鳥貴族の社長の息子は関ジャニ∞の大倉忠義!父・母など家族についても紹介!

鳥貴族の社長の息子は関ジャニ∞の大倉忠義!父・母など家族についても紹介!

一代で鳥貴族という何百店舗も持つ上場企業を作り上げた社長、大倉忠司社長についてご紹介します。また、社長を支えたご家族は一体どのような方なのか。また、鳥貴族社長のここまで経歴や志、親としての顔など大倉忠司社長の様々な顔もご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.鳥貴族の社長・大倉 忠司とはどんな人物?
  2. 2.鳥貴族の社長の息子は大倉忠義
  3. 3.鳥貴族の社長の家族
  4. 4.鳥貴族の社長の経歴
  5. 5.鳥貴族の社長のツイッターでの様子
  6. 6.鳥貴族の社長は息子を信じる名社長

鳥貴族の社長・大倉 忠司とはどんな人物?

Photo by Tranpan23

現在では、「全品294円均一」と低価格で有名な居酒屋鳥貴族です。安く飲みたい、と思ったとき鳥貴族に行こうかと考えたり、鳥貴族に実際行って安くおいしいお酒と焼鳥を楽しんだ方も多いのではないでしょうか。その会社の社長を務める、大倉忠司さんについて、今回、ご紹介いたします。

競争の激しい飲食店業界の中で、安くておいしい焼鳥を食べることができる店鳥貴族を一代で全国に広げてきた大倉忠司さんとはいったいどんな人物なのでしょうか。その人物像、経歴や家族、父としての顔など、大物社長を紐解いていきましょう。

大倉 忠司のプロフィール

鳥貴族社長の大倉忠司さんは1960年2月4日大阪府生まれです。趣味についてはワイン、温泉巡り、ドライブとツイッターに載せています。家族は、妻と息子3人の5人家族です。

大倉さんは、高校卒業後、調理し専門学校に入学。学校卒業後は、ホテルに就職し、ウエイターとして働きます。そのホテルは2年で退職し、縁があった焼鳥屋へ転職します。その焼鳥屋で3年修行ののち、独立し、大阪に「鳥貴族」を設立します。

この鳥貴族が徐々に拡大していき2005年には東京に進出していきます。鳥貴族は現在、350店舗以上年商110億円を持つ大企業であり、その企業の社長、大倉さんは2000店舗を目標としているそうです。

一代でチェーンを作り上げた社長

焼鳥の味が、大衆の中で、間違いなく好まれるメニューであることを感じていた大倉さんは、焼鳥をより大衆的なメニューにしたいと強い志を持ち続けました。そして、当時経営参考になったのが、大手スーパーのダイエーです。

スーパーは、大規模であるほど、大量の陳列や値引きを行うことができるようになり、これが、薄利多売に繋がっていきます。

チェーンの展開で、多数の店舗を構えるスーパーマーケットは、徐々に流通業の中で、影響力が大きくなっていき、今まで、メーカーなど売り手が握っていた価格の決定権へ強い発言影響力を持つことになっていきます。

Photo by ken_c_lo

大手スーパーダイエーは、多数のチェーン展開することで、この薄利多売を実現し、メーカーからの商品の価格決定権を奪い、低価格での商品提供を実現しました。

大倉さんの「焼鳥をより大衆のメニューにしたい」という強い気持ちと、ダイエーの「薄利多売の実現」を合わせる戦略こそ、鳥貴族という店のチェーン展開を一代でここまで成長させることができた根源です。

離職率が低い理由

人材は店を経営することの中でも重要項目です。店をいくら作り上げても、そこで働いてくれる人材がいなければ店は成り立ちません。現実、飲食店は離職率が高く、人材確保に苦戦している企業は多いです。

その離職率が高い飲食業の中で、鳥貴族は業界平均より低い一で推移しています。その大きな要因とは何なのでしょうか。

それは、労働環境作りに加え、従業員が誇りを持って働くことができる「鳥貴族のうぬぼれ」と称した理念を浸透させることです。

鳥貴族のホームページにも載っていますが、「たかが焼鳥で世の中を変えたいのです」と始まる理念は、焼鳥で「世の中を明るくしていきたい」という気持ちが強く伝わってくる理念です。

