Wi-Fiルーターのブリッジモードの使い方!他との違いや設定を詳しく解説!

Wi-Fiルーターのブリッジモードの使い方!他との違いや設定を詳しく解説!

Wi-Fiルーターにはルーターモードの他にブリッジモードが付いています。ルーターのブリッジモードはルーターモードとどういう違いがあるのかを見ていきましょう。設定の方式や、使い方における注意点があります。ルーターのブリッジモードを便利に使いましょう。

記事の目次

  1. 1.Wi-Fiルーターのブリッジモードの使い方を紹介!
  2. 2.Wi-Fiルーターのブリッジモードとは
  3. 3.Wi-Fiルーターのブリッジモードのメリット
  4. 4.Wi-Fiルーターをブリッジモードに切り替える方法
  5. 5.Wi-Fiルーターのブリッジモードの使い方・注意点
  6. 6.Wi-Fiルーターのブリッジモードを使ってみよう!

Wi-Fiルーターのブリッジモードの使い方を紹介!

Photo byOpenClipart-Vectors

あなたの自宅ではWi-Fiルーターを設置しているでしょうか?Wi-Fiルーターの設置も案外と人任せで、Wi-Fiルーターにブリッジモードとルーターモードが付いていることに注意せず、気づいていない人もいるかもしれません。

Wi-Fiルーターにはブリッジモードというモードがあります。これは、普段Wi-Fiを使う上で、大きな意味があります。まずはWi-Fiルーターのブリッジモードとルーターモードの違いについて知っていきましょう。

Photo byearvine95

ブリッジモードとルーターモードの場合、設定はどう違うのか、そもそもあなたの家のWi-Fiルーターがきちんとルーターモードになっているかどうか注意して確認をしておきましょう。ブリッジモードはAP(アクセスポイント)モードとも呼ばれます。

ブリッジモードとルーターモードの違いを知ると、ブリッジモードの設定方法や使い方の違いを知ることが出来ます。また注意点もわかってきます。Wi-Fiルーターのブリッジモードの設定法を知って、賢く使っていきましょう。

Wi-Fiルーターのブリッジモードとは

Photo bySamuel1983

Wi-Fiルーターにはさまざまな線が付いていて、注意していないと訳が分からないかもしれません。Wi-Fiルーターの背面を注意して見てください。Wi-Fiルーターのメーカーによって違いますが、多くの場合ルーターにはブリッジモードという機能がついています。

Photo byClker-Free-Vector-Images

このブリッジモードとは、どういった意味なのでしょうか?あなたのルーターがブリッジモードになっていても、Wi-Fiを接続する上で問題はないのでしょうか?最近、通信環境が悪いと感じている場合は、ブリッジモードの設定が影響を与えているのかもしれません。

もしあなたのWi-Fiルーターにルーターモードとブリッジモードが付いていたとしたら、Wi-Fiを利用するために、どちらの設定にするべきなのかを知っておく必要があります。ルーターのブリッジモードについて、まずは理解をしていきましょう。

ルーター機能を無効にするモード

Photo byGoumbik

Wi-Fiルーターのブリッジモードとは、一言で言ってしまえば、ルーター機能を無効にするモードです。Wi-Fiルーターがブリッジモードになることで、ルーター機能がなくなります。ルーターがルーターではなくなるという意味になります。

その結果どういうことになるのかというと、ルーターに付いているWi-Fi機能と有線LAN接続だけの使い方をしているということになります。あなたの家にあるWi-Fiルーターでブリッジモードに設定することが可能な場合、ルーターのルーター機能をオフにすることができます。

ブリッジモードにすることで便利な使い方をすることができます。まずあなたのWi-Fi環境で、ブリッジモードは必要なのかを知る必要があります。それには、ルーターモードとの違いについて知っておかなければなりません。

ルーターモードとの違い

Photo byFirmBee

Wi-Fiルーターにはブリッジモードがあることはわかりました。ルーターをルーターとしての使い方をする場合、ルーターモードにしているのが通常です。このルーターモードとブリッジモードとの違いはどういったものなのかを見ていきましょう。

光回線を使っている場合、ONUという光回線終端装置があります。このONUは「光モデム」とも呼ばれています。光回線が家の中に通っている場合、有線ないしはWi-Fi機能によって、家にある機器に接続しなければなりません。一般に、ONUとルータが接続されています。

Photo bystux

ルーター側にある有線LAN機能ないしは、Wi-Fi機能によって、インターネットに接続します。ルーターモードとはブリッジモードと違い、ルーターにルーターの役目を果たさせるモードです。ONUは契約する会社によって異なりますが、ONU自体にルーター機能がある場合があります。

Photo byOpenIcons

その場合、ルーターの方もルーターモードにしていると、2重ルーター構造になってしまいます。この場合は、ルーターはブリッジモードにして、ルーターの機能を消しておくという使い方をする必要があります。

ブリッジモードはルーターモードと違い、ルーターの役目を果たさないようにさせるものなので、Wi-Fi機能と有線LAN機能だけの使い方ができます。

2重ルーターになってしまうと、正常な通信ができなくなってしまいます。もしあなたのONUにルーター機能があるのに、Wi-Fiルーターもルーターモードにしている場合は、問題が起きやすいと言えるでしょう。

Wi-Fiルーターのブリッジモードのメリット

Photo byPeggy_Marco

そもそもWi-Fiルーターを購入する時、ルーター以外の使い方をすることを前提に購入する人はあまり多くないかもしれません。しかし、Wi-Fiルーターにブリッジモードはルーターのルーター機能を停止させるために機能します。

先述した通り、ONUにルーター機能があった場合、ルーターまでルーター機能があると2重ルーターになってしまうという注意点があります。

そもそも、ルーターにブリッジモードがあるメリットとはどんなものなのかを考えていきましょう。ルーターのブリッジモードを正確に理解して、上手な使い方をしていきましょう。

ONUの性能が低い時に代用できる

Photo bymohamed_hassan

Wi-Fiルーターのブリッジモードのメリットの1つ目は、ONUの性能が低い場合に代用できるというものです。ONUにルーター機能が付いているものを、ゲートウェイと呼びます。このゲートウェイは物によってはWi-Fiの電波が弱い場合があります。

さらに、有線で繋げている場合でも、有線LANの速度が満足のいくものではない場合があります。そういった時にブリッジモードが活躍します。ゲートウェイにルーターを繋げ、ブリッジモードにすることで、ゲートウェイに付いた機能が満足に行かない場合の補佐をしてくれます。

Photo byar130405

Wi-Fiをより遠くに飛ばしたり、繋げた有線LANの速度を早くすることができます。このゲートウェイを強化する使い方をする場合、注意しなければならない問題があります。

それはルーターをブリッジモードにする場合、上位に位置するルーター機能付き機器とは有線LANで接続しなければならないということです。離れた位置でWi-Fiでゲートウェイと繋げることはできません。

LANポートの数が足りない時なども利用可能

Photo byFotocitizen

次へ

関連するまとめ

人気の記事