釣り餌のユムシは食べると美味しい不思議な生き物!味や食べ方・生態まとめ

釣り餌のユムシは食べると美味しい不思議な生き物!味や食べ方・生態まとめ

ユムシという生きについてのまとめをご紹介していきます。ユムシの釣り餌としての使い方やユムシの美味しい食べ方、また、自宅で飼育する方法などを詳細にまとめました。ユムシという生き物に興味が湧いてくるかもしれませんので、ぜひ読んでみてください。

記事の目次

  1. 1.意外と知らないユムシについて徹底解説!
  2. 2.ユムシの生態
  3. 3.ユムシは釣り餌として活用可能
  4. 4.食べると美味しいと評判のユムシの調理方法
  5. 5.ユムシはお店でも食べられる
  6. 6.ユムシの飼育や短期の保存方法
  7. 7.ユムシの食べ方は刺身が主流

意外と知らないユムシについて徹底解説!

フリー写真素材ぱくたそ

最近では昆虫などのいわゆるゲテモノが、栄養を豊富に含んでおり、健康に良いと言われ、注目されています。その中で、「ユムシ」という生き物をご存じでしょうか。日本ではあまり馴染みのない生態かもしれないので、ご存じでない方も多いのかもしれません。

ユムシは、とても特徴的で不思議な形の見た目である生態で、興味深い生き物です。釣り餌といて使われたり、食用としても栄養が豊富で注目されています。

ユムシは、飼育することも可能な生き物です。今回は、不思議な形の見た目の生態ユムシについて詳しくまとめましたので、ご紹介していきます。

ユムシの生態

「ユムシ」という不思議な形の生態を知らない方は多いかもしれません。ユムシとはいったいどのような生物なのでしょうか。ユムシは人間に対して、なにか影響のある生態なのか、ユムシの特徴的な形状、生息地などユムシについて詳しい生態をご紹介します。

ユムシ科の細長い円筒形の生き物

Photo byClker-Free-Vector-Images

ユムシは、環形動物門ユムシ動物ユムシ網ユムシ目ユムシ科の海産無脊柱動物です。ミミズやイモ虫などのように、体の形状がやわらかく背骨や脊柱を持たない生き物で、肌色で、細長い円筒形の体をしています。

第一印象は、ミミズを太くしたもの、色の悪いソーセージなどあまり良い印象ではありません。先端には、口があり、お腹部分をうまく使い、微生物を口部分まで運び食べるという形の生態系です。

ユムシの見た目から食べたものはどのように排出するのか気になります。ユムシの排泄方法は、体を素早く収縮させ、水流を作ってお尻の便を流すのです。

手足はないですが、わずかに剛毛があるのが特徴です。動きは、伸びたり縮んだり、強い刺激を与えると硬くなったりする生態が特徴です。

Photo byMabelAmber

また、通常の大きさは、10センチから30センチ程ですが、海水を体内に取り込むことで、体の大きさが、大きくなります。そのため、ユムシの体の形態の特徴として、体の大きさの変動が大きいという所も特徴的な点です。ユムシがこのような形状をしているのには理由があります。

この形は、地中海で生きるのに適した形なのです。砂地に穴を掘ってそこに身を隠すユムシは、体をヘラのように使い、細長い体をその穴に潜めます。細い砂の中に身を隠すのに最適な形なのです。ユムシの化石は、約3億年前と考えられるものが発見されています。

ユムシの天敵として、カワウソ、ヒラメ、サメ、エイ、カモメ、人間などとされています。ユムシの寿命は25年ほどで、その間、これらの天敵から身を守りながら生きていきます。たくさんの天敵がいながら3億年も前から生きてきて、今も形がある生き物なので、ユムシは、その生命力もすごいものです。

ユムシを展示する水族館

Photo by jinkemoole

見た目は衝撃的で、初めて見る方は驚く方も多いかもしれませんが、水族館に展示している所もあるそうです。

北海道のおたる水族館では、過去にユムシが多数打ち上げられたことをきっかけに展示していたことがあり、実際に触る体験もおこなっていました。名古屋港水族館も過去にユムシの展示を行っていたことがあるそうです。

残念ながら、過去に展示していた情報はありましたが、現在は、ユムシを展示している水族館は見当たりませんでした。特別展示などでユムシを展示する水族館が多いそうです。見た目にインパクトがあるので、再度展示する水族館があるかもしれないので、要チェックです。

各地でのユムシの呼び方とは?

