「那」が持つ意味や由来は?使い方や名前につけるときのポイントを紹介!

「那」が持つ意味や由来は?使い方や名前につけるときのポイントを紹介!

「那」という漢字は最近よく名前に使われます。「那」には、どんな意味や由来があるのでしょう。漢字の意味や由来を知ることは、名付けの際の大きなヒントになります。「那」という漢字の意味と由来を分かりやすく解説します。また使い方のポイントも合わせて紹介します。

記事の目次

  1. 1.「那」の持つ意味
  2. 2. 「那」の由来
  3. 3.「那」は中国語の指示代詞
  4. 4.「那」の日本語での使われ方
  5. 5.「那」は女の子の名前で人気
  6. 6.「那」がつく女の子の人気の名前TOP5
  7. 7.「那」を男の子の名前に使うよい点
  8. 8.日本語のひらがな・カタカナは漢字がベース
  9. 9.「那」の漢字の意味と使い方を知ろう!

「那」の右側のヘンは「おおざとへん」といい、ヘンの名前に有るように郷(さと)や村、国など特定の場所や領地を意味します。「那」という漢字のヘンとツクリ左右を合わせると「しなやかな村」「美しく豊かな村」といった意味になります。白い髭をたずさえた思慮深い長老のいる郷は、穏やかな村、実り豊かな郷になるのです。

「那」は中国語の指示代詞

代替
Photo bygeralt

日本語で「これ」「あれ」と表現する言葉を、中国語では指示代詞といいます。数字とか位置をあらわす指示文字とは違います。指示代詞とは、直接ものの名称を呼ぶ代わりに使う言葉です。

たとえば目の前に赤いリンゴがあったとします。リンゴと言わずに「これはずいぶん赤いですね」などのように使われる「これ」です。りんごの代わりに「これ」というような使い方をする言葉のことです。では何故「那」は中国語の指示代詞なのでしょう。

遠称として使う

遠称
Photo byHans

日本語では「これ」「あれ」のほかに「それ」がありますが、中国語では「それ」に相当するものがありません。「これ」は対象物が近いものを代称するもので、「あれ」は遠くにあるものを指す遠称です。

日本語の「それ」は抽象的な表現で直接目に見える対象物がありません。中国語では物理的に目に映らないものを代わりに表現する言葉がないので、「それ」という表現がないのです。では「那」は中国語では指示代詞としてどのように使われるのでしょう。

あれ・あの

あれ
Photo byNDE

中国語では自分から近いものは「这」、離れて遠くにあるものは「那」を使います。すなわち「那」は「あれ」「あの」などの遠称として使われる指示代詞なのです。ただここで気をつけなければいけないのが、日本語と中国語の本質的な表現方法の違いです。

日本語で「あれ」といえば、遠くにあるその物を指しますが、中国語で「那(あれ)」といった場合は、物をささずに遠いという距離感だけを指します。そこで誤解を生まないよう注意することが必要です。

あれら

数える
Photo byHans

「あれら」は複数を表す指示代詞です。日本語では数を表現する時に、数える物により後に付く文字が変ります。たとえば人数を数える時には○人、物を数える時には○個、動物を数える時には○頭○匹、などに変化します。

中国語でも同じで対象物や数によりにより変化し、それを「量詞」といいます。中国語では文字の後に量詞を付けることによって具体的な意味を表現するのです。ですから量詞の付いていない表現は明確な意味を伝えられないのです。「那(あれら)」「那(あれ)」でも、あとに量詞が付いていない場合は、中国語では距離感を表すだけで意味をなさないのです。

「那」の日本語での使われ方

桜
Photo byPexels

「那」という漢字は、最近はよく名前に使われるようになりましたが、日本語では以前からどのような物に使われていたのでしょう。日本語で「那」の使い方を見てみると、大きく2つに分けられます。

1つは音読みの「ナ」の意味「豊かな」「美しい」などに由来する使い方、もう一つは訓読みの「なんぞ」「なに」「おいて(於)」などの意味に由来する使い方です。前者は地名に、後者は仏教語に多く見られる使い方です。

日本の地名

地名
Photo byHans

「那」が地名に付く場所は、日本全国各地に点在しています。その地名には「那」という漢字が持つ意味の「美しい」「豊かな」と地域の特徴や立地状況を組み合わせた物が多く見られます。

立地状況から付けられた地名の典型が「川上」「下川」「山中」などで人名にも応用されています。「東京」は京都の東にある都、「九州」は9つの州(国)から成り立っているからです。現在の九州は7つの県ですが、江戸時代までは9つの藩があったのです。それでは「那」が付く地名とその地域特性を紹介します。

那覇(なは)

沖縄
Photo byMacotoSeimori

「那覇(なは)」は沖縄県の県庁所在地です。那覇という漢字を分解すると、左側「那」の意味は「美しい」「ゆったりとした」で右側の「覇」の意味は「天下を取る者」「支配すること」です。左右を合せた那覇の意味は「美しい国を支配するもの」となり、まさに美しくゆったりとした沖縄県の中心にふさわしい地名です。

那須(なす)

那須
Photo by atk1983

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事