家計簿を夫婦で共有できるアプリを厳選!機能や操作方法が簡単なのは?

家計簿を夫婦で共有できるアプリを厳選!機能や操作方法が簡単なのは?

利用者急増中!お手軽に始められる家計簿共有アプリ。夫婦向け・カップル向けそれぞれの家計簿をご紹介します!また、アプリのメリット・デメリットも詳しく解説!その他にスケジュール管理のできるアプリもご紹介しています。夫婦・カップルでお金の管理を共有してみませんか?

記事の目次

  1. 1.家計簿アプリで家計簿を共有
  2. 2.家計簿アプリを選ぶポイント
  3. 3.家計簿共有アプリ【夫婦・家族におすすめ】
  4. 4.家計簿共有アプリ【カップルにおすすめ】
  5. 5.家計簿共有アプリ【スケジュール管理におすすめ】
  6. 6.家計簿共有アプリ【レシート管理におすすめ】
  7. 7.家計簿共有アプリの注意点
  8. 8.家計簿共有アプリは共有したい人や目的別に比較して選ぼう

家計簿アプリで家計簿を共有

Photo byFirmBee

スマホやパソコン向けの家計簿がたくさん配信されている中、夫婦やカップルで家計簿を共有できるアプリがあります。いつどこで何にお金を使ったのか、夫婦やカップルで把握することで、お互いが責任を持ってお金の管理をすることができます。

今回はいくつかの家計簿共有アプリをご紹介します。また、各アプリごとに比較し、メリット・デメリットも解説していきます。それぞれ夫婦やカップルに合った家計簿共有アプリを見つけてみませんか?

家計簿アプリのメリット

Photo byPexels

家計簿アプリのメリットは入力が簡単な点です。家計簿は毎日の記入や集計が面倒となり、挫折する人が多いです。家計簿アプリの場合はレシートをカメラで読み取ったり、スマホで金額の入力をしたり、どこでも手軽に簡単に夫婦やカップルと共有して家計簿を付けることができます。

また、予算と実績をリアルタイムで比較することができたりするのもメリットの1つと言えます。アプリによっては銀行口座やカード会社との連携もでき、残高をその場で確認できるものもあり、家計簿アプリはたくさんのメリットがあると言えます。

家計簿アプリを選ぶポイント

Photo bygeralt

さまざまな家計簿アプリがある中で、自分に合った家計簿アプリを比較して探すのは大変です。家計簿アプリには買い物で使ったお金の記録だけをするシンプルなアプリから銀行やカード会社と連携して資産管理まで行うことができる高機能なアプリまでさまざまです。その中でいくつか比較するポイントを紹介していきましょう。

家計簿アプリを比較する5つのポイント

Photo byniekverlaan

ここでは家計簿アプリを比較する際のポイントを5つ紹介します。「無料で使えること」「ユーザーの評価が高いこと」「操作が楽で簡単なこと」「残高や収支などの情報が見やすいこと」「レシートの読み取り機能があること」です。家計簿アプリを長く続けていくためにもこれらの比較ポイントを参考に、自分に合った家計簿アプリを見つけましょう。

家計簿共有アプリ【夫婦・家族におすすめ】

Photo bymario0107

では、夫婦や家族で共有するのにおすすめの家計簿アプリを紹介していきましょう。人気のアプリからシンプルなアプリまでいくつかある家計簿アプリですが、家計を管理していく上でとても大切なことなのでメリット・デメリットも一緒に見ていきましょう。スマホとパソコンの両方のおすすめアプリを紹介していくので、是非比較し、参考にしてみて下さい。

スマホアプリ・zaim

Photo byLoboStudioHamburg

家計簿アプリでは有名な「zaim」を紹介します。家計簿アプリの中ではダントツのユーザー数を誇るアプリです。どんな特徴があるのか見ていきましょう。

「レシート撮影機能を搭載」「銀行・カード会社との連携」「ユーザー登録でどこからでもアクセスが可能」「チャレンジ機能搭載で節約をサポート」「給付金や医療費控除などの税金対策が万全」などさまざまな機能が勢揃いしています。

zaimのメリット・デメリット

Photo by3dman_eu

では、zaimのメリット・デメリットについて見ていきましょう。メリットはレシート撮影機能の性能が高く、読み込みがスムーズに行えること、外貨のレート変換に対応しており、最近人気のFXなどをしている人は使いやすいことです。デメリットは最初の口座登録が少し手間な点、証券や株などの連携に弱い点です。

スマホアプリ・Money Forward

Photo byJESHOOTS-com

次に「Money Forward」について紹介します。家計簿アプリでは「zaim」と並ぶ有名な家計簿アプリと言えます。ユーザー数も機能もzaimとほぼ変わりがありません。どんな特徴があるのか見ていきましょう。

「レシート撮影機能搭載」「銀行・カード会社・ネットショッピング・電子マネーとの連携」「ユーザー登録でどこからでもアクセスが可能」などさまざまな機能があります。

Money Forwardのメリット・デメリット

Photo by3dman_eu

次へ

関連するまとめ

人気の記事