Photo byClker-Free-Vector-Images

ユムシという呼び方は、全国統一ではないそうです。ユムシの呼び方を各地でどのように呼んでいるのかご紹介します。まず、ユムシは、漢字で虫偏に益の旧体と書きます。

ユムシの別名は「コウジ」と呼び、北海道では「ルッツ」、和歌山では「イイ」、九州では「イイマラ」と呼ばれていて、日本だけでも様々な呼び方があります。いずれも男性器の意味になります。

また、海外でもユムシは収穫でき存在します。形や生態は日本のものと変わりません。またユムシの形から、韓国では「ケブル」、中国では「ハイチャ」、英語では「ペニスフィッシュ」などと呼ばれています。いずれも男性器の意味です。

ユムシの生息域

Photo by c_msmt

ユムシの生息地域は、浅めの海域の砂地に生息しており、そこの砂地に細長い体で穴を掘って潜って暮らしています。干潮時は、巣穴に隠れているそうです。

ユムシは、北海道から九州まで、広範囲に生息し、確認されています。また、海外でも採取されているので、生息地は海外まで及んでいることがわかります。

ユムシは釣り餌として活用可能

Photo bylangll

ユムシは、釣り餌として有名で、釣り餌としてよく使われるている生き物です。ユムシは、釣り餌としてはボリュームがあり、身が硬いので、大型の魚を釣る際の釣り餌に使用されることが多いです。

ユムシを釣り餌として、釣れるであろう魚は、真鯛、スズキ、ヒラメ、カサゴ、コショウダイ、アナゴなどがあります。ユムシは、活き餌なので、他にも釣り餌としてユムシを使うことで、様々な魚を釣ることができます。

しかし、ユムシの釣り餌としてのボリュームと硬さから、小物を釣ろうとする際にユムシをつりえさとして使おうとするとかからないことが多いようです。小さい魚を狙って釣りをする場合は、ユムシの釣り餌は、あまり適さない餌なのでご注意ください。

ユムシの針の付け方

Photo byjorisamonen

ユムシを釣り餌として使う際は、大きさに注意します。大きすぎると空気抵抗が強く遠投に不向きです。ユムシを釣り餌として使う際は、小さ目のものを選びましょう。また、ユムシは、釣り餌として大きいサイズなので、釣り針は大き目のものを選ぶと付けやすいです。

まず、針付けしやすいようにユムシを小さくします。準備したユムシをタオルに取り、ユムシを包みます。包んで握ると、水を出すので、ユムシの中の水を抜きます。

握るときに強い力で握ると、内蔵が出るのでご注意ください。何度か握って水をしっかり出し、しぼんで小さくなったら準備完了です。空気抵抗を減らすためにも水抜きは重要です。

針は、ユムシが水を吐き出した穴から入れます。だいたい真ん中あたりから針を抜き、最後に最初に刺した穴を、針の結び目の上までこきあげて完了です。

ユムシを使った釣り方①

Photo bypixel2013

ユムシを使った釣り方におすすめの方法があります。竿選びの際は、ぜひ参考にしてください。1つ目は、「堤防ぶっこみ釣り」です。その名の通り、堤防から釣竿につけたユムシをぶっこむ方法です。簡単な道具で気軽に行うことができます。

使用する竿は、磯竿、投げ竿どちらでも可能です。10号ほどある重りに耐えられるくらいの竿だと、釣りをしている際、問題なく使用できるでしょう。

ユムシを使った釣り方②

次へ

関連するまとめ

人気の記事