無償の愛って何?感じる瞬間と与えてくれる人に共通の特徴をご紹介!

無償の愛って何?感じる瞬間と与えてくれる人に共通の特徴をご紹介!

「無償の愛」という言葉がありますが、「無償の愛」とはいったいどういう愛なのでしょうか。「無償の愛」の意味や「無償の愛」を感じる瞬間や「無償の愛」を与えてくれる人に共通する特徴など、「無償の愛」について詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.無償の愛を注ぐ人ってどんな人?
  2. 2.「無償の愛」の意味とは
  3. 3.無償の愛を感じる瞬間
  4. 4.無償の愛をくれる人の特徴
  5. 5.無償の愛をくれる恋人との恋愛はどんな感じ?
  6. 6.無償の愛を注がれる女性になるには?
  7. 7.無償の愛がわかる映画3選
  8. 8.無償の愛を与えてくれる人を大切にしよう!

無償の愛を注ぐ人ってどんな人?

Photo bypixel2013

時折「無償の愛」という言葉を目にしたり耳にしたりすることがありますが、「無償の愛」とはいったいどういう意味で、「無償の愛」を注ぐ人とはいったいどういう人なのでしょうか。

「無償の愛など注いでもらったことがない」という人も時々いますが、子供の頃虐待されていたなどという悲しい生い立ちの人でない限り、多くの人は自分の親から「無償の愛」を注がれていた時期があります。

自分に対して注がれていた「無償の愛」に気付かないまま生きるのはとてももったいないことです。そんな「無償の愛」の意味や「無償の愛」をくれる人の特徴などについてご紹介していきます。

「無償の愛」の意味とは

Photo bystux

それではまず「無償の愛」の意味についてご紹介します。「無償の愛」という言葉はちょっと難しそうですが、実はそう難しい言葉ではなく意味も実に分かりやすくシンプルです。

「無償の愛」という言葉は教会で神父様や牧師様が良く使う言葉ですが、宗教関係の特別な意味を持つ言葉というわけでもありません。「無償の愛」という言葉はごく普通の人達にも使うことができる言葉です。

一見するとちょっと難しそうな「無償の愛」という言葉にはいったいどのような意味があるのか、「無償の愛」の意味についてご紹介しましょう。

見返りや対価を期待しない

Photo bystux

「無償の愛」の意味は、「見返りや対価を期待しない愛」という意味です。「無償」の意味は「無料」「ただ」「対価を払わないで済むこと」という意味で、このうち「対価を払わないで済むこと」という意味が「無償の愛」での「無償」の意味になります。

親や恋人や友人など、「無償の愛」をくれる人はたくさんいます。特に親の場合は本当に見返りなど期待しない深い愛情を注いでくれます。

世の中には何かというと見返りを求める人も多いですが、親や恋人や友人などのようにとても大切にしてくれる人の多くは見返りを全く期待しない「無償の愛」を注いでくれると言えます。

無償の愛を感じる瞬間

Photo byKranich17

「無償の愛」の意味についてご紹介しましたので、次は「無償の愛」を感じる瞬間についてご紹介します。余程不幸な身の上でない限り、「無償の愛」を感じた瞬間がある人の方が多いと言えます。

生まれた時からずっと親から「無償の愛」を受け続けている人はとても多いですが、意外にも親からの「無償の愛」を感じないという人も少しはいます。それはその人が「親からは何でもしてもらって当たり前」だと思って生きてきたからです。

親からの「無償の愛」を感じたことがなくても、友人や恋人から「無償の愛」を感じることもあるでしょう。それでは「無償の愛」を感じる瞬間とはいったいどういう瞬間なのかについてご紹介しましょう。

自分を否定せずありのまま受け入れてくれた時

Photo bysasint

「無償の愛」を感じる瞬間の一つ目は、自分を否定せずありのまま受け入れてくれた時です。「無償の愛」をくれるのは親であることが多いですが、子供の意見を否定して自分の意見を押し付ける親というのも存在しています。

そういう親に育てられた人の場合、友人や恋人がありのままの自分を受け入れてくれた時に「無償の愛」を感じることが多いでしょう。

親から否定され続けてきた本当の自分を見せた時に「いいじゃん、そのままの方がいいよ」と言ってくれる友人や恋人に対して、「この人は無償の愛をくれる人だ」と感じるという人も少なくありません。

