どこからが高学歴なの?就活で有利になる私立大や国立大をエリア別に調査!

どこからが高学歴なの?就活で有利になる私立大や国立大をエリア別に調査!

この記事では、どこからが高学歴なのかということをご紹介します。どこからが高学歴ということは、人の価値観によって異なります。この記事では企業、関西、理系、文系に分けて解説します。それだけでなく医学部の中の高学歴、高学歴が評価される理由についてもお伝えします。

記事の目次

  1. 1.高学歴はどこから?
  2. 2.高学歴はどこからどこまで?
  3. 3.関西の高学歴はどこから?
  4. 4.理系の高学歴はどこから?
  5. 5.文系の高学歴はどこから?
  6. 6.医学部の高学歴はどこから?
  7. 7.高学歴が評価される理由
  8. 8.高学歴大学への進学率が高い高校はどこ?
  9. 9.高学歴はどこからかは大学の知名度による!

高学歴はどこから?

Photo byElisaRiva

日本の大学進学率は50パーセントを超え、近年では「大学に進学することが高学歴」とは言えなくなってきています。その背景には少子化問題と、大学を作る規制が緩和し私立大学が増えたことから大学全入時代に突入したという理由があります。

大学全入時代とは、大学が増えすぎたことにより入学定員も増え、受験する大学や学部を選ばなければ、誰もが大学に入れる時代であることを指した言葉です。

Photo byJESHOOTS-com

前述した通り、大学全入時代の今は、大学に進学することが高学歴とは言えません。どこからが高学歴で、どこからが低学歴なのでしょうか。

どこからが高学歴かと考えると、一種のボーダーラインは、偏差値が高い難関大学と言えるかどうかでしょう。難関大学は大学全入時代でも入学することが難しいです。高学歴か判断するには、偏差値が高い難関大学かということが重要でしょう。

3Kとは「高学歴・高年収・高身長」

Photo bygeralt

バブルの時代に3Kまたは3高という言葉が流行しました。その言葉の意味は、「高学歴・高収入・高身長」の3つの高、または3つのKを満たした男性がモテるというものです。

現在に比べて、昔の受験は過酷であり、大学に進学することも難しいと言われていました。今のように4大卒でも低学歴と言われることはなく、4大卒は立派な高学歴だと捉えられる時代もありました。

よって世間では、男性の高学歴が求められていたのです。現在では女性の社会進出あって、男女とも高学歴の方が良いという声が高まっています。

高学歴大学は関東に多い

Photo by wkc.1 (Chen)

高学歴がもてはやされることは分かりましたが、どこに高学歴の大学は多いのでしょうか。高学歴大学は関東に多いと言われています。

高学歴大学が関東に多い理由は、関東には日本の首都・東京があるからです。東京には国会議事堂や官庁等があるため、優秀な人材を必要とします。

つまり優秀な人材を育成する大学も必要となってきます。従って関東には国立大、私立大を問わず高学歴大学が多く設立されたのです。

高学歴はどこからどこまで?

Photo byqimono

先ほど、「高学歴か判断するには、偏差値が高い難関大学かということが重要」と述べました。しかし、人によって難関大学がどこからかという判断の基準は違います。

また、企業が新卒を採用するときも会社の規模によって、どこから高学歴かということは異なります。ここでは、高学歴がどこからかという基準を、「一般人」、「中小企業」、「大手一流企業」に分けて解説します。

一般人の世界

Photo byStartupStockPhotos

最初にご紹介するのは、一般人の世界での高学歴はどこからかということです。ここで言う「一般人」とは、企業の採用者や就職活動をしている人などの新卒就職活動に携わっていない人とします。

一般人といっても様々な考えを持っている人がいるので、高学歴はどこからかと問われると色々な答えが出てくるでしょう。

しかし、大学名を聞いたことがあれば、それだけ知名度があるいうことなので、一般の方がしっかり勉強したんだなと感じるボーダーラインは、名前を聞いたことがある大学と言うことができるでしょう。

私立大学「日東駒専」

Photo byninocare

一般人の高学歴のボーダーラインは、名前を聞いたことがある大学と解説しました。具体的にはどこからが高学歴のボーダーラインなのでしょうか。

具体的に一般人の高学歴のボーダーラインは、「日東駒専」だと言えます。日東駒専とは、関東にある大学で、それぞれ日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学の頭文字を取った略称です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事