将来の夢の作文対策!書き方のコツや就職で使える例文などを詳しく紹介!

将来の夢の作文対策!書き方のコツや就職で使える例文などを詳しく紹介!

子供の頃に「将来の夢」についての作文を書いたことがある人は多いですが、実は将来の夢の作文には書き方のコツなどがあります。夢がないという人でもコツさえつかめば簡単に将来の夢の作文は書けます。就職にも役立つ将来の夢の作文の書き方を例文をまじえてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.将来の夢作文を攻略
  2. 2.将来の夢の作文【書くテーマ】
  3. 3.将来の夢の作文【書き方のコツ】
  4. 4.将来の夢の作文【夢の見つけ方】
  5. 5.将来の夢の作文【就職試験のポイント】
  6. 6.将来の夢の作文【就職の場合の例文】
  7. 7.将来の夢がない人は少なくない
  8. 8.将来の夢の作文対策をしておこう!

①夢=職業ではない

Photo bycomposita

将来の夢の作文を書くための夢の見つけ方の一つ目は、夢=職業ではないという風に考え方を変えることです。将来の夢というとプロ野球選手だの医者だのといった職業を挙げることが多いですが、夢というものは必ずしも職業だけを指すものではありません。食べるのが大好きな人が「世界中の料理を食べてみたい」と言うのも立派な「夢」です。

夢というのは職業だけを指すものではなく、もっと自由に考えて良いものだという風に考え方を変えることが大切です。

②興味をもったことは何でもやる

Photo bykudybadorota

将来の夢の作文を書くための夢の見つけ方の二つ目は、興味を持ったことは何でもやるということです。例えば乗馬をしたことがない人が、意外と近くに乗馬レッスンをしている所があると知って、行ってみたら乗馬に夢中になり「もっと乗馬が上手くなりたい」という夢ができたという風に、何かを経験することで生まれる夢もあります。

ほんの些細なことが夢を見つけることにつながりますので、興味を持ったことは何でもやってみることが大切です。

③自分とタイプの違う人に会う

Photo bydarksouls1

将来の夢の作文を書くための夢の見つけ方の三つ目は、自分とタイプの違う人に会うということです。人間は気づけば似たタイプの人と一緒にいることが多く、そのため趣味の幅が広がらずマンネリになるということがあります。自分とは全く違うタイプの人の話を聞いたりすると、目から鱗が落ちるようなことをたくさん知ることができます。

自分にとっての常識が覆されるようなことに出会えたりしますので、夢が見つからないと悩んでいる時は自分とは違うタイプの人と話をしてみることをおすすめします。

④幅広いジャンルの本を読む

Photo byThePixelman

将来の夢の作文を書くための夢の見つけ方の四つ目は、幅広いジャンルの本を読むということです。これは先に挙げた「自分とタイプの違う人に会う」に近いもので、今まで読んだことのないジャンルの本を読むと、未知の世界が開けます。また、本をたくさん読むと「自分がいかに無知だったか」を思い知ることになります。

色々なジャンルの本を読むたびに新たな世界が広がり、今まで知らなかったたくさんのことを知ることができますので、その中で将来の夢につながるものに出会える可能性もあります。

将来の夢の作文【就職試験のポイント】

Photo byFree-Photos

将来の夢の作文を就職試験で書かなければならない場合もあります。小学生の作文ではなく、就職試験でどのように将来の夢の作文を書けばいいかとなると、悩みすぎて頭が痛くなるという人もいます。就職試験における将来の夢の作文は当然、小学生の作文より高いレベルでなければなりません。

就職試験での将来の夢の作文をどのように書けばよいか、いくつかのポイントをご紹介します。

①文章の基本構成

Photo byPublicDomainPictures

就職試験における将来の夢の作文の書き方のポイント一つ目は、文章の基本構成をしっかりとするということです。文章の基本構成は序論と本論と結論ですが、そう構える必要はありません。ここまでにご紹介したように、将来の夢を具体的に語り、その夢に至るまでの経緯と理由を説明し、具体的な計画案と夢に対する熱意を示すだけです。

夢に至る経緯や理由、計画や熱意を書けばそれだけで序論と本論と結論になります。就職用なら最も大切なのは結論部分に当たる「熱意」です。就職試験の作文では文章の基本構成を大切にし、結論で熱意をしっかり伝えることが大切です。

②文字数に的確にあわせる

Photo byRobert-Owen-Wahl

就職試験における将来の夢の作文の書き方のポイント二つ目は、文字数に的確にあわせるということです。就職試験の作文は大体の文字数が決まっています。800文字以上というところもあれば1,200文字以上というところもあり、会社によって文字数はまちまちですが、文字数はある程度指定されています。

「以上」という指定なら必ず文字数を超える文章にしなければなりません。どうしても埋められないからと、規定文字数に満たない作文を提出するとマイナス評価につながりますので注意してください。

③インパクトのあるタイトル

Photo byDlee

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事