登山ウェアおすすめ25選!メンズ・レディースに人気のおしゃれなアイテムもあり

登山ウェアおすすめ25選!メンズ・レディースに人気のおしゃれなアイテムもあり

登山の経験のない人と登山の経験が浅い人は登山にはどんなウェアを着て行けば良いのか迷います。そこで登山に着ていくメンズにおすすめウェアとレディースにおすすめのウェアを紹介します。また登山ウェアの選び方のポイントも合わせて説明していきます。

記事の目次

  1. 1.登山ウェアの選び方のポイント
  2. 2.登山ウェアトップス6選【ベースレイヤー】
  3. 3.登山ウェアトップス6選【ミドルレイヤー】
  4. 4.登山ウェアトップス7選【アウター】
  5. 5.登山ウェアパンツ6選【パンツ】
  6. 6.登山ウェアのその他のおすすめアイテム
  7. 7.登山ウェアのおしゃれコーデ
  8. 8.登山ウェアはおしゃれで機能的なものを選ぼう!

登山ウェアの選び方のポイント

Photo byFree-Photos

何回も登山の経験がある人は、登山に持っているものや登山に行くためのウェアの選び方は知っています。また登山に行くためのウェアの選び方が大事になることも知っています。

登山の経験がないメンズやレディースと登山の経験が浅いメンズやレディースは、登山に行くには登山靴・ザック・レインウェアなどが必要なことは知識として知っています。

しかし、登山の経験がないメンズやレディースと登山の経験が浅いメンズやレディースは、登山に行く時には、知識はあってもどんなウェアを着ていけばいのか迷うこともあります。

そんな登山の経験がないメンズやレディースと登山の経験が浅いメンズやレディースに登山におすすめのウェアを紹介していきます。また登山におすすめのウェアの選び方も合わせて説明していきます。

なぜ、必要

登山におすすめのウェアを紹介する前に登山で必要になるものをみていきましょう。登山に必要なるものとして登山靴があります。険しい道を長時間も歩くことがあるため足の負担を軽減するために登山では登山靴が必要です。

登山靴といっても種類があります。登山靴と呼ばないでトレッキングシューズ・ハイキングシューズと呼ぶ人もいます。トレッキングシューズ・ハイキングシューズいわゆる登山靴と一般的なスニーカーとの大きな違いはつま先部分のソールの硬さです。

登山靴は一般的なスニーカーと比べるとソールが硬く作られています。ソールが柔らかい方が普通に歩くのであれば最適です。しかし、長時間歩く登山の場合は、柔らかいソールの靴で歩くと足のつま先部分に負担がかかることになり、足の疲労の原因になるため登山では登山靴が必要になります。

違いは

登山に必要なるものとしてザックがあります。ザックとは荷物を入れるリュックサックのことです。登山に持っていく荷物は一般的なリュックサックではなく、登山用のザックが必要になります。

しかし、登山だから必ずしも登山用のザックが必要とまでは言えません。登山にもハイキングのような登山があれば本格的に険しい崖などを登っていく登山もあります。しかし、どんな登山であっても登山用のザックで行くことをおすすめします。

登山用のザックと一般的なリュックとの違いは、雨がかからないようになっていることです。登山をしていると山の天気が突然変わって雨が降り出すことがあります。そのため雨をよける構造になっている登山用のザックが必要になります。

また登山用のザックと一般的なリュックとの違いは、ベルトの太さと強さ、クッション性です。重い荷物を入れても体の負担を軽減するために登山用のザックのベルトはクッション性に優れています。

登山の必需品

そして、登山の必需品と言えるのがレインウェアです。レインウェアは、急な雨から体を守るために登山では大変大事なアイテムになります。登山ウェア以外の登山の必需品をまとめると登山靴、サック、レインウェアは必須です。

他にも飲み物用として水筒、暗くなった時のためのヘッドランプ、遭難に備えての非常食や位置情報がわかるGPS機能があるスマートフォンや携帯電話などがあると便利です。

体温調整ができるウェア

登山で必要になるものとその理由を簡単に説明してきました。ここからは登山ではどんなウェアがおすすめになるのかを説明していきます。登山に着ていくウェアはメンズ、レディース共に体温調整ができるウェアを着ていくことが大事になります。