相手も辛いのに自分の悩みに親身になってくれた時

Photo byStockSnap

「無償の愛」を感じる瞬間の二つ目は、相手も辛いのに自分の悩みに親身になってくれた時です。こういう瞬間に「無償の愛」を感じる相手は、親ではなく友人や恋人である場合が多いです。

自分と対等の立場である友人や恋人が別の悩みを抱えている時に、自分の悩みを打ち明けることはできないと躊躇していたら、相手から「何かあったの?」と尋ねられて「無償の愛」を感じることもあります。

相手も辛い立場にあるのに、自分が悩んでいることに気付いて親身になって相談に乗ってくれる人というのは、間違いなく「無償の愛」をくれる人だと言えます。

悪いことをちゃんと叱ってくれた時

Photo byStockSnap

「無償の愛」を感じる瞬間の三つ目は、悪いことをちゃんと叱ってくれた時です。親が子供を叱るのは当然ですが、友人や恋人であっても悪いことをした時にちゃんと叱ってくれる場合もあります。

こういった時にも「この人は自分を悪い意味で甘やかさず、ちゃんと先のことまで心配してくれているんだ」と「無償の愛」を感じることがあると言えます。

ですが悪いことをした時に叱ってくれても「無償の愛」だと感じない人もいます。「なんで他人にまで叱られなきゃいけないの?」などと思うようなわがままな人にとっては、せっかくの「無償の愛」も無駄になります。

大事にされていると感じた時

Photo byFree-Photos

「無償の愛」を感じる瞬間の四つ目は、大事にされていると感じた時です。この場合は親でも友人でも恋人でも同じで、「ああこの人はとても自分を大事にしてくれている」と「無償の愛」を感じると言えます。

ですが相手が親であっても友人であっても恋人であっても、「自分は大事にされて当然だ」などと思い上がっている人にとっては、大事にされることによって「無償の愛」だと感じることはできません。

誰かから大事にされていても、それを当然だと思い込んでいるような人には一生「無償の愛」を感じることはできないと言えます。

自分の家族や友達のことも大切にしてくれた時

Photo by loveloveshine

「無償の愛」を感じる瞬間の五つ目は、自分の家族や友達のことも大切にしてくれた時です。これは恋人が自分の家族や友達のことまで大切にしてくれていると感じた時で、こういった恋人はとても貴重な存在だと言えます。

恋人から大切にされるのも「無償の愛」だと言えますが、さらに自分の家族や友達のことまで大切に思ってくれているということがわかると、「ああこの人は本当に何から何まで私のことを大切にしてくれている」と感じるでしょう。

ですがこちらも「自分のことも自分の家族や友達も大切にしてくれて当然だ」などと思っている人には、恋人からの「無償の愛」を感じることはできません。「無償の愛」を感じるのは、自分も相手を大切にしている人だけです。

親が自分を犠牲にしても子供を優先する時

Photo byPublicDomainPictures

「無償の愛」を感じる瞬間の六つ目は、親が自分を犠牲にしても子供を優先する時です。「無償の愛」という言葉は親に対して使われることが最も多く、多くの親は自分のことよりまず子供を優先する場合が多いです。

母子家庭で経済的に苦しくて子供が進学を躊躇していても、子供が進学したいと思っていれば自分に使うべきお金を全て子供のために使ってでも子供を進学させるという親はかなり多いです。

このように自分が犠牲になってでも子供のために何かをするという親はかなり多く、こういう親に育てられた子供は大人になってから恋人の「無償の愛」に気付くこともとても多いと言えます。

無償の愛をくれる人の特徴

Photo by46173

「無償の愛」を感じる瞬間についてご紹介しましたので、次は「無償の愛」をくれる人の特徴についてご紹介します。親や友人や恋人など「無償の愛」をくれる人はたくさんいますが、それらの人々には共通する特徴がいくつかあります。

もちろん「無償の愛」をくれる人はとても優しい人ですが、ただ優しいのではありません。「無償の愛」をくれる人には行動面などで色々な特徴があり、それによって「この人は無償の愛をくれる人だ」と感じるということです。

見返りを求めない「無償の愛」をくれる人にはいったいどのような特徴があるのか、「無償の愛」をくれる人の特徴についてご紹介しましょう。

損得抜きで動いてくれる

Photo byHans

「無償の愛」をくれる人の特徴の一つ目は、損得抜きで動いてくれるということです。親にしろ友人にしろ恋人にしろ、「無償の愛」をくれる人には損得抜きで動いてくれるという共通した特徴があります。

