作文を書いたことがある人は多いですが、実は将来の夢の作文には書き方のコツなどがあります。夢がないという人でもコツさえつかめば簡単に将来の夢の作文は書けます。就職にも役立つ将来の夢の作文の書き方を例文をまじえてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.将来の夢作文を攻略
  2. 2.将来の夢の作文【書くテーマ】
  3. 3.将来の夢の作文【書き方のコツ】
  4. 4.将来の夢の作文【夢の見つけ方】
  5. 5.将来の夢の作文【就職試験のポイント】
  6. 6.将来の夢の作文【就職の場合の例文】
  7. 7.将来の夢がない人は少なくない
  8. 8.将来の夢の作文対策をしておこう!
Photo byBessi

将来の夢の作文のテーマが大体決まったら、次は具体的な書き方が問題になってきます。実は具体的な書き方にもある程度のコツがあります。コツと言ってもそう難しいことではありません。将来の夢の作文は「作文」ではありますが、自分の言いたいことを連ねるだけではなく読み手のことを考える必要があります。

将来の夢の作文を、読み手が興味を持って飽きずに最後まで読めるような書き方のコツをご紹介していきます。

①将来の夢を具体的に説明

Photo by4144132

将来の夢の作文の書き方のコツ一つ目は「将来の夢を具体的に説明する」ということです。将来の夢が「会社のためになる人間になること」だとしたら、それは具体的にはどのような「会社のためになる人間」なのかを説明する必要があります。会社のためになるには、まず仕事を一生懸命やることが大切ですが、それだけではありません。

人間関係に気を配ることや、後輩の育成に力を入れることなど、会社のためになると言えることはたくさんあります。

将来の夢が決まったら、その具体的な内容をしっかりと例を挙げて書くと、読み手も興味を持って読むことができます。小さなことでもひとつひとつ丁寧に例を挙げていくと、意外にしっかりとした将来の夢の作文になります。

②将来の夢を持つまでの経緯

Photo byComfreak

将来の夢の作文の書き方のコツ二つ目は「将来の夢を持つまでの経緯」を説明することです。自分にいつ何が起きてその夢を持つようになったのかを説明することによって、その夢を持つようになった理由が読み手に伝わります。子供の頃から親が働く姿を見ることで、親の仕事を継ぎたいと思うようになるなど、夢を持つようになる理由は様々です。

何歳ぐらいの頃にどんな出来事があって、それによって自分の心にどんな変化が起きたのかを説明することは、将来の夢の作文を書く上でとても大切なことです。

夢がないので無理やりテーマをひねり出したという場合でも、夢がないような現実的な夢の作文を書く場合でも、それに至った経緯を説明することでそれなりにちゃんとした将来の夢の作文を書くことができます。

③将来の夢を選んだ理由

Photo byKELLEPICS

将来の夢の作文の書き方のコツ三つ目は「将来の夢を選んだ理由」を書くことです。これは先にご紹介した「将来の夢を持つまでの経緯」とセットになりますので、将来の夢を持つまでの経緯がちゃんと書ければ「理由」もすんなりと書くことができます。いつどこで何があって自分がどう感じたかなどの経緯を説明すれば、理由はそれについてきます。

例文「小学生の頃公園で大ケガをして病院に運ばれ、そこで手早く処置してくれたお医者さんを見て医師を目指すようになった」の理由は「自分もケガや病気で苦しんでいる人を助けられる人になりたいと思ったから」という具合に、経緯には理由がついてきます。

夢がないという人や現実的な夢しかない人のように大きな夢を持っていない人でも、夢には必ず経緯と理由があるので、経緯と理由を忘れずに書きましょう。

④将来の夢を実現させるための計画

Photo bystux

将来の夢の作文の書き方のコツ四つ目は「将来の夢を実現させるための計画」を書くということです。将来の夢を実現させるための計画といっても、そう緻密な計画でなくても構いません。看護師になるのが夢なら、看護学校や看護大学に行くのも「計画」と言えます。夢の実県のために、自分がこれからどういうことをするかを書けば良いという事です。

自分の経済事情などから自分に合った夢の実現方法を決めてそれを書けば良いということですが、夢の話ですので非現実的な計画でも悪くはありません。就職用の作文の場合は非現実的な計画を書くのはあまり良くないのでその点は注意が必要です。

⑤将来の夢に対する熱意

Photo byKELLEPICS

将来の夢の作文の書き方のコツ五つ目は「将来の夢に対する熱意」を書くことです。これは就職試験での作文や社内の意識調査の作文などではとても重要になります。自分が抱いている将来の夢を具体的に書き、その夢に至るまでの経緯や理由や計画を書くだけで熱意を伝えないと、単なる夢物語になってしまいます。

夢は大きいけれど熱意ややる気が感じられないような作文では、一番大切なことが読み手に伝わりません。自分がその夢に対してどのぐらい熱意を持っているのかを書くことはとても大切なので、その部分は力を入れて書くことをおすすめします。

将来の夢の作文【夢の見つけ方】

Photo byDanaTentis

将来の夢の作文の書き方がわかっても、どうしても夢の見つけ方がわからないという人もいます。とてもまじめで現実を正しく見ることができる人や、大学まで行ったけれど勉強の内容が思っていたのとは違って夢を見失ってしまった人など、夢の見つけ方がわからないという人にも色々います。

夢の見つけ方がわからないという人はまず、夢の見つけ方から知らなければいけません。夢を見失ってしまった人や夢の見つけ方がわからないという人に、夢の見つけ方をご紹介します。

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事