Photo byFotografieLink

鳥貴族の社員を休みの日に客として来店することが多いです。店が好きでないと、休みの日に働いている店に行くということはなかなかできません。社員の行動から、労働環境はもちろん、理念から社長の熱い思いが伝わり、誇りを持って働くことができているということが分かります。

このような社員が自分の店に誇りを持つことができることこそ、離職率を低い推移に留まらせている要因と言えます。

鳥貴族のクーポンで食事代を割引する方法!クレジットカードや株主優待でお得に!のイメージ
鳥貴族のクーポンで食事代を割引する方法!クレジットカードや株主優待でお得に!
会社や気の合う仲間と飲みに行くときの強い味方として「鳥貴族」という居酒屋チェーンがあり、クレジットカードやクーポンが使用できます。そんな鳥貴族をお得な料金で利用するための節約術をお得なクーポン・株主優待を踏まえて紹介していきます。

鳥貴族の社長の息子は大倉忠義

テレビや雑誌などメディアにに取り上げられたこともあることから、ご存知の方も多いですが、社長大倉忠司さんの息子は人気グループ関ジャニ∞のメンバー大倉忠義さんです。

関ジャニ∞としてデビュー後、不遇の時代を迎えますが、その時代を乗り越えて、今や関ジャニ∞以外にも様々なところで活躍されています。鳥貴族を現在のような大きな店にした社長の息子について少しご紹介します。

大倉忠義は関ジャニ∞

上記で記したように、大倉忠義さんは人気アイドルグループ関ジャニ∞のメンバーです。ここで簡単にプロフィールをご紹介します。

大倉忠義さんは1985年5月16日大阪府生まれです。1997年にジャニーズ事務所に入り、活動を開始します。2004年に関ジャニ∞としてCDデビューしますが、世の中の反応はあまり良いものではありませんでした。

以降、不遇の時代を過ごします。その中で、ドラマ出演を少しずつ果たすようになり、関ジャニ∞としても徐々に人気が上がってきます。苦悩の日々を過ごす時期もありましたが、今では人気グループ関ジャニ∞として歌手を始め、俳優、タレント、モデルと幅広く活躍されています。

鳥貴族の創業時期

今までの話の時期をまとめると、鳥貴族1号店がオープンしたのが、1985年5月1日です。また、息子大倉忠義さんが生まれたのは1985年5月16日です。社長大倉忠司さんは息子が生まれる直前の時期に鳥貴族1号店をオープンさせたということになります。

今まで多くの利益を生んでいる鳥貴族ですが、子供が生まれ、新たな家族が誕生する直前にオープンさせることは経済面、家庭環境など不安定になり、かなりの勇気が必要なことです。なかなかっマネできることではありません。

いままで揺らぐことのない「焼鳥をより大衆のメニューにしたい」という強い気持ちと、「薄利多売の実現」という志を持ち続けた大倉忠司さんだからこそ、家族を抱えながら、会社の成長の最前線に立つことができたことは間違いありません。

大倉忠義の母親の詳細は非公開

関ジャニ∞メンバー、大倉忠義さんの父である大倉忠司さんは鳥貴族を大手に成長させた志の高い方でした。では母親はどのような方なのでしょうか。

鳥貴族社長の妻であり、3人の息子を立派に育て上げるなど家族を支えてきた方ですので、とても気になるところです。しかし、母親は一般の方であるためか、詳細情報がありません。その中で、わかっていることが2つだけあります。

1つ目は、名前が「さとこ」ということです。これはある関ジャニ∞のコンサートで大倉忠義さんの家族の話になり、その際母親の名前をさとこと呼んでいたことから発覚したそうです。

2つ目は「大倉忠義さん似である」ということ。以前大倉忠義さん本人が自ら「母親似」であることを発言していました。大倉忠義さんに似ているということはとても美人な方なのではないでしょうか。

鳥貴族の社長の家族

次へ

関連するまとめ

人気の記事