後厄の怖さとは?厄払いに行くべき理由やタイミング・男女の違いなどを解説!

後厄の怖さとは?厄払いに行くべき理由やタイミング・男女の違いなどを解説!

本厄に続く後厄について気にする人が女性でも男性でも多いことは後厄の怖さを物語っています。この後厄がいつまで続くのか、後厄の年に転職をして大丈夫なのかなど、心配なことが少なくありません。効果的な厄払いなど、後厄の怖さを克服する方法も含めてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.後厄とは
  2. 2.後厄の怖さを確認【年齢別】
  3. 3.後厄の怖さを過剰に意識しない
  4. 4.後厄にしてはいけない事
  5. 5.後厄の怖さは厄払いで解決
  6. 6.厄払いに効果的な方法
  7. 7.後厄の怖さが気になる人は厄払いで気持ちを入れ替えよう!

後厄とは

Photo byFree-Photos

後厄とは前厄、本厄に続くもので、本厄の厄が落ち着いてくるものの、本厄の影響が残っている状態の年になります。この後厄の年がいつまで続くのかを知らないと後厄の怖さを解消するのが難しくなります。後厄の怖さを克服することは女性にとっても男性にとっても、その後の人生に大きな影響を与えます。

Photo byPexels

その意味で、後厄とはどのようなものであるかを理解する必要があります。後厄の怖さの根拠を押さえておくことで、効果的な厄払いとは何かが見えてきます。これは女性にも男性にも言えることです。後厄はいつまで続くのか、後厄の時期に転職をするとどうなるのか、どのような厄払いをすると効果的なのかなどについてご紹介します。

本厄の翌年にやってくる

Photo byBergadder

厄年は後厄は本厄の後のものであることは漠然と知っていても、具体的にはいつやってくるかがわからないことには、必要以上に後厄の怖さを感じてしまうでしょう。時期がわからないと効果がある厄払いもやりにくくなります。後厄の怖さは女性でも男性でも同じですから、いつまでに後厄がやって来るかがわかるかが重要になります。

Photo byFree-Photos

後厄は本厄の翌年にやってきます。前厄、本厄、後厄の一連の厄年の最後が後厄です。この後厄の時期を正確に捉えることと、厄払いなどの対処法を間違えなければ、必要以上に後厄の怖さを感じる必要はありません。後厄の時期が決まっている以上、避けることはできませんが、厄払い次第で後厄の影響をかなり軽減させることが可能です。

後厄の怖さを確認【年齢別】

Photo bydarksouls1

後厄を知ることは後厄の怖さを知ることです。どの年齢が後厄に該当するかを年齢別に確認することで、いつまで後厄が続くかの基準がわかります。そして、後厄がいつまでなのかがわかれば女性でも男性でも、いつまでに厄払いすればいいのかがわかるでしょう。いつまでに何をすればいいかがわかれば、後厄はそれほど怖いものではありません。

男性は26歳・43歳・62歳

Photo byFree-Photos

後厄は本厄の翌年なわけですから、本厄の年齢がわかれば、後厄に該当する年齢がわかります。男性の場合、本厄に該当する年齢が25歳、42歳、61歳です。この年齢の翌年が後厄なわけですから、男性の後厄は26歳、43歳、62歳ということになります。後厄の怖さを解消するには、この年齢のタイミングに厄払いするのが効果的です。

女性は20歳・34歳・38歳

Photo byFree-Photos

女性の場合の後厄も男性と同様に本厄の翌年ですから、女性もまずは本厄の年齢を確認してみる必要があります。女性の本厄は19歳、33歳、37歳、61歳です。男性よりも本厄が1回多いのが特徴です。本厄が1回多いということは、後厄も男性よりも1回多いことになります。そのため、女性の後厄は20歳、34歳、38歳、62歳ということになります。

後厄はいつまで?

Photo bytigerlily713

後厄とは、女性でも男性でも、生きていれば避けることができません。その意味で後厄の怖さも避けられないとも言えますが、後厄がいつまで続くのかがわかれば、転職の時期なども想定しやすいでしょう。転職に関して、後厄の怖さを必要以上に意識するのは考えものですが、その逆に無頓着過ぎるのも無防備ですから、状況に応じて対処しましょう。

Photo byO12

後厄とはいつまで続くのかを具体的に考えると、3つの場合があると言われています。一つ目が「数え年で元旦から大晦日まで」であり、二つ目が「数え年で立春から翌年の節分まで」になります。そして三つ目が「満年齢で元旦から大晦日まで」です。これらのように、後厄がいつまで続くかを特定できますから、厄払いなどで影響を軽減できます。

数え年で新暦の元旦から大晦日まで

Photo by inazakira

後厄がいつまでなのかを考えることは、後厄の怖さを認識することです。後厄は上記のように、3つの考え方がありますが、これらの中で最も有力な説として主張されているのが一つ目の「数え年で新暦の元旦から大晦日まで」です。3つの考え方があるものの、後厄がいつまでなのかを考えるうえで代表的なのが数え年で新暦の元旦から大晦日まで、です。

後厄の怖さを過剰に意識しない

Photo bydarksouls1

後厄とは、女性にとっても男性にとっても、人生に悪い影響を与えるものという負のイメージがあります。それが後厄の怖さとして潜在意識に刷り込まれているため、必要以上に後厄を恐れる心理につながっています。しかし、後厄の怖さを過剰に意識しない方が運勢が好転します。後厄は生きていれば必ず巡って来るものであるだけに過剰反応は禁物です。

関連するまとめ

人気の記事