山の天気は急変することがよくあります。暑くなったり、寒くなったりします。その変化によって体の体力の消耗につながります。登山では、体力の消耗を防ぐためには体温調整ができるウェアを着ていくことが大事になります。

暑い時にはウェアを脱ぐことができて、寒い時にはウェアを着るといったように体温調整ができるウェアを着て登山に出かけることをおすすめします。

重ね着するトップスウェア

登山をしている時に暑くなったらウェアを脱ぐことで体温調整はできます。しかし、寒い時には重ね着しかありません。重ね着用として余分にウェアを持っていくことは荷物の増加につながります。登山では荷物の増加は避けたいものです。

そこでおすすめなのが重ね着するトップスウェアです。重ね着するトップスウェアは、ベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウターレイヤーで構成されています。単に重ね着すると体の動きが悪くなることがあります。

重ね着するトップスウェアは、その体の動きを悪くすることなく重ね着ができるウェアなのです。ベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウターレイヤーとはどんなウェアでどんな機能があるのでしょうか。

①ベースレイヤー

重ね着するトップスウェアの「ベースレイヤー」とは、体温調節ができる機能を持っている肌と密着する下着やTシャツのウェアのことです。重ね着するトップスウェアの一番下に着るウェアになります。

そのため肌に直接接触します。ベースレイヤーを着ることで暑い時には、体温を奪う原因になる汗を吸いとってくれたり、汗を乾かしてくれたりする機能が必要です。また、寒い時には体の温度を下げないように保ってくれる機能も必要になります。

つまり、ベースレイヤーは汗を吸いとってくれる吸湿性や体の温度を下げない保温性の機能に優れているウェアのことです。荷物を増加させることなく体温調整ができる登山には欠かせないまた、おすすめウェアと言えます。

ベースレイヤーに必要なこと

重ね着するトップスウェアのベースレイヤーは、汗を吸いとってくれる吸湿性や体の温度を下げない保温性の機能が必要になります。またベースレイヤーには、体によくフィットして体が動きやすい機能も必要になります。

吸湿性や保温性に優れていても、ベースレイヤーを着ることで体の動きが悪くなってしまたら楽しくまた、快適に登山を楽しめないことにもなりかねません。

そのためベースレイヤーを選ぶ時には、体によくフィットするウェア選びが大事になります。スポーツ選手が秋から冬にかけて着るスポーツウェアを選ぶと良いでしょう。

②ミドルレイヤー

重ね着するトップスウェアの「ミドルレイヤー」とは、体温調節ができる機能を持っているウェアつまり、ベースレイヤーに上に着るウェアのことです。主な機能としては体を寒さから守ってくれる保温と防寒機能があります。

ミドルレイヤーは重ね着するトップスウェアの中間部分に着て外からの冷たい空気から体を守る機能と役割が必要になります。極寒の場合は、ミドルレイヤーの役割と機能が大変大事になります。

またミドルレイヤーには、汗を吸いとってくれる機能があるベースレイヤーのウェアの機能を手助けすることも必要になります。つまり、ベースレイヤーが汗を吸いとってくれた後にその汗を外に逃がしてくれる役割と機能が必要になるからです。

​​​​​​汗を吸いとっても逃がせなけれ体を冷やすことになります。その結果として体の疲労につながります。そのため汗を外に逃がしてくれる役割と機能は大事になります。

ミドルレイヤーに必要なこと

ミドルレイヤーには、厳しい環境でも機能が落ちるといったことがない耐久性が必要になります。ミドルレイヤーは重ね着するトップスウェアの中間部分に着るウェアです。そのため気温の状況などによりミドルレイヤーの上に着るウェアつまり、アウターを脱ぐことも起きます。

重ね着するトップスウェアのアウターを脱ぐことで、ミドルレイヤーが厳しい環境にさらされることになります。そんな時でも機能が落ちるといったことがない耐久性が必要になるのです。

関連するまとめ

人気の記事