「生きがい」とは何か?言葉の意味や使い方・生きがいの見つけ方を紹介!

「生きがい」とは何か?言葉の意味や使い方・生きがいの見つけ方を紹介!

生きがいとは、どのような時に感じてどんな物事で思いますか。生きがいとは、どんなときに生きる価値を見いだし、相手と張り合い、喜びをわかちあっていますか。今一度、生きがいとはと見つめ直し人生を晴れやかな思いで歩んでいきましょう。

記事の目次

  1. 1.「生きがい」の意味とは
  2. 2.「生きがい」の2つの使い方とは
  3. 3.「生きがい」のない人の特徴とは
  4. 4.「生きがい」の見つけ方とは
  5. 5.高齢者にとっての生きがいとは
  6. 6.「生きがい」を面接で聞かれた場合の答え方とは
  7. 7.生きがいの使い方
  8. 8.生きがいとは何かに対して努力していること

③ペット

Photo byamayaeguizabal

高齢者の生きがいとは、ペットの関係とは、家に閉じこもりがちになったり散歩の回数が減ったりさみしさなどを払拭してくれる存在としてペットを飼うこともありかけがえのない存在になります。

ペットを実際に譲りうける例をあげればミグノン活動というものがあります。動物を愛護する活動で譲渡会があり、里親になることもできます。高齢者とペットを介護家族が気遣うために飼育状況をみていくことも大切です。

高齢者が動物愛護活動で社会参加のボランティアをすることも珍しくはないようです。家族に支えてもらいながらペットと生きていくことも高齢者の生きがいになります。

④美容

高齢者の生きがいとは、高齢者の美容とは、外見を整えることで、生き生きとした表情や気持ちにさせるのはどの年代でも共通しています。高齢者自身、身だしなみを整えることが嫌いな人は少ないようです。

美容について具体的に列挙していくと、ゆっくりお風呂に入る、好きな柔軟剤で選択をする、肌触りのよい寝間着で眠るなど、特にこだわりを入れなくても日常生活のなかにも高齢者の美容に関する生きがいはあります。今日1日楽しかったことを思い出して明日を迎える準備をしましょう。きっと、さまざまな生きがいを見つけることができるはずです。

Photo byFree-Photos

このように例を挙げて家族、ペット、美容と高齢者の生きがいに関して説明してきました。生きがい探しをしてみることは生きている上でとても重要なことです。気づいた今から実践していき、楽しいと思える人生にしていきませんか。せっかくの人生、生きがいを感じないと勿体ないものです。

「生きがい」を面接で聞かれた場合の答え方とは

面接で生きがいを尋ねられたとき、面接をする相手はどのような答えを期待しているのでしょうか。気持ちなど読めなくても面接の意味を考えれば、人間性などを計っていることも考えられるでしょう。人とは、それぞれ生きがいがありその答えもさまざまです。

自分なりの言葉で経験を交え話すことが求められます。面接とは、ゆっくり時間を使いコミュニケーションをとることで、唐突に生きがいについて尋ねられ、模範解答が思いつかない、そんなときの対処になります。長いとは言えども、標準的に沈黙の時間とは5分程度です。

5分程度後に慌てず、落ち着いて面接で受け答えをしていきましょう。面接が終わったあとに漫才だと自分に言い聞かせることも恥ずかしさを受け流すのに丁度良いかもしれません。

ポジティブな理由を答える

面接時に生きがいとはを尋ねられ例をあげるならば、「ありがとうと言われたときに喜びを感じます。誰かのために努力して相手を喜ばせることが生きがいです」こういう言葉を話すだけで面接はいいはずです。

生きがいとは、使い方を前向きな思考で考えていけば、緊張している面接時においても個性ある言葉で面接官に伝え表現できます。難しい言葉や慣れない言葉などを面接で話す必要はありません。一般常識で面接に挑んでいればよいのです。

それでも面接というだけで緊張するならば、緊張を和らげるものを考えたらいいのです。人生において大事な場面ですが、面接というのは何百回もするものではないので自分らしさを出すことを心がけます。少なくとも、それが面接では大事です。

生きがいの使い方

Photo bylibellule789

「生きがいとは」その使い方について調べていくうちに、どの文献にも共通する意味と使い方が書かれます。内容としては、生きていてよかったと思えることだと肯定する意味合いがあります。使い方を含めて簡単な言葉で書かれているので、解説が詳しく書かなくてよいほど、生きがいと使い方とは単純なことなのかもしれません。

Photo byOrnaW

生きがいという何気ない言葉の羅列も使い方を交えて意味をはき違えないようにすることで恥じらいを感じずに済みます。では間違った使い方とはどのような使い方でしょうか。「自分の小さなミスで会社に大きな迷惑をかけたときに生きがいを感じる」とは表現しないはずです。相手へ伝えても意味の受け取り方が変わり誤解を生みそうです。

使い方は表現として成り立っていても意味が違うとちぐはぐな文章になります。その使い方の良い例が挙げることができ、悪い例の使い方も参考になります。言葉は無数にあれど使い方を誤ると、生きがいを相手に伝えることも難しくなるでしょう。

生きがいの使い方について学びました。もうすでに、生きがいを間違った意味では使わなくなっているはずです。良い例と悪い例をみて、意味を知ることができ今後生きがいを感じたときに表現しやすくなっています。これからは友人とのコミュニケーションをとるときに、共通の話題に生きがいの話ができるかもしれません。

生きがいとは何かに対して努力していること

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事