「そんなことをしてくれたらあなたが損をするのに」と思うようなことでさえ、「無償の愛」をくれる人は全く惜しまずに動いてくれます。

子供や友人や恋人などの相手のことを本当に大切に思い、たとえ自分が損をすることになったとしても力を貸してくれたりするというのが「無償の愛」をくれる人の大きな特徴の一つだと言えます。

いつも味方でいてくれる

Photo byjarmoluk

「無償の愛」をくれる人の特徴の二つ目は、いつも味方でいてくれるということです。「無償の愛」をくれる人は「いつ何があっても絶対にあなたの味方だから」という態度を崩さず、どんな時にも味方になってくれます。

ですがそれは相手が正しいことをしている限りということであって、悪いことをすれば即座に「それはいけない」と叱ってくれます。叱られて正しい道を歩み始めればまた、味方をし続けてくれるというのも「無償の愛」をくれる人の特徴です。

「無償の愛」をくれる人は、いつでも自分が正しい道を歩むように導いてくれた上で味方をし続けてくれるということなので、味方でい続けてほしいなら正しい道を歩み続ける必要があるとも言えます。

心の底から自分の幸せを思ってくれる

Photo byComfreak

「無償の愛」をくれる人の特徴の三つ目は、心の底から自分の幸せを思ってくれるということです。特に親などには子供の幸せを常に祈っている人が多く、遠く離れて暮らしていても心の底から子供の幸せを願ってやみません。

特に親しい友人などの場合もこのように幸せを思ってくれますので、結婚などで遠くに離れていても災害などのニュースを聞くと、「そっち大丈夫?何かできることがあったら何でも言って」などと電話やメールをくれたりします。

また恋人も同様で、単身赴任などで遠くに離れていると余計に相手の幸せを祈る傾向にあります。恋人の場合も「何かあったらすぐに帰るから」などというように、常に相手の幸せのために何かをしたいと思っていると言えます。

耳が痛い意見を指摘してくれる

フリー写真素材ぱくたそ

「無償の愛」をくれる人の特徴の四つ目は、耳が痛い意見を指摘してくるということです。「無償の愛」をくれる人は相手を悪い意味で甘やかしたりしません。何か悪いことをしていれば、耳が痛くなるようなことを言ってきます。

ですがそれは相手を本当に思いやっているからであって、憎くてそんなことを言うわけではありません。大切な相手を正しい道に引き戻せるように、本当はあまり厳しいことは言いたくないのに厳しい事を言うということです。

悪い意味で甘やかす人は、相手が悪い道に進もうがどうしようが関係ないので厳しい事を言ったりしません。悪いことをした時に厳しい意見を言ってくれる人こそが、「無償の愛」をくれる人だと言えます。

昔言った言葉を覚えていてくれる

Photo bysasint

「無償の愛」をくれる人の特徴の五つ目は、昔言った言葉を覚えていてくれるということです。これは親にも友人にも恋人にも共通する特徴で、昔ほんの思いつきで言った言葉なのにちゃんと覚えてくれている人もいます。

「料理を仕事にしてみたいなって言ってたよね」などと言われて「そういえばそんな夢を持っていた」と、はっとすることがあることもあり、そこから人生が劇的に変わったりすることもあります。

自分はすっかり忘れていた昔の夢などをしっかりと覚えていて、自分が何かに悩んでいる時にふとその夢の話をしてくれる人なども「無償の愛」をくれる人だと言えます。

大切な人を優先する

フリー写真素材ぱくたそ

「無償の愛」をくれる人の特徴の六つ目は、大切な人を優先するということです。「無償の愛」をくれる人は自分のことよりまず大切な人を優先するので、自分がしたいことより相手のしたいことを優先したりします。

仕事を最優先するのが社会人の常識のように言われることも多いですが、恋人を最優先するために残業をしない人もいます。実際仕事を最優先したために恋人と別れることになったという人も結構多く、恋人を最優先するのは大切なことだと言えます。

恋人に対して「私はいいから仕事の方を優先して」と言う人も意外に多いですが、仕事の優先も積もり積もれば不満が生まれてくる場合もあり、大切な人を最優先するのはかなり重要だと言うことができます。

