スマホの性能ランキング一覧!おすすめ機種17選【2019年最新版】

スマホの性能ランキング一覧!おすすめ機種17選【2019年最新版】

スマホを買い替えようと思っている方必見!2019年最新版、スマホの性能をAndroid・iPhoneと分けてランキング形式でご紹介します。また、選ぶ際のコツ、詳しい性能もご紹介します。あなたに合ったスマホをランキングで見つけてみませんか?

記事の目次

  1. 1.スマホ選びのコツ
  2. 2.スマホ性能・メモリ(RAM)の役割
  3. 3.スマホ性能・ディスプレイの解像度
  4. 4.スマホ性能・カメラ
  5. 5.スマホ性能・おサイフケータイの有無
  6. 6.スマホ性能・その他のスペック
  7. 7.iPhoneとAndroidを比較してみよう
  8. 8.キャリアで選ぶ
  9. 9.スマホ性能比較ランキング7選【iPhone】
  10. 10.スマホ性能比較ランキング【Android】
  11. 11.スマホを選ぶ際の注意点
  12. 12.スマホ性能ランキングを参考に自分の求めている物を探そう!

スマホ選びのコツ

Photo bystevepb

まず、スマホ選びのコツを3つご紹介します。iPhoneやAndroidに限らず、いろいろな機種が発売されているため、どれを買えばいいのか迷ってしまいます。

選び方をしっかりと押さえておけば、皆さんの使い方にピッタリの1台を見つけることができるでしょう。スマホを選ぶ際に見逃してはいけないポイントをご紹介しますので、ぜひ比較し参考にしてみて下さい。

①求めるスペックをはっきりさせる

Photo bygeralt

まず、必ずチェックしておきたいのがスペックです。それぞれ何を重視するかによりどの程度スペックを備えたほうが良いのか分かれます。スマホで3Dゲームをプレイする方やできるだけ長くスマホを使いたい方はハイエンドスマホ、コスト重視の方はミドルレンジスマホ、Webの閲覧や電話・メールしか利用しない方はエントリーモデルとそれぞれ違います。

②デザインも重要

Photo bygeralt

さて次に重要なポイントはスマホのデザインです。長時間利用するスマホですので、気に入ったデザインなら飽きにくく、満足できるでしょう。特に、指紋センサーやカメラの位置、サイドボタンの位置などはストレスを感じやすい部分ですので、しっかりとチェックしておくことをおすすめします。

③必要な機能があるかチェック

Photo byJESHOOTS-com

次に重要なポイントはスマホに必要な機能が付いているかどうかです。FelicaやQi、顔認証などの機能を求める方は必要な機能がしっかりと付いているのかチェックしておきましょう。特にエントリーモデルやミドルレンジモデルのスマホを選ぶ際には一部の機能が付いていないことが多いため注意しておきましょう。

スマホ性能・メモリ(RAM)の役割

Photo byJESHOOTS-com

2019年もいろいろなスマホが登場し、フラグシップモデルは最新Snapdragon 855で性能が更に上がりました。しかし、高性能なスマホが増えてしまうと、どうしても機種選びに悩んでしまいます。Androidはスマホの構造上、メモリが多いに越したことはありません。RAMが担っている役割とは何か、そしてメモリが多いことのメリットを見ていきましょう。

①RAM・ROMの違い

Photo bylppicture

スマホのメモリ部分には、写真やアプリのデータを保存するROMと、Android OSや各アプリの実行中データを処理や一時保存するRAMの2種類があります。

ROMは64GBや128GBなど大容量のデータを保存することができます。一方RAMは6GBや8GBなど、ROMに比べて保持できるデータ量が少ないのです。RAMとROMはそれぞれ役割が違いますので、混同しないようにしましょう。

②RAM不足は動作に影響

Photo byPublicDomainPictures

もし、RAMの容量が不足してしまったらどうなるのでしょうか。AndroidはRAMが不足してしまった場合、必要でないデータをROMに退避してくれます。しかし、ROMの読み込みや書き込みの速度は低速なので動きが遅くなってしまいます。

スマホ独自のカスタマイズやバッテリー管理などの常駐アプリ、実行中のアプリだけでも1GB以上RAMを消費してしまうので、小さなRAMの機種ほど動作が遅くなる可能性があります。ローエンドモデルなどRAMが3GBのスマホでは半分がシステムで使われてしまうため、RAMが6GBあるスマホをおすすめします。

スマホ性能・ディスプレイの解像度

Photo bySplitShire

次に、スマホのディスプレイの解像度について見ていきましょう。スマホを選ぶ際は画面の大きさも重要ですが、画面に映し出される映像や画像の美しさも気になります。画面の美しさを「解像度」と言い、「ドット」という単位で表されます。そのドットの数が多ければ多いほど色鮮やかで美しく画面に表示されるのです。

ドット数が増えるほど綺麗

Photo byO12

スマホの画面の解像度は、現在のところ「フルHD」と呼ばれる1920×1080ドットか「HD」と呼ばれる1280×720ドットのモデルが多いです。さらに2560×1440ドットの「WQHD」やフルHDの4倍の解像度を持つ「4K」のディスプレイを備えているモデルも販売されています。

関連するまとめ

人気の記事