相手の幸せを自分の幸せと思える

フリー写真素材ぱくたそ

「無償の愛」をくれる人の特徴の七つ目は、相手の幸せを自分の幸せと思えるということです。「無償の愛」をくれる人には相手が幸せなら自分も幸せだと思えるという特徴もあります。それは相手の幸せが最優先だからです。

「相手が幸せそうな顔をして食べるのを見るのが大好き」と言う人もいて、そういう人は自分が食べたいものより相手が食べたいものを食べに行くことを好みます。そして相手が幸せそうに食べる顔を見て自分もとても幸せな気分になります。

相手が幸せなら自分も幸せというのは、親にも友人や恋人などにも共通する「無償の愛」をくれる人の特徴で、相手が幸せそうな顔をしていると自分の顔も自然にほころんで幸せそうな顔になる人が多いです。

悩みや相談を親身に聞いてくれる

フリー写真素材ぱくたそ

「無償の愛」をくれる人の特徴の八つ目は、悩みや相談を親身に聞いてくれるということです。「無償の愛」をくれる人には、ほんのつまらない悩みや相談であっても、本当に親身になって聞いてくれるという特徴もあります。

仕事での悩みなどを親身に聞いてくれる上司なども「無償の愛」をくれる人だと言うことができますが、上司などには「悩み相談を聞いて解決させれば仕事がちゃんと進む」などの見返りがあります。

もちろん親や友人や恋人なども悩みや相談を親身になって聞いてくれますが、こちらは見返りを求めない完全な「無償の愛」だと言えます。親などに見返りがあるとすればそれは「相手が幸せそうでいてくれること」です。

大切な人を守るため自分を犠牲にする

Photo bypixel2013

「無償の愛」をくれる人の特徴の九つ目は、大切な人を守るため自分を犠牲にするということです。親が自分を犠牲にして子供を守ることは結構多いですが、恋人を守るために自分を犠牲にするという人もいます。

昔から親が子を守るために自分を犠牲にする話や、恋人を守るために自分を犠牲にするという話は結構たくさんありますが、こういった人達は間違いなく「無償の愛」をくれる人になります。

このように「無償の愛」をくれる人にはたくさんの特徴がありますが、いずれも人間としてとても素晴らしい特徴だと言えます。

無償の愛をくれる恋人との恋愛はどんな感じ?

Photo byneelam279

「無償の愛」をくれる人の特徴についてご紹介しましたので、次は「無償の愛」をくれる恋人との恋愛はどんな感じかについてご紹介します。恋人が「無償の愛」をくれる人ならどんな恋愛ができるかが気になる人もいるでしょう。

「無償の愛」をくれる恋人はそう多くはありませんが、そんな恋人と恋愛ができればとても幸せになるのは間違いないでしょう。それでは「無償の愛」をくれる恋人との恋愛とはいったいどのような恋愛なのかについてご紹介します。

束縛せず自由にさせてくれる

フリー写真素材ぱくたそ

「無償の愛」をくれる恋人との恋愛はどんな感じかの一つ目は、束縛せず自由にさせてくれるということです。「無償の愛」をくれる恋人は相手を束縛したりしませんので、自由でいられる恋愛ができます。

束縛が激しい恋人に悩まされる人も少なくありませんが、「無償の愛」をくれる恋人は相手が幸せなら自分も幸せなので、相手が嫌がるような束縛はしません。そのため自由で幸せな恋愛をすることができると言えます。

愛されていることをいつも実感

Photo bypixel2013

「無償の愛」をくれる恋人との恋愛はどんな感じかの二つ目は、愛されていることをいつも実感できるということです。「無償の愛」をくれる恋人は愛情表現も豊かなので、「ああ本当に愛されてる」と実感できる幸せな恋愛ができます。

日本人の男性の中には愛情表現が苦手な人も多いですが、「無償の愛」をくれる恋人は言葉でも態度でもしっかりと愛情表現をしてくれますので、愛されているという自信が持てる幸せな恋愛が出来ると言えます。

恋愛による不安がなく穏かでいられる

Photo bygeralt

「無償の愛」をくれる恋人との恋愛はどんな感じかの三つ目は、恋愛による不安がなく穏やかでいられるということです。恋愛中には「本当に愛されてるのかな」と不安になることもありますが、「無償の愛」をくれる恋人との恋愛にはそれがありません。

「無償の愛」をくれる恋人は相手のことを本当に大切にしますので、愛情表現も豊かで相手を最優先してくれます。「無償の愛」をくれる恋人との恋愛で唯一不安になるとすれば「幸せすぎて今を失うのが怖い」という不安でしょう。

無償の愛を注がれる女性になるには?

Photo byJillWellington

「無償の愛」をくれる恋人との恋愛はどんな感じかについてご紹介しましたので、次は「無償の愛」を注がれる女性になるにはどうすれば良いかについてご紹介します。「無償の愛」を注がれるには、それにふさわしい女性になることも大切です。

「無償の愛」を注がれるような女性になるためにはいったいどのようなことに気をつけなければならないか、「無償の愛」を注がれる女性になる方法についてご紹介しましょう。

自分の感情を素直に表現する

フリー写真素材ぱくたそ

「無償の愛」を注がれる女性になる方法の一つ目は、自分の感情を素直に表現するということです。「無償の愛」を注がれるほど愛される女性になるためには、まず自分の感情を素直に表現するということが大切です。

嬉しい時には嬉しいということを素直に表現し、好きだと思ったら好きだとストレートに言いましょう。ただし極度のわがままな感情や怒りの感情などは出してはいけません。わがままや理不尽な怒りは出してはいけない感情です。

自分も相手に愛情を注ぐ

Photo byAlexas_Fotos

「無償の愛」を注がれる女性になる方法の二つ目は、自分も相手に愛情を注ぐということです。「無償の愛」を注がれるためには、自分も相手に対して目一杯の愛情を注ぐ必要があります。

「無償の愛」はもちろん見返りを求めない愛情ですが、だからといって相手に尽くさせてばかりではいけません。相手が自分に尽くしたくなるような深い愛情を自分も相手に対して注ぐことによって、「無償の愛」を注がれる女性になれます。

笑顔を意識して前向きでいる

フリー写真素材ぱくたそ

「無償の愛」を注がれる女性になる方法の三つ目は、笑顔を意識して前向きでいるということです。「無償の愛」を注がれるほど愛されるには笑顔と前向きな姿勢が重要です。

何があっても笑顔でいられるように意識しつつ、ポジティブな考え方をするようにしていれば「無償の愛」を注がれる女性になれると言えます。

無償の愛がわかる映画3選

Photo bygeralt

「無償の愛」を注がれる女性になる方法についてご紹介しましたので、次は「無償の愛」がわかる映画3選をご紹介します。言葉ではわからない「無償の愛」も映画を見ればわかるでしょう。それでは「無償の愛」がわかる映画3選をご紹介しましょう。

「ゴースト」

Photo byFree-Photos

「無償の愛」がわかる映画3選の一つ目は、「ゴースト」です。同棲していた彼氏が殺されてゴーストになった後も恋人を守り続けるという感動的な映画で、これぞ見返りを求めない「無償の愛」だということが伝わってきます。

「レオン」

Photo byVictoria_Borodinova

「無償の愛」がわかる映画3選の二つ目は、「レオン」です。孤独な殺し屋レオンの元にやってきたのは家族を殺された少女で、血のつながりのない二人でしたが徐々に心を通わせるようになり、本当の親子のようになるという感動作です。

「そして父になる」

Photo bypasja1000

「無償の愛」がわかる映画3選の三つ目は、「そして父になる」です。福山雅治さん主演の映画で、赤ちゃんの取り違えから他人の子供を我が子として育てることになった二組の親子の話です。

取り違えがあったと知ったからといって完全な他人に戻るわけもなく、我が子として育てた子供はずっと我が子だと思って幸せを願い続けるという感動作です。

無償の愛を与えてくれる人を大切にしよう!

フリー写真素材ぱくたそ

「無償の愛」について色々とご紹介してきましたが、如何だったでしょうか。見返りを求めない「無償の愛」は親や友人や恋人などから与えられることが多いですが、それに甘えることなく「無償の愛」を与えてくれる人を大切にしましょう。

モモ
ライター

モモ

女性向けの美容関係の記事や心理関係の記事、難解な言葉の解説の記事などの作成を得意としていますが、ダイエット関連は自分自身でも色々試していますので、特に得意だと言えます。その他にも興味のあるものがたくさんありますので、お役に立てて楽しめる色々な記事を提供していきたいです。

関連するまとめ

人気の記事

記